新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« CT触媒のフェイクフラワー | トップページ | 2012年 泉州国際市民マラソン完走記 »

2012年2月20日 (月)

2012年 泉州国際市民マラソン速報

今年の泉州は、グロスタイムで4時間6分2秒(ぐらい?)という結果に終了。

ラップ↓

Cut2012_0220_0818_27

練習量からして、㌔5分30秒~40秒維持でいっぱいいっぱいだろうな、

と予測。

21kすぎるまでは極力このペースを維持して、

あとは後半をどこまで粘れるか・・・、

と思ったが。

かろうじて上り坂4つは予定通り駆け上がったものの、

下り坂でとばせず。

「こうなったらもう、最後は笑ってゴールしよう」

と、ペースを落として呼吸を整える。

走るたびに遅くなるフルのタイムにちょっと切なくなりつつも、

「やっと終わった」感のつよい、今年のフルマラソンでした。

« CT触媒のフェイクフラワー | トップページ | 2012年 泉州国際市民マラソン完走記 »

フルマラソン出場記録」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした~~~

お疲れ様でした(^^)
別段 失速した感じもないし 立派なタイムですよ

キャリアを積む段階なんやから タイムが落ちてもええんやないですか
まだまだ 伸びしろありますよ
それより 今回は トイレネタもないみたいですな(笑)

泉州マラソンお疲れ様でした。私も昨日走った一人です。私からすれば35才なんてまだまだ、これから伸び盛りですよ。ちなみに私は今55才。6年前からマラソンを始めて、ほぼ毎年自己ベストを更新中。今年は2時間55分台でゴール。(と、ちょっと自慢!) ですからあなたはもガンバッテください。自己ベストが出た後の筋肉痛は格別ですよ!

喝、喝、カ~ツ!
走る度に遅くなるなんて情け無い台詞を言うには10年早いわ!
今度は足の具合もあったし、練習が上手くいかなかっただけですよ。
また秋に頑張ろう。
おっちゃんと勝負じゃ~

フルマラソンは経験だ!と私は言われました。
じゅんこさんいい感じで行けているのにおしい!
って私は思いましたよ。
まだまだ若いし行けるよ~~
フルマラソンのベストは50代ですから!!
まだまだ~~

>たけしたさん

おつかれさまでした!
月曜現在、右足親指付け根、痛いです!

>王子さん

お待ちかね(?)のトイレネタ、
詳細版の記事に追加しました(笑)。
やっぱり、何かしらあるんですよね~~。

「練習してないんだから仕方ない」と思いつつ、
やっぱり2回連続タイムが落ちていくのは、なんとも情けない気持ちになっていたので、
優しいコメントに癒されました。ありがとうございます。
長い目で、楽しみながら頑張りますね。

>hokkaido-papaさん

はじめまして、コメントありがとうございます!
「えっ、すごい人からコメントもらってしまった」と思ってしまいました(笑)。

自分も同じようにできる、とまではうぬぼれられないものの、
49歳から55歳にかけて伸びて、なおかつサブ3の可能性もある、
と思えると、なんだか勇気がでますね。
自慢してください、スゴイです(笑)。

自己ベストが出たあとの筋肉痛を、
来年の泉州ではぜひ味わいたいと思います!
よろしければまた、結果発表(?)のぞきにきてやってください。

>亀オヤジさん

おっちゃん、優しい(笑)!!!

「私のマラソンピークは去年で終わったのかな、
低いピークだったな」と、ちょっと物悲しくなっていたのですが、
そうですね、こんな年もありますよね。

頑張りますよ~、勝負!!

>ときぼんさん

ありがとうございます~、ほんと皆さん優しいコメントで癒されます。

情けなくて「今回はもう結果アップせんとこかな」と昨日の夜一瞬思いましたが、
悔しい記憶も残しておいて、バネにしないと、と思い直しまして。

マラソンベストは50代ですか~、
りゅうちゃんには元気な70代・80代ランナーでいてもらわないと、ですね(笑)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/44187832

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 泉州国際市民マラソン速報:

« CT触媒のフェイクフラワー | トップページ | 2012年 泉州国際市民マラソン完走記 »