新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 明日のジョー | トップページ | 体調 »

2007年2月20日 (火)

『泣いて笑ってウルトラマラソン』

Photo_3著者:笹原 秀計

発行所:かもがわ出版

定価:1600円

1997年6月15日初版発行

昨日の夜、おもわず夜更かしして読み終えてしまったのがコレ。

最近図書館に行くと必ずといっていいほどマラソン関係の本を借りて帰っている。

体験記・トレーニングマニュアル・雑誌関係などなど。

体験記も数冊読んだが・・・かなり個性が出ている。

ウルトラマラソン体験記ともなるとかなり著者も限られてくるようで、ネットで検索してみても数人しか出版していないようだ。

この著者のこの著作は・・・、背伸びせず、自然体な言い回しが気持ちいい。私好み(たまに寒いダジャレ関係も入っているが)。

信号待ち・・・調子のいいときは少々腹が立ち、調子の悪いときはホッとする。ハハハ、そうそう。

爽快に走っているときの感触・・・、あぁ、そんな感じ・・・。

情けないほどしんどいとき・・・、うぅ、わかる・・・。

あぁ、そんな風に不調がでる人もいるんだ・・・、この人内臓が弱いのかな?

私は「身体のなかで内臓が一番丈夫」って占いでも言われてるぐらいだからね・・・、そんじょそこらじゃ食欲なくなったりしないよ・・・。

ちなみに最近、消化によさそうなものを割としっかり食べてから走るようにしている。

10km程度走るぐらいなら、空腹の方が身体軽くて調子いいのだが。

ウルトラマラソンともなれば絶対途中で何か食べることになるだろうし、消化吸収→エネルギー化、をスムーズにできる身体にしておこうという狙いもある。・・・かなり順調、30分も走ればたいがい身体になじむようになってきた。

p.100

人間の限界は体がつくるものではなく、

心がつくるものだということ。

人間、それ相応に準備さえすれば、かなりのことができる。

だから、自分の心で限界をつくってしまわないということだった。

-西村正和氏「スパルタスロン完走記」(『ランナーズ』1988年2月号)より-

・・・一つ何かがクリアできると、なんでもできそうな気がしてくる。

« 明日のジョー | トップページ | 体調 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

ウルトラの本と言えば、やはり夜久弘氏もぜひ読んで下さい。「ウルトラマラソンへの道」「ウルトラマラソン完走の幸せリタイアの至福」「決定版!!100Km・ウルトラマラソン」の三部作と言われてますが、どれもいいですよ。
今年はウルトラも目標でしたよね?
いきなり100kmと言わず、こんなのも有りますよ。
http://homepage3.nifty.com/mukogawa/event/yurikamome70youkou.html
コースは単調なので精神力が必要ですが(^^;

>AKAさん

実は今『ウルトラマラソンへの道』も図書館で借りて手元にあります(笑)、借りるの2回目。
この本で初めて「スパルタスロン」の存在を知りました。寛平ちゃん、すごすぎる・・・!!他の2冊もぜひ読んでみたいです。

70kmウルトラマラソンもあるんですね!場所も手ごろだしよさそうなんですが、今年のGWは広島の実家に帰るつもりなので日程が少々微妙・・・、ちょっと検討してみます!またオススメがあったら是非教えてください☆

今晩は、たけしたです。
ウルトラマラソンは楽しいですよ。
私大好きですぅ。
おっと ユリカモメはちょこっときついですわ。
なにせ 同じところを行ったりきたりなんで(汗;)
ではでは

すでに読んでおられましたか(^^; 2冊目のはもっといいですよ。
ウルトラって参加料も結構高いし、遠いので費用も掛かるんですよね。だからどうせ行くのに60kmとか出るのは勿体ない(^^; 武庫川は安いし、たけしたさんも書いておられる様に70kmと言っても精神力が要求されるんです。だからここを完走すれば100kmはほぼ大丈夫って良く言われますね。ローカル大会と思われがちですが、人気があるので割と早く埋まります。
でも確かにGWのど真ん中なので日程が微妙ですね(^^;
スポーツエントリーからでも申し込めますよ。http://www.sportsentry.ne.jp/top.php
まぁ、練習代わりって事で(^^;

>たけしたさん

おぉ、たけしたさん、ウルトラマラソン経験者なんですね!
未知なる世界でほんと憧れてるんですよ~。
100kmを走りきれる体力と精神力がほしいなぁ、と。どんなふうに自分が変化していくのか楽しみです。
普通に生活してたら今の社会、100km自分の足で歩いたり走ったりせずに死んでしまうことも十分ありえますからね・・・。
どの大会にするか、ちょっと検討してみます!

>AKAさん

アハハ、60km出るのもったいないという気持ちはすごくよくわかる(笑)。せっかくウルトラなら「ウルトラ」っぽくいかないと~、と思ってます(笑)。
「練習代わり」といえば、以前雑誌に「100kmの前に60kmを一度経験しておくといい」って書いてありました。体に耐性みたいなのができるんですかね?
もしもGW都合つかなくても、一人で事前に70km走やってみようと計画中!!決行したらまた載せますね~☆


じゅんこさん、今晩は。
100キロは楽しいですよ。
上手にすれば苦しいことほとんど無しで
楽しい事ばっかり。
4月末に奥熊野100キロにでます。
それから秋には四万十川ウルトラマラソンにも
出るつもりですぅ。

私 先輩に教えていただいたことがあるんです。それは 六甲山全山縦走できれば100キロは完走できるって。これほんまでしたわ。

ではでは

>たけしたさん

六甲山縦走って・・・どんなんだろう・・・??
四月末って、もうすぐですね!!
たけしたさん、ブログはやっておられないんですか?
また是非感想きかせてください☆

じゅんこさん、今晩は、たけしたです。
ブログはやってないんですぅ。
ホームページは一応あるのですが お料理関係だけで長いこと更新してないんです。恥ずかしいから
お料理教室で同じグループになった人とかにお教えするくらいで ここに書くのははばかられますぅ。
じゅんこさんにならメールでお教えしますけどぉ。

普段は frun ってとこに生息しています。
ここね
http://forum.nifty.com/frun/

六甲山縦走っていうのは 神戸市がやってる 長距離ハイキングみたいなもので そのコースを個人的にいくんですわ。これが大体12~14時間かかるんで
それだけ動けたら100キロマラソンはいけるということなんですぅ。

ではでは

>たけしたさん

色んなサイトがあるんですねー!Frunって、知らなかった・・・。

六甲山縦走も、調べてみました!トレーニングにもよさそう!
そして惜しい、11月なんですね!うーん、もう少し早い時期にやってほしい!!
さすがに一人では遭難しそうで少々不安・・・。

今年の四万十か丹後100kmにどうしても出たいので、それに向けてなんとかしたい。とりあえず4月のフルまで月間200kmキープ、それが終わったら体調と相談しながら月間300kmまで伸ばそうと計画中!

じゅんこさん、今晩は、たけしたです。
frunってのは 昔 昔 パソコン通信って言っていた時代からのんですねん。

六甲縦走は大会にはいきません。だって
えらい渋滞するそうなんでいつも個人的にもしくは少人数で行くんです。

四万十は私の初100キロ参加大会ですぅ。
今年も行こうかと思っています。
一昨年は自前でツアー企画して。
今年もそうしようかという話が出ていますんでその節はよろしくぅ。

月間300キロですかぁ それは凄いですねぇ。

ではでは
そうそう 良ければfrunのとこ書き込みしてくださいな。大丈夫ですから(なにがやぁ)(笑)

>たけしたさん

うわー、いいなぁ!私も四万十100kmデビュー希望なんですが・・・。色々日程考えてると、翌日がおそらく振り替え休日になるであろう丹後100kmマラソンにしようかな、などとも検討中。最近、私用で会社休ませてもらったりが続いているので、なんとか確実に帰ってこれる方法を、と・・・。もう少し考えてみます!

frunのほうは、どこからのぞいていいのかまだよくわかってないので、時間とれるときにゆっくり見させてもらいますね!


今日は、たけしたです。
えっと frunは3月いっぱいで終わっちゃうんですぅ
(涙;)だから できれば 巡回ソフト CMNなんかを使ってダウンロードしておくのが良いかと思いますよ。読み物や大会の雰囲気やデータを知る資料としての価値が高いですよん。

そうそう 4月からは新生frunができます。でも
今までのデータ(書き込み)は多分引き継がないと思うので。

ウルトラマラソンの話題は 地平線まで
マラソン大会のことは 参加リポート のところに
ありますんで。
観覧席からのところはどなたでも書き込みできますので。

ではでは

>たけしたさん

ありがとうございます、今週末ゆっくり拝見しますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/5413246

この記事へのトラックバック一覧です: 『泣いて笑ってウルトラマラソン』:

« 明日のジョー | トップページ | 体調 »