新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 四万十準備中 | トップページ | 大会Tシャツ »

2007年10月15日 (月)

初リタイアin四万十

初ウルトラマラソン挑戦は、62.4km地点でリタイア、というかたちで終了。

↓詳細地図

http://www.city.shimanto.lg.jp/kyouiku/sport/ultra/ultra13/doc/map.html

落ち着いてから、何がダメだったのか考えてみたけど、

やっぱり絶対的に100km用のトレーニングが足りてなかったな。

スタートするまでは、フル以上の距離を走ったら身体がどうなるのか全然想像もつかなかったけど・・・、

実際やってみると「あぁ、こういうことか」と痛感・・・。

スタートからずっと7分30秒/kmのペースを維持して走るつもりだった。

そしたら100kmで12時間30分、休憩や歩きに1時間30分はとれる計算になる。

登りもとばさず、下りも脚にできるだけ負担がかからないように。

おそらく、前半そんなに無茶はしていないはず・・・。

30km~40kmまでは。

「おぉ~、フルのときと違って全然脚が痛くない!

ペース落とすっていいものだな!!これなら完走できそうだ!!」

なんて思ってノリノリだった。

異変がおこったのはフルを過ぎてから。

フル通過は、スタート後5時間29分ぐらいだったと思う。

その数十分後か、太ももの裏側に、激痛が襲ってきた。

・・・やばい・・・気のせいだと思いたいけど、やっぱり痛い・・・

なんで??今まで走ってて、こんなところ痛くなったことないぞ・・・

給水場所で給水しがてらさわってみると。

太ももの裏側に、こぶができている。

筋肉が腫れてるのか??

・・・やたら一定のペースで走ってるから、ここにばかり負担がかかってるのかも・・・

ちょっとフォームとかペースとか、変えてみるべき・・・??

そんなことを思っていたら、ちょうど後ろから友達がやってきた。

よかった、一緒に走ってもらおう。

うまくペースが変わって、痛みが段々とれてきた。

というより、移動してきた。

・・・膝、特に右ひざに・・・。

やばい、気のせいだと思いたいが、やはり相当痛い・・・。

いや待て待て、ちょっと歩いてみたら楽になるかも。

話しながら上り坂を歩いていたら、楽しい気分になってきた。

いけるかな?

下り坂を、一緒にちょっと走ってみた。

・・・決定的に、膝にきた。

その少し前に、ちょっとした縁石を乗り越えようと脚を上げたら、

びっくりするほど痛かったのだ。

普段はなんてことない動作でも、うかつにやってはいけない。

今となっては「トレーニング不足」としかいいようがないものの。

ほんとに痛かったよ。

もう、どうしようもないぐらい痛い。

とりあえず、友達には先に行ってもらう。

歩いたら、マシになるはず。

ちょっと、歩こう。

できるだけ元気よく、早歩き。

ストレッチも兼ねて。

この時点ではまだ「リタイア」が全然リアルじゃない。

時間も余裕があるし。

60km手前にさしかかった頃。

膝から太ももの裏側にかけての痛みが、もう尋常ではなくなってきた。

ここまで痛いのは、初めてだった。

初フルのときは、痛くてもガマンできる痛さで。走り続けられたのに。

私の脚は、どうにかなってしまったのか?

気のせいかも。走ってみよう。

激痛・・・。すでに、歩くことさえも困難なほど・・・。

そこで、ようやく。

「ウルトラ用の脚ができてなかったんだ。「私、完走できない」んだ」と悟る。

絶対、なにがあっても完走するつもりでスタートしたのに。

その場の根性だけでは、どうにもならない。

痛くて、信じられなくて、どうしようもなくて泣けてきた。

というより、おしよせてくる感情に、ガマンできなくて泣きながら歩いた。

人とすれ違うときや応援の人がいるときはできるだけガマンしようと思いつつ。

同じように歩いている70代男性ランナーに「脚、痛いのか?大丈夫か?」

と声をかけられ。

いくつか言葉のやりとりをしているうちに、やさしさや、その人の頑張りが心にしみてきて、

こらえきれずに、またボロボロ泣く。

1~2kmぐらい、普段なら10分少々あれば走れるのに。

痛む足で歩くと、こんなに長いものなのか。

色んな話をしてくれて、刺激にもなり、心も和み。

一緒に60kmのラインを超え。

リタイアバスを降りるとき、

「また来年会えたら、一緒に走ろう。おっちゃんが、完走させたる。」って。

本当に、またどこかで会いたいと思った。

大阪の人だったから、走り続けていたらきっとまたどこかで会えるんだと思う。

今回、ツアーで一緒だった人たちにも、本当にお世話になりました。

親切にしてもらって、本当に充実した2日間をすごせました。

日常生活にもどってきて、つい昨日の夜まで四万十川のほとりにいたのが嘘のようだけど。

あの、憧れのスタート地点に立てた感動を忘れたくないし。

ここから、また次につなげていきたい思いもあるし。

とりあえずは、身体の回復を待って。

今度こそ、納得いくトレーニングして、ウルトラ完走を果たすぞ。

« 四万十準備中 | トップページ | 大会Tシャツ »

100kmマラソン出場記録」カテゴリの記事

コメント

じゅんこさん、こんばんわぁ!
四万十川、お疲れ様でしたぁ!!

YAMAYAMAも初めてえちごくびき野で100km走った時は、ほんまに足が棒になって、どうにかゴールには辿り着いたものの、制限時間オーバーという結果でした・・・
まぁ今回に懲りずに、次を目指してお互い頑張っていきましょう!!!

来年のウルトラまではまだ大分時間があるし、とりあえずは生駒?土山??それともその先???

残念でしたね。
でも、60キロも走ったんだから今回は良しとしましょう。
年齢や体力によって違いますが、ウルトラ100キロは月間300km走れば安全圏。250kmでほぼ大丈夫。月間200kmは頑張れば何とか大丈夫、と言う話を良く聞きます。
もちろん月間100kmでも完走する人は居ますが、その分ダメージも大きい様です。
来年は楽に完走できるよう、頑張って下さい、、、ってウルトラ100キロ走った事無い僕が言っても全然説得力有りませんが(^^;

リタイヤ 残念でしたね。でも得たものも多かったと思います。
来年また行きましょう。やっぱり若い女性が居られると
ツアーも華やぐしね。
ではでは そうそう機会があれば六甲にもね。

お疲れ様でした。100k走るって相当の努力が必要とされるのですね。
マラソンの苦手な私にはとても・・・。
またチャレンジする気持ちを持ってるじゅんこさんは素敵だと思います。
今度は、また前進できるといいですね^^

 じゅんこさん、お疲れ様でした。
シマントはリタイヤバスが乗りやすいところに置いてあるので、厳しいですね(笑)
2年前のしまなみの時は、65キロ過ぎで突然膝の腱がプチっと言ってそこから走れなくなりましたが、リタイヤバスもない、路線バスも3時間くらい来ない、という状況で残りの30キロ強歩き続けて何とかゴールしました。バスがあったら乗ってたでしょう。

ウルトラ向けの楽しい練習なら、沢山メニュー有りますよ。
・宝塚から須磨へ、六甲縦走(定番・60キロ)
・生駒から紀見峠へダイトレ(準定番・70キロ)
・淀川から桂川を通って嵐山へ(平坦・70キロ)
・大和川から秋篠川、奈良方面(割と平坦・50キロ)
・大阪市内から金剛山登山(70キロ)
・住吉大社から西高野街道で高野山参り(70キロ)
・長居公園の周回コースをひたすら30周(84キロ)

番外で琵琶湖一週160キロ(湖北で一泊)
どのコースも、もれなくたけちゃんが付いてくる、のが難点ですが(笑)
もちろん、全コース途中でビール、食事も可能、です。
まあ、気が向いたら一度ご一緒しましょう。

>YAMAYAMAさん

はい、頑張ります!!
このままひきさがれるものかーーー(笑)!!!

3日目にして、ようやく普通に歩けるようになりました。
階段下りるときに痛むぐらいなので、
思っていたより随分早く回復しそう(希望)です。
生駒は「ウォーク」だし、なんとか行ってみたいと思いつつ。
前日の脚の具合と天候次第、ですね!


>AKAさん

はい、ヨシとします!
相当ガンバッタと思いますよ、我ながら・・・。

月間走行距離の話、聞いたことあります。
当初の予定では1~3月で月間200km、
その後4~9月で徐々に月間300kmに引き上げていくつもりだったのですが・・・、いつの間にやら「なんとかなるさ」的な気分に・・・。

やっぱりトレーニングの量と質は、正直に結果に結びついてくるものですね。
100km完走の夢は、31歳に据え置きです!!
今度こそ!!やるぞ~~!!


>生駒は「ウォーク」だし
知らぬとは恐ろしい....(笑)

走りたくても走れない急坂だからウォークなんですよ
半分以上は階段と言ってもいい。シマントの20キロ前後の
坂がずっと続くと思って貰えれば。
そこを「RUN」する人は、もはやランナーとは別の競技をしてはりますね。

その辺を知って貰いたいので是非参加をおすすめします。
僕は高野山目指してぼちぼち走ってきます。

>たけしたさん

こんなキャラですが、少しでも華やいでいたのならなによりです(笑)。
来年、そうですね。
100km走りきって、なおかつ次の日も普通に歩けるような、
そんな脚づくりをしてのぞみたいです。

六甲、以前連れて行ってもらったとき本当に「山って、なんていいものなんだ!」と思いました。
機会があればまたお願いします。


>三日月さん

ありがとうございます。
ほんとに、100km走りきるってすごいことなんだ、と身をもって経験しました・・・。
「ペースさえ落とせばそんなに難しくないんじゃないか?」なんて気でスタートラインに立ったものの、ほんとにえらい目にあいましたよ(笑)。
「あ、あしのスペアをくれーーー」と何度も思いました・・・。

2008年は、結果につなげられるようなトレーニング計画立てますよ~~!!


>キメラさん

お疲れさまでした!
今回のツアーでは、本当にお世話になりました。
連れも、「一般のツアーに参加するよりよかった」と喜んでくれてました。ありがとうございました。

ウルトラ向け練習コース、魅力的ですね~!!
特に「住吉大社から西高野街道で高野山参り(70キロ)」っていうのにそそられますね・・・。
以前たけしたさんからもうかがったことありますよ、このコース。
お二人行かれるときがあるようでしたら、ぜひ声かけてやってください!

じゅんこさん、今晩は。
キメラメニューに追加ですが 京都から大阪
奈良は木津から大阪なんかもええですよ。
なにせ自宅方面に向かうから 帰巣本能 いやいや 着替えとか
お風呂セット持たなくてもええからええですよ。
私はいけたら日曜六甲にと思っていますぅ。
ではでは またね~~

>キメラさん

時間差でコメントいただいたようですね!

・・・うわ・・・、知らぬとはほんとに恐ろしい・・・(笑)。
よかった、行くとしたら絶対「初級」にしときます・・・。

しかしたけしたさんといいキメラさんといい、
ほんとに色んなコースご存知ですね!


じゅんこさん、おはようございます、たけしたです。
もう回復されたことでしょう、若いからね~。

生駒 初級ではちょっと物足らないかとおもいますよん。
中級がお勧めですわ。

それからお忙しいかと思いますが Oちゃん Kちゃんの
生駒イルミネーションランが27日午後からあります。
ほとんど走りません(笑)、ぼーーと歩いて生駒から夜景をみて
瓢箪山か鶴橋で宴会ね。
案内はここですわ。
http://hello.bbs.coocan.jp/?m=listthread&t_id=236&summary=on

来れたら来てね。

ではでは

 じゅんこさん、初めまして。50歳のおじさんです。
 これまでフルマラソン以上の距離を走ったことはありませんが、今回初めて50歳の節目と思って、四万十川に行ってきました。
 私の初フルは38歳の時です。それまでは短いマラソン大会にも出たことがなく、練習でも10kmくらいしか走ったことはありませんでした。初フルは5時間以上かかって満身創痍でゴール。ゴールに妻子が待っていなければリタイアしていたかもしれません。
 現在のフルのタイムは、4時間前後。練習は、週末の土日に雨が降らなければ1日20kmを時速10km程度で走るだけです。
 ウルトラマラソンは初めてだったし、ウルトラ用に長距離を練習したわけでもないので、ワコールのロングタイツを購入し、四万十の前週の日曜日に、地元のフルに出てみました。でも、そのタイツが私には合わず、疲労を軽減するどころか、折り返し地点で、既に普段にない筋肉痛が。ゴールタイムは4時間40分。タイツの機能に頼ろうとして罰が当たったと思いました。
 結局、普段のマラソンスタイルで参加。じゅんこさんと同じように40~50kmくらいは調子良く走っていましたが、やはりウルトラは甘くないですね。でも、我慢して前に進んでいると、不思議なことに、時々、筋力が戻って来ます。ゴールで妻が待っている手前、自らリタイアすることも出来ず、体を騙し騙し走り、何とか13時間42分でゴールにたどり着くことができました。自分でも信じられません。
 被害は右足の薬指の爪が死んだこと。左の親指の爪ももうすぐ死ぬかもしれません。筋肉痛は、ほぼ収まりました。今の心境は、ウルトラは、もう結構と思っていますが、ランニング仲間は、1箇月もすれば、また、来年も出ようと思うようになるって言います。
 じゅんこさんは、まだ充分お若いし、これから先、いくらでもチャレンジする機会はありますよ。頑張ってください。 
 

>たけしたさん

たけしたさんこそ、すごいプランですねぇ(笑)!!

私は明日、友人の結婚式。
27日も、友人の結婚式。
おめでたラッシュですよ(笑)。

筋肉痛、よくなったので今日ちょっとだけ走ってみたのですが。
膝裏が痛みだしたので、即中断しました・・・。
回復具合からみて、おとなしくしてたら28日いけるかな、と期待してるところです。
実は、懲りずに上級にトライしたいと思い始めてるところです・・・。

>Tokuさん

コメント、ありがとうございます。
・・・なんだか感動しました・・・、とても頑張られたんですね。
脚も回復しておられるようで、なによりです。

私、終わった直後は「もう二度とこないだろうな」とひたすら疲れていたのですが・・・、
2日後には「絶対来年こそは完走して。次の日も普通に出社してやる」と思いました・・・。
不思議なものですね(笑)。

来年の今頃は、今度こそここに「四万十完走記」をつづりたいと思います。頑張ります!!


すみませんが パソコンのメールアドレス
私かまりもさんにご連絡くださいませ~~~

>たけしたさん

お手数おかけします。
携帯にメールさせていただいたとおりです。

PCの方にも返信メールきてましたので、こちらのアドレスによろしくお願いします。
まりもさんにも、ジョグノート経由でゼッケン番号とメアド送らせてもらいました。

執事ですので 色々と用事がぁぁ

ついでに好き嫌いないでしょうか~~
打ち上げの食べ物の件で~~(笑)

多分無かったと思いますがもしあればご連絡よろしく~~

10年後……(^^;じゅんこさん、逞しくなられてますね~笑

お初で失礼!楽しいブログにはまってしまい徹夜で読んでます。笑……ただいま2017.8.29です。(^^)まだこの頃は、りゅうちゃんの、、りの字も出てこのいんですよね~笑

良き出会いが沢山あるはず、笑…四万十どころか、、本当に逞しく素敵な女性になられてますよ。遡ってまだまだブログ読んでみます~~(^^)

楽しいブログありがとう…益々のご発展祈ってますね。

誤字失礼しました(^^

>らん姉さん

はじめまして、コメントありがとうございます!!

こうやってコメントいただかなければ、
自分自身、おそらく読み直すことはなかったであろう記事を改めて読み直し。
「あぁ、この時からもう10年たったんだなぁ」と、
しみじみしてしまいました。

いろんな出会いがあって、本当にありがたい10年だったと思います。
りゅうちゃんの「り」の字もでてきませんね、確かに(笑)!

最近では、なにか大きなイベントがあっても、
YouTubeの作成で力尽きて、
なかなかブログまで手が回らない状態で。

すっかりブログご無沙汰してしまってすが、
細々とでも続けていけたらいいな、と思ってます。

ちなみに、すべて読み終わられましたら、
続編はこっちです↓
http://blog.goo.ne.jp/junko-tsu

2006年の1年分なので、短いですが(^^;
やることなすこと若くて、自分でもウケます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/8441762

この記事へのトラックバック一覧です: 初リタイアin四万十:

« 四万十準備中 | トップページ | 大会Tシャツ »