« 手作り苺のケーキ | トップページ | サラダせんべい »

2008年12月15日 (月)

まりもが浮いた・・・

今日、帰宅してふと水槽に目をやると。

なんと、まりもが浮いていた。

242

・・・!??

うちに来てからもう数ヶ月になるが、

浮いてるまりもを見るのは初めてだ。

沈んでるのが普通じゃないの!?

どこか調子悪いんか!?

昨日、寒いのに水換えしたのがまずかったか!?

いやでも、今朝はちゃんと沈んでたし・・・。

調べてみた↓

http://www.love-marimo.com/data04.html

■まりもの浮力

  • みなさんは中学生のときに習った緑色植物の光合成と言うのを覚えていますか?
    緑色植物が、外部からの光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素からブドウ糖を作り出すことを光合成と言います。
    そしてその時に、葉緑体内のクロロフィル(葉緑素)が水を分解して酸素を出します。この時、緑色植物はその表面に、小さな酸素の泡を作ります。一般の水草は根が付いているため、浮くことはありませんが、まりものような根のない植物は、その表面及び内部に酸素の気泡が数多く出来ることにより、一時的に浮き上がることがあります。

  • まりもの比重は大体1.2~1.3ぐらいなので、そのままでは浮かび上がることはありません。
    ですから、もしあなたの飼育しているまりもが水面に浮かび上がったとしたら、それはまりもが光合成をしていると考えてください.そしてこの光合成がまりもの成長につながります。しかし、この表面に酸素の気泡がまったく付いたことがない、つまり光合成をしたことがないという飼育下では、ほとんど成長が見られません。

  • しかし、一般の水草に比べ、まりもは飼育しやすい植物であり、たとえば小さなガラスケースでも、陽が当たる場所に数時間置くと、この光合成を容易におこなってくれます。ただし、気をつけなければいけないのは、強い太陽光を長時間当てると、かえって枯れさせてしまったり、また、水中に雑藻や不要なバクテリアを繁殖させてしまい、それがまりもの表面に付着することにより、まりもを死なせてしまうことがあることです。
    直接強い太陽光を当てない、長時間強い光に当てない、そして時々はゆるい水道水でまりもの表面を軽く洗ってやる等に気をつけてやれば、あなたのまりもの活発な光合成を見ることが出来ると思います。

なるほど・・・。

めちゃ焦ったで・・・。

« 手作り苺のケーキ | トップページ | サラダせんべい »

コメント

ありがとうございます
わたしもしんぱいでした

家のマリモも今日見たら気泡ついてたわ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まりもが浮いた・・・:

« 手作り苺のケーキ | トップページ | サラダせんべい »