新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 出前一丁 | トップページ | 初・1人で妙見山往復 »

2011年6月24日 (金)

妙見山 リフト&ケーブル

6月19(土)の練習コース↓

Cut2011_0622_2252_06

下の、緑のグラフは標高を示している。

箕面駅スタート~妙見山頂までが約20km、

そこからリフトとケーブルを使い下山、

さらに16km追加して川西能勢口あたりまでのラン。

20km以降でいきなり標高が下がっているのは、リフト&ケーブル使用のため。

「なぜにリフト&ケーブル?」とつっこまれそうだが、

実は一度乗ってみたかった↓

http://noseden.hankyu.co.jp/news/info-azisai2011.htm

「妙見山アジサイまつり」なるイベントが7/2~7/31まであるらしく。

このリフトとケーブルを使うと、それは見事に鑑賞できるようなのだ。

下見をかねて行ってきた。

まだ早くて全然咲いてなかったものの、

「あぁ、これが全部色づいたらキレイだろうな~」という想像をふくらませながら、

のんびりリフトで下山するのも、なかなかオツなものだった。

リフトスタート!! ↓

Ca3c0518

貸し切り状態(笑)!! ↓

Ca3c0519

両側ぜーんぶあじさい。

咲いたらキレイだろうな~。

ウェブで見ると、6/22現在で20~30%の開花率らしい。

標高が高い分

なかなか長時間のリフト。約10分ぐらいだろうか?

他のあじさいの名所と違い、

人ごみやら混雑の中を歩かずに鑑賞できるのもポイント高いな、と思った。

リフトだから感覚も広いし、

かなりの至近距離でのんびり鑑賞できる。

喜ぶりゅうちゃん「ヒャッホ~」↓

Ca3c0521

何度も行ってるのに、

妙見山頂から往復するコースしか知らなかったからなぁ。

こんな楽しみ方もあるんだ。

ケーブルに乗り換え↓

Ca3c0525

これまた貸し切り!

(下から上ってくる車両には、何人か乗っていた)

最前列のシートに乗り込む。

操縦席に、なにやら棒のようなものを「ガコン!」とはめこむ運転士さん。

どうやらそれで運転するらしいが・・・、

「うぉ、すごい旧式やな!」という顔で私がじっと見ていたらしく(笑)、

「年代物でしょう?昭和30年代からの車両ですよ」と言っておられたような・・・。

キレイに手入れしてあるから、

そんな風に見えなかった。

新しい乗り物もいいけど、こういうのもなんだか無性にワクワクする。

ただし、このコースを採用の際は、

妙見山頂まで相当汗だくになって駆け上がっているので、

なにか座席にしくナイロン袋の類を持参することをお勧めする。

そんな季節になってきたね~、

リュックにはナイロン袋!座席びしょ濡れ防止!

(今回はたまたまあった)

毎日泣いたり笑ったり、

怒ったり喜んだりと忙しいけど、

元気にやってます。

« 出前一丁 | トップページ | 初・1人で妙見山往復 »

旅ラン」カテゴリの記事

コメント

人生

喜怒哀楽

すまぬ(--;)

紫陽花、さぞかし見事でしょうね。
trouble いや travel-db だったんですね。310XT。。

喜怒哀楽(KDAR)。
素敵やん?!
紫陽花はピザーラでも楽しみましょう。

学生時代、ここでバイトしてました。

そんな古いことはどーでも良いのですが、リフトとケーブルの乗り場の間を横に入るとBBQ広場があります。
道具は勿論、食材&アルコールも売ってるので手ぶらで行っても楽しめますよ。
走って行ってBBQするのも有りでしょう。

>りゅうちゃん

この1週間で、1年分ぐらい生きたような気が・・・(笑)。

>ミカンさん

うまい、座布団1枚(笑)!

405は日本語版だったけどマニュアルが相当簡易だったから、310XTの英語版でマニュアル丁寧な方が断然使いやすいです。

>ocさん

渦中にあるときは必死ですが、
過ぎてしまえばこれらもまた思い出になっていくのでしょうね・・・。

ピザーラの紫陽花、楽しみにしてるんですよ~。
去年からずっと「ここの紫陽花が咲いたところを見てみたい!」と思ってました!

P.S.マンガ一気読み、少々寝不足(笑)!
   続き気になる(>_<)

>亀オヤジさん

さすがジモティー(笑)!!

ありましたありました、そんな広場!
へ~~、そんな使い方もできるんですね!
あとは山頂に温泉がでればバッチリ(笑)!?

やっぱりその後は能勢電で 川西能勢口までいかな~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/40524905

この記事へのトラックバック一覧です: 妙見山 リフト&ケーブル:

« 出前一丁 | トップページ | 初・1人で妙見山往復 »