新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 『おつまみワイン亭』 | トップページ | しゃぶしゃぶ食べ放題 但馬屋DX 心斎橋店 »

2010年9月20日 (月)

丹後ウルトラマラソン完走記(60kmの部)

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

丹後ウルトラマラソン60kmの部、

7時間7分42秒で完走。

ラップタイムは以下の通り↓

    ラップ         トータル

① 5km  33:16:2(6'39/km)          

②10km  30:54:5(6'11/km)  1:04:10

③15km 30:53:4(6'11/km)  1:35:04

④20km 31:15:3(6'15/km)  2:06:19←七竜峠上り

⑤25km 35:03:9(7'01/km)  2:41:23←ファイテン元気Sでマッサージ

⑥30km 36:39:0(7'02/km)  3:18:02←トイレ休憩

⑦35km 34:52:5(6'58/km)  3:52:05←バラ寿司食べる

⑧40km 36:17:4(7'15/km)  4:29:12←この辺りから痛み出す

⑨45km 36:41:6(7'02/km)  5:05:53←耐えながら走る

⑩50km 47:58:8(9'/36km)  5:53:52←既に激痛、ファイテン元気Sでマッサージ

⑪55km 36:18:4(7'16/km)  6:30:11←薬局でエアサロ購入

⑫60km 37:43:1(7'33/km)  7:07:42←上り坂で歩きが入りつつ、ゴール

Photo

コース詳細↓

http://www.r-wellness.com/images/2010/tango/2010tango-course.pdf

当初、6'15/km~6'30/kmぐらいを維持して、

7時間切りが一つの目標だったのだのだが。

残念、達成ならず。

今回、1人で申し込んだため、車中泊のツアーバスを利用。

前日の夜11:30新大阪発→アミティ丹後AM3:00着。

100kmの部は3:10~4:10で当日受付、

4:30スタートなのでちょうど良いのだが、

60kmの部はAM9:00から久美浜カヌー庫前スタートなので、

6時間待たなければならない。

・・・でもなぁ、前泊するって言っても観光する気分でもないし・・・、

いいわ、6時間ぐらい待とうじゃないの。

朝食(おにぎり3個・バナナ1本・ウーロン茶)つき、

新大阪から現地往復で16000円。

帰りのバスは19:00出発、大会終了が18:30なので、

どれだけ余裕もってゴールできるかによって、

お風呂に行ってから帰れるかどうかが決まってくる。

まさに、生き残り弾丸ツアーといった趣。

で、私、荷物は極力少なくしたかったため、

家から走れる格好で出発。

大阪は暑いため、何も考えず着替えだけ持っていったのだが、

これが失敗。

丹後の夜は、めっちゃ寒い。

バスも冷房がガンガンにきいている。

上着は絶対必要。

AM6:45から15分おきに、

アミティ丹後→60kmスタート地点行きのシャトルバスがでるのだが、

それまでの待ち時間は、体育館みたいなところでざこ寝。

慣れているらしき人は、なんと寝袋持参。

おぉー、そうきたか。

ほんとはトイレからトイレットペーパーとってきて巻きつけて寝たいところだったが、

さすがに人目があるのでそれはやめておいた。

タオルやらなにやら、あるもの体にかけて仮眠。

Ca3c0484

AM4:30、100kmの部、スタート!

長い待ち時間の後、60kmの部もスタート!

Ca3c0485

雲がありませんが??

大丈夫か、この暑さ!?

① ~5km  33:16:2(6'39/km)区間

レースの雰囲気自体が相当久しぶり。

まだまだ集団も団子状態。

走りにくいが、その中でもキレイなフォーム、

安定したペースの人を見つけてついていく。

体は重め、やっぱり太った??

②5~10km  30:54:5(6'11/km)区間

体も集団もほぐれてきた。

快調。

なんちゃってカーボローディングが効いている。

③10~15km 30:53:4(6'11/km)区間

ここも快調。

久しぶりに走れて、気持ちがいい。

④15~20km 31:15:3(6'15/km)区間 

七竜峠上り区間。

ほどよくペースをおさえたつもりだったのだが、

やはり上りにしてはあげすぎたのか??

⑤20~25km 35:03:9(7'01/km)区間

苦手な下り坂区間。

慎重に下る。

エイドに、「ファイテン元気ステーション」なるものを発見。

まだ痛みはないものの、予防としてマッサージしてもらう。

専用ローションでマッサージしてくれて、気持ちいい。

「ここでタイムロスしても、後半元気があれば、まだまだ挽回できるだろう」

と、この時点では考えていた・・・。

⑥25~30km 36:39:0(7'02/km)区間

スタート時には雲ひとつない晴天で、どうなることやらと思っていたが、

この辺りでは曇り空。

皮膚からの消耗は抑えられているようで、嬉しい限り。

しかし、エイドで欠かさず水を飲んでいることもあり、

そろそろトイレ(小)が恋しくなる。

一瞬並んだ仮設トイレは、先に入ったおっちゃんが長いので断念。

この区間、「あじわいの郷」という、公園みたいなところをぐるっと1周するのだが、

そこにキレイそうなトイレがあり、女性用で列もなかったので、並ぶ。

一般のおばちゃんが入っていて、

出てきたら汗だくのランナー(私)だったため、

「待たせてしまったごめんなさい」とえらく恐縮されてしまった。

いえいえ、こちらこそ一般用トイレに駆け込んですみません。

まだ、痛みもなく快適に走っている区間。

⑦30~35km 34:52:5(6'58/km)区間 

この区間、弥栄庁舎には着替えを搬送しておけるのだが、

私は特に何も預けてなかったので、ひたすら食べる。

名物・ばら寿司は、小さいながらも色んな具がのっていて、美味。

ぶとうってこれ、ピオーネちゃうん?美味しいわ~。

そろそろスポドリと水も飽きてきたで~、

と思っていたところにオレンジジュース(なっちゃん)もあったものだから、

4杯一気飲み。

ここでは小雨がぱらついている。

思えば、このエイドではすでに右腿裏に張った感じがあった。

エアサロ借りたくて聞いたのだが、なかったのであきらめたことを今思い出した。

予兆はちゃんとあったんだな~、

今にして思えば、ここに持参の湿布でも預けておけばよかったな。

60kmだからと思って、完璧なめていた。

⑧35~40km 36:17:4(7'15/km)区間

なんでもないような道で、右腿裏に、「ピキッ」といやな感触。

実は私、エイドにはエアーサロンパスが常備されていると思い、

痛み対策グッズを何も持っていなかった。

後で見ると、

「コールドスプレー等は、救急用以外ステーションにはありません。

必要な分はご持参ください」と書いてあった。

・・・こういう注意書きは、きちんと読まないといけないね・・・。

まだそれほど本格的な痛みでもないし、

ペースダウンして、様子見ながら走る。

小雨が逆にありがたい。

⑨40~45km 36:41:6(7'02/km)区間 

「あと20kmきった・・・、10km台なら、なんとか走りきれるだろう・・・」

とかなんとか思いながら走っていた気がする。

痛みは、一瞬ひいてはぶりかえし、を繰り返す。

耐えながらも走る。

⑩45~50km 47:58:8(9'/36km)区間

右をかばって走っていると、今度は左膝周辺が痛み出す。

気のせいと思いたいが、既に両腿裏、激痛。

何度も立ち止まっては屈伸を繰り返す。

500mおきぐらいにやらないと、耐えられない。

どうしたらおさまってくれるんだ~、この痛みは!?

2.5kmおきの表示が、信じられないぐらい長く感じる。

こんなペースなので当たり前だが、何人にもパスされていき、

ほんとに自分が情けなくなる。

コンビニでもあってくれれば絶対入って湿布買うのに・・・、

全然ないやん!!

民家にかけこんで「サロンパス売ってください」とお願いしたい・・・。

いや、そんなことして大会主催者側に苦情でもいったら、迷惑かかるし・・・、

とリアルに悩む。

そうこうしているうちに、47.2km地点にファイテン元気ステーションが。

あー、お願いします!!

右腿触った瞬間、おっちゃん、

「相当張ってるね・・・、左はそうでもないかな・・・」。

痛みもマシになり、気分的にもちょっとラクになる。

あと13km。

なんとかもってくれーーー。

⑪50~55km 36:18:4(7'16/km)区間

日本海の雄大な景色。

しかーし、足に爆弾かかえてる身には、楽しむ余裕一切ナシ。

マッサージの効果も1km行くか行かないかの内にうすれてしまい。

またしても痛みの渦に巻き込まれ中。

・・・ん??この店、「薬局」って書いてある・・・??

営業しているのかどうかよくわからないが、

とりあえず入り、「こんにちはー!」と叫ぶこと3回。

おばちゃんが出てきた!!

「あの、湿布でもサロンパスでもいいんで、売ってください!

あ、エアーサロンパスでもいいです!!」

エアーサロンパスが一番ほしかったのに、何を言っているんだ、私は。

だって、そんなハイカラなものはなさそうな気がしたんだもの。

でも、あった。

ガラスケースにしまってある2本のうちの1本を取り出し、

「んー、何円って書いてあるかな?」と確認中。

めったに売れないのね。

店内で即、腿に吹きつけ。

大きすぎてウエストポーチに入らないため、買い物袋をもらい。

それ以降は、買い物袋を握り締めて走るランナーに変身。

はい、なりふりかまってられません。

でも、断然ラクになり、屈伸なしで走れる区間が長くなってきた。

⑫55~60km 37:43:1(7'33/km)区間

「あぁ、5kmって、こんなに長いもの??」って思うぐらい長い。

だましだまし走っているものの、ほんとに痛い。

辛いし苦しいし情けないし・・・、泣きが入りそうになる。

「アホッ、まだ終わってもないのに泣いてどうするねん」と思い、必死でこらえる。

応援の人たちも増えてきた。

その内、一人のおっちゃんが。

「ほらっ、最後は笑ってゴールしなあかんでぇー!!」。

・・・一気に感情がこみ上げてきて、涙がでた。

ほんまにそうだわ、なにやってんだろ、私。

痛さをこらえてばかりで、全然周りを見る余裕がなくなってしまってた。

相当、苦痛にゆがんだ顔で走ってたんだろうな。

なんだっていうのさ、好きでやってることなのに。

そんな追い詰めてどうするねん。

よく頑張ったよ、よく頑張ってここまで来たさ。

そうだよ、あと1kmちょっと、きちんとふっきれてゴールしよう。

最後数百メートルは、猛スパート。

100kmの部の男性を何人かパスし、ゴール。

勢いつきすぎて、メダルかけてもらう場所で止まれなかった。

7時間7分42秒、無事ゴール。

「今度は女性です!大阪府、○○じゅんこさん!」

ゴールテープ切るの初めてで、感動ものだった。

Ca3c0489

たまたまお風呂への巡回バスで一緒になった女性、

「今年のメダルは10周年記念で立派なんだよ!

去年までのは、長くかけておくとTシャツに色移りするヤツだったし」と教えてくれた。

毎時00分と30分、30分おきにゴール地点からの巡回バスがでていて、

最初に配布されるファイテンの袋にお風呂の無料チケットが入っている。

これを使うと、選手はタダで入浴できて、タオルももらえる。

帰りは、会場まで毎時15分と45分に巡回バスあり。

さらにその女性、「無料軽食チケットが2枚入ってるから、よく見てごらん!

それを2枚使うとビール1杯、1枚なら焼きそば+うどんとか食べれるよ」

とのこと。

えー、そんなの全然見てなかった!!

ありがたや~、やっぱりしっかり見ないといけないね。

もちろんビールでしょう↓

Ca3c0486

丹後地ビール、うっまーーー。

更にこの女性、

「私、ビール飲めないし、そんなにたくさんも食べれないから、

私のチケットで焼きそば2つもらって、一緒に食べよう!」と・・・。

なにからなにまで、なんていい人なんだ。

話も色々もりあがり、18:30の感動のゴール場面も一緒に応援し。

彼女は神戸行きのツアーバスだったので、そこでお別れ。

ほんとおかげさまで楽しかったです、またどこかでお会いできれば。

「あなた、きっとトレイルも向いてるわよ!

まずは走力つけて、トレイルもやってごらん!」

とのアドバイスもあり。

はい、これからもしっかり精進します。

ということで、今回の丹後の旅、終了。

いい勉強になりました。

« 『おつまみワイン亭』 | トップページ | しゃぶしゃぶ食べ放題 但馬屋DX 心斎橋店 »

ウルトラマラソン(100km以外)出場記録」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~!ほんまにおつかれ様でした~。
面白くって(シツレイ)60kmの辛い部分が吹っ飛んでいきまいた
軽食券?ビール券??そんなん知らんわ~
て、袋の中身見ずに処分したワタシ…
また、どこかでお会いしできまうよ~に!
(まだ復旧せず)

>やゃゃさん

早速写真送ってもらって、ありがとうございます!いい記念になりました。

しっかしやゃゃさん、フルの地点でサブ4、
それ以降も同じペースで5時間55分56秒とは!!ほんとすごいです、日ごろのトレーニングの賜物ですね。面白く60kmをハイペースで走りきれたのは、それなりの下積みがあったからですよ。

ジョグノートは去年からつけておられるみたいですが、何年ぐらい走ってはるんでしょう?

ビール券、私も教えてもらえなければ間違いなく処分してしまってました(笑)。

って、やゃゃさん、どのみち車だったじゃないですか(笑)。

じゅんこさん おめでとうございます~
やりましたね~~
練習はうらぎらへんかったんや~~

その調子で四万十がんばりましょうね~

じゅんこさん、こんばんわぁ!
丹後ウルトラ0泊2日弾丸ツアー、お疲れ様&完走おめでとうございま~す\(^o^)/
しかし、アップ速っ!!
途中2回マッサージ受けて、痛みを伴ってて7時間チョイなら四万十100kmも余裕なのでは?もっと入りを遅くしても全然大丈夫ですなぁ!!!
ちなみに、YAMAYAMAの今年のウルトラの60km通過タイムを見てみると、水都大阪は7:35'チョイ、にちなんおろちは7:37'チョイでしたわいな(^_^;)丹後は第1回に出ただけやけど、じゅんこさんのブログを読むと、またその内に出てみよかいなと思ってしまいますです!
これでまた一歩、四万十川補完計画完遂に近づいたって感じですネ(#^.^#)

>たけしたさん

うーん、自分で設定した目標に到達できなかったので、悔しい感じは否めませんが・・・、それでもよく頑張ったと思います!

しっかり継続して、来年につなげますよー!

>YAMAYAMAさん

ありがとうございます!!
しゃぶしゃぶ食べ放題、1時間制だったので早く帰宅して早くアップできました(笑)。

そうかー、そういう見方もできるんですね・・・。

なにせ後半余裕がなくて、「こんなもん、あとプラス40kmって言われたら絶対無理だわ!!あぁー、なんだかんだ言って、3年前からちっとも成長してないんちゃうん!?」と凹んでましたから。

丹後行くまでは、「レース前後の調整も必要になるし、やっぱり丹後なしで四万十にしぼったほうがよかったかな」とか色々思ってましたが、今回で自分のレベルもわかったし、やっぱり行ってよかったです。

来月は、しっかりペースおとした時間配分&エアーサロンパス常備で、なんとか乗り切りたいと思います!!


私もYAMAYAMAさんに一票~~
やっぱり 入りがはやいかと
四万十では62キロまで抑えてそこから
ダッシュ~~~~(笑)

私は あきまへんわ~ 今年はリタイヤするかも~~~~(汗;;;)

お久しぶりです
丹後60キロお疲れさまでした
日頃の練習量からして 楽勝やったんかと思ってましたが・・・

やっぱり ウルトラって わからんねえ

弾丸ツアーも多少影響しているような気が(苦笑)

ペース配分も特に問題ないと感じられるので
いきつくとこは 経験なんかなあ
ウルトラって 周り見ながら のんびり走ると けっこう普通に走れたりするもんです

四万十100キロでは 走りながら 観光気分で走るのもええよ
もちろん 仮装もありやで(笑)


60kなんてすごすぎます!
私も今日ハーフのレースの試走で21k走ってきましたが、
暑くて死にそうになりました。

ホントにお疲れ様でした。
痛んだ身体のケアをしてゆっくり休んでください。

完走おめでとうございます。
じゅんこさんなら、まあ60km位楽勝やろって思ってましたがドラマありましたねえ。
でも良い経験・体験になったですやん。
キッチリ学習されて四万十に臨まれるとは思いますが、王子さんも言ってる様に適度にユル~~イ気持ちも必要やしね。
次もゴール後に美味しいビール飲めるようにいきましょう。(^^v

じゅんこさん完走おめでとうございます。
いやー読んでいてハラハラひやひやしましたが、最後の踏ん張りはやはりいつもの練習のたまものですよね。
お疲れさまでした!
次は四万十、準備万端で頑張って来て下さい!

おめでとうございます!

痛みに耐えながら
よう頑張りはりましたね

1kがほんと長かったかと思います
じゅんこさんの根性ランですね 感動!

でも、エアサロは必需品では??

色々と持って走るの面倒ですが
あとで持ってくればよかった
っていつも後悔します

次はいよいよ100kですね
頑張って下さい

お疲れ様でした

しゃぶしゃぶも大笑いでした (^-^)

完走おめでとう。
そして、お疲れ様でした。
弾丸ツァー、結構大変でしたね。
買い物袋持って走る姿を想像すると、思いっ切り笑ってしまいそうですが、本人は必死ですモンねぇ(笑)
痛めた所をちゃんと治して、次に備えて下さいねぇ~。

>たけしたさん

おさえたつもりだったんですけど、やっぱり分不相応なスピードだったんでしょうね~。

来年の今頃は、このスピードでも耐えられる足に仕上がっているように頑張りますよ!

>王子さん

のぞきにきてくれはったんですね、ありがとうございます!

日頃の練習量を、1年ないし2年継続できてればまた違ったのかもしれませんが、5ヶ月ではこれが限界だったのかもしれません(って自分では分析してます)。
経験が足らないというのと、同じ意味ですね~、きっと。

楽勝どころか、ラスト20kmはもう地獄の苦しみでしたよ~(笑)、終わってしまえば笑い話ですけどね。

四万十に仮装なんて恐れ多い(笑)、
謙虚にエアサロ携えて走りきりますよ~!!


>jogjogさん

いやー、60km、キツかったです(笑)。

私の初めてのハーフマラソンは、2006年の淀川市民マラソンでしたが、足の爪が見事にはがれましたよ、確か2枚。

「人間、20kmも本気で走ると、こんなことになるのか~!!」と衝撃でした(笑)。

はい、今日・明日は完全休足して、
回復に努めたいと思います!!

>亀オヤジさん

ほんと、いい経験になりました!
楽勝で終わるよりは、謙虚さが増してよかったかもしれません、結果的に(笑)。
涙出たのもいつぶり?っていうぐらい久しぶりでしたし(笑)。

四万十は、やっぱり緊張してしまいそうですが・・・、ほんと、最後に美味しいビールを飲んでる自分に出会いたいものです。

>ocさん

ありがとうございます。
「完走おめでとう」と言ってもらえると嬉しいです、内容はともかく、「初・ウルトラ完走」ですものね。

翌日から普通に歩けるあたりも、ちょっとはこの5ヶ月間の成果がでてるのかな、と思いたいところです。

ocさん、もうすぐハツセネですね!
お風呂で一緒になった女性、実行委員の方だそうで。話を聞いてると、レースの難易度がひしひし伝わってきました。
力をしっかり出し切れますように、応援してます!!

>ryujiさん

エアサロ、やっぱり必需品なんですね。
そんなことも知らなかったので、やっぱり丹後は行った値打ちありましたよ(笑)。
一つ、経験値があがりました。

スタート直前、ウエストポーチのファスナー部分の紐がブチっときれて、「げー、縁起わる!!」と思ったのですが・・・、終わると更にすりきれて、背中にあたる部分に穴があいてました。
四万十までに、エアサロが入る大きさのポーチを買いなおします・・・。

しゃぶしゃぶの記事は、きっと笑っていただけるかと(笑)。狙い通り!!


>AKAさん

いえいえ、そこは笑ってほしいところですので、遠慮なく笑ってください(笑)。

オールスポーツのカメラマンらしきおっちゃんが、サッと構えたカメラを「チッ」と舌打ちしておろしたのは、きっとこの買い物袋のせいでしょう(笑)!絵にならなくてすみません(爆)!!

おっちゃんの希望としては エアサロンパス未使用で らくらくゴールしてほしいですぅ
タイムはそれなりでいいから~~


P.S. なかなか おしゃれさんですやん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/36837844

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後ウルトラマラソン完走記(60kmの部):

« 『おつまみワイン亭』 | トップページ | しゃぶしゃぶ食べ放題 但馬屋DX 心斎橋店 »