新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 熊野古道・小辺路① 1泊2日で走ろうプラン! | トップページ | 夜間六甲全縦! 宝塚~須磨浦公園 »

2013年3月23日 (土)

熊野古道・小辺路② 1泊2日で走ろうプラン!

Cut2013_0323_0953_29

ルートラボ(小辺路②)

3/17(日) 三浦口~湯の峰温泉

総距離:38km

獲得標高:2149m

所要時間:9時間13分

①三浦口        7:00

 ↓1.2km 29分

②吉村家跡       7:29

 ↓1.4km 28分

③三十丁の水     7:57

 ↓1.9km 37分

④三浦峠        8:34

 ↓1.1km 15分

⑤古屋敷跡      8:49

 ↓1.3km 9分

⑥出店跡         8:58

 ↓3.2km 24分

⑦矢倉観音堂     9:22

 ↓9.1km 73分

⑧昴の郷       10:35

 ↓1.4km 51分(昴の郷での休憩込)

⑨果無集落      11:26

 ↓2.5km 72分(天水田での昼食込)

⑩観音堂       12:38

 ↓1.1km 26分

⑪果無峠       13:04

 ↓2.5km 29分

⑫三十丁石      13:33

 ↓2.5km 29分

⑬七色分岐     13:43

 ↓1.9km 19分

⑭林道出合     14:02

 ↓0.3km 5分

⑮八木尾バス停  14:07

 ↓1.3km 13分

⑯道の駅ほんぐう  14:20

 ↓3.3km 51分

⑰熊野本宮      15:11

 ↓3.4km 63分

⑱湯の峰温泉     16:14

息子さんとおかみさん、愛犬マグに別れを告げ、

いざ熊野本宮へ向けて出発!

①三浦口        7:00

Photo_2

三浦口~十津川までのマップ↓

Photo_26

このプランを立てる中で、

「1日目よりも2日目のほうがロードの割合が多いから、

2日目のほうが楽だろう」と漠然と思っていた。

が、それは大間違い!!!

三浦峠と果無峠、2つの峠越えがあるのだが、

これがまた半端ないキツさ。

1日目の晩は、翌日に備えて足のメンテをして早めに就寝したものの、

やはり体中凝ってる感覚があり。

そのままスタートするので、

正直、1日目とは比較にならないぐらいしんどかったです、はい(笑)。

②吉村家跡       7:29

Photo_3

さわやかな朝の空気の中、急勾配の山道を進んでいく。

防風林の樹齢は、約500年らしい。

すご~~い。

http://totsukawa.info/joho/world_heritage/miura_pass.html

③三十丁の水     7:57

Photo_4

スタートして約1時間、三十丁の水到着。

冷たくて、実においしい水。

この先の本ルートは崩れているらしく、通行止めの張り紙とロープが。

指定されていた迂回路を進んだが・・・。

鳥のさえずりをききながら歩を進めていると、

なんと、道が崩壊しているではないか!!

Photo_12

斜面が急で、がけ崩れ状態。

せっかく設置された丸太階段が、すっかり壊れてしまっている。

手前の箇所、上の方からまわりこもうとすると、

大量の土砂が下に流れ落ちていってしまう。

あら~~、ちょっとヤバそう。

下の方には、九十九折れになった本ルートがのぞいている。

あっちの方が、断然安全そうやし!!

ちょっとした自然環境の変化で、人間の作った道なんて、

簡単に壊されてしまうのね。

しかし、ここまできて、引き返すわけにもいかない。

落ちたくはないが、万が一おちても死ななさそう。

暗黙の了解で、なんとか進むことに数秒で決定。

トップのかねやんさんが、

丸太で土砂がせき止められているギリギリのところに、

後続のために足場をつくりながら進んでくれる。

なんとか全員、無事にわたり切ることができた。

その時の様子を、りゅうちゃんが動画に撮っていた↓

④三浦峠(標高1080m)      8:34

Photo_5

三浦口からこの三浦峠までの標高差は、約700m。

あいかわらずの急な上りです、はい。

トイレをすませて、再スタート。

残る峠は、果無峠のみ!!

⑤古屋敷跡      8:49

Photo_6

⑥出店跡        8:58

Photo_7

五輪の塔、9:08通過

Photo_29

⑦矢倉観音堂     9:22

Photo_8

三浦峠以降、爽快な下り基調の山道が続くが、

相変わらず下りの遅い私!!

スイーパーのりゅうちゃんにお守りをしてもらい、

最後尾を爆進!!

やっとこさ矢倉観音堂で合流。

⑧昴の郷       10:35

Photo_9

西中バス停をすぎて、

7km少々、この昴の郷に向けて車道を走ることになるのだが・・・、

これがまた、暑いし長い。

距離をかせげると思ったロードだけど、

なかなかしんどいではないか。

チンタラ進んでいては先の行程に差し支えると思い、

結構必死で走る。

ここは立派な施設でトイレもキレイ。

アイスクリームの自販機もあり、2本一気食い。

2名、ビール飲んでいた(笑)。

自販機もあるので、ここでまた最低1Lを補充しておくことをお勧め!

十津川温泉~八木尾のマップ↓

Photo_27

昴の郷を出てトンネルを通過、

すぐの場所にある柳本橋。

Photo_10

激しい吊り橋です、はい(笑)。

ゆれまくり・足場もあっさり踏み外しそう!!

ocさんはここを無事通過できるのか(笑)!?

⑨果無集落      11:26

Photo_11

天水田跡(てんすいだあと)   11:57

Sample01

果無集落から上ること約40分。突然視界が開け、平坦なところがあります。

ここが「天水田跡」で、

この先の「山口茶屋」の住人が雨水だけを頼りに稲作をしたといわれています。

http://www.iyashi-kumano.jp/kenkyaku/kohechi_course2.html

この天水田跡で、宿で用意してもらったおにぎり弁当をいただくことに。

Photo_14

デザートに、飴玉3個入れてくれていた。

ちょっとした心遣いに、感動。

美味しくいただきながら、歩く。

⑩観音堂       12:38

Photo_13

お昼ご飯のときに水をゴクゴク飲みたかったが、

思ったより気温も高く喉が渇くので、この先のことを考えて、

控えめに飲んだ。

その後約40分ほど歩いたところにある観音堂では、

豊富な水量の給水所が!!

「こんな美味しい水、飲んだことない」というぐらい美味しく感じて、

ゴクゴクやってやった(笑)!!

ここにはトイレもあったが、タイツを下すのもしんどくて、やめた。

しかしこの後しばらくトイレがなくて、

やっぱり行っておけばよかったわ(笑)。

⑪果無峠       13:04

Photo_15

・・・えぐかった、果無峠。

こんなしんどい思いは、いつぶりだろうか??

と真剣に考えるぐらいしんどかった。

でも、ここまでくれば、あとは下るのみ!!

⑫三十丁石      13:33

Photo_16

下り坂では、やはりみんなからかなり遅れをとってしまう。

「トレイルの大会はやっぱり無理だわ~」と思いながらも、

懸命に駆け下りる。

三十丁石近辺からの眺めに、しばし癒される。

⑬七色分岐     13:43

Ko_osusume12 

七色分岐、道が2手分かれているが、

ここは八木尾方面の右手へ進むのが正解。

⑭林道出合     14:02

Photo_17

ふぅ~~、やっとこさ果無峠、脱出!!

予定では14:30ぐらいに熊野本宮へ到着して、

湯の峰温泉につかって、

湯の峰温泉前15:26発のバスに乗るつもりだったが。

この地点で、第二プランの17:37発のバスに、余裕をもって乗車することに決定。

この最終バス、3/16~11/30まで、期間限定の便らしい。

この日は3/17だから、この便があってほんとよかった。

龍神バス時刻表

Photo_28

⑮八木尾バス停  14:07

Photo_18

⑯道の駅ほんぐう  14:20

Photo_19

この道の駅ではトイレのみをお借りし、

向かいの生協でビール調達。

ゴール目前、プチ打上げ(笑)。

⑰熊野本宮      15:11

Photo_20

和尚さん撮影・熊野本宮にゴールするじゅんこと末ちゃんの図(笑)。

傑作(笑)。

皆で、完踏をたたえ、ハイタッチ。

しんどかっただけに、かなりの感動ぶり。

Cut2013_0323_0947_07

そして・・・、ここから先の湯の峰温泉に、

どうやって移動するか、という話に。

湯の峰温泉前17:37発のバスに乗るなら、

本宮からタクシーで移動すると、はやくつきすぎるのではないか?

ということに。

「ゲッ、まだ走る気か!?もうええで、温泉でゆっくり待機しようや」

と強烈に思ったが、止むを得ん。

末ちゃんの、「ハイキング程度の一山を超えたらすぐ」というセリフを信じ、

歩き始める。

Photo_21

3.4kmのこの道のり、後で調べたら、

「大日越(だいにちごえ)」と呼ばれるコースらしい。

Cut2013_0323_1017_18

http://www.tb-kumano.jp/kodowalk/course/akagi-dainichigoe/

疲労蓄積後、

しんどすぎて、口もきけないレベルです、はい(笑)。

急坂を歩いていると、

のたれ死んでしまいそうな気分になってきて、

息をゼーゼーきらせながら、やけくそになって飛ばす。

いつもなら慎重に進む下り坂も、

私にとってはぶっとばしレベルで走り、

途中で1回こけたが、瞬時に起き上がる。

一分一秒でもはやくゴールして、楽になりたいという一心。

2

Photo_22

本当のゴール、湯の峰温泉に到着。

もう、笑顔でハイタッチする元気もなく(笑)、

早々にお風呂に入る。

公衆浴場は、250円。

熱湯と水どちらかが出る蛇口から、

洗面器で温度調整する、昔ながらの公衆浴場。

一番のりでお風呂から出て、

先にビールとめはり寿司とうどんのセットを注文!

Photo_23

公衆浴場となりのこの食堂では、生卵とさつまいもが販売されている。

次回は先にここで生卵を購入して、お湯につけてから入浴すれば、

お風呂をでてすぐにあったかい温泉卵が食べられるな、と。

気づくのが遅くて、今回は時間の関係上無理だな、と思っていたら。

会計をすませて店をでようとしたときに、

お店の人から、「どこから来たの?」とたずねられ。

「昨日、高野山を出発して三浦口に一泊、今日は三浦口からここまで走ってきたんです」

と話をしたら、えらく驚いてくださった。

お店のお客さんらしきおじさんが、

「よし、これあげよう」と、温泉卵を1個手渡してくれた!!

みんなは既に店からでた後だったので、

私一人がその卵を手にルンルンしてりゅうちゃんに報告(笑)。

「じゅんこ一人ちゃうやろ、走ってきたんは!ずるいぞ!!」

「しらんわ、かわいい女の子限定ご褒美や!!」

と下世話なやりとりをしていたら(笑)、

なんとお店のおばちゃんに聞かれていたらしい。

走って人数分の卵を袋に入れて、手渡しにきてくださった・・・。

「みんなで仲良く食べてね」。

Photo_24

す、すみません、ありがとうございます(恥)。

お塩まで入れてくださっていた。

美味しかったです、はい。

そんなこんなで、無事に最終バスに乗車、

紀伊田辺19:14着。

JRに乗換、21:33天王寺。

自宅には、夜10時ごろ着いた記憶。

本当に、素晴らしい思い出ができました。

道中親切にしてくださった皆さん、

参加メンバーのみんな、

天候や様々な偶然すべてに、感謝。

« 熊野古道・小辺路① 1泊2日で走ろうプラン! | トップページ | 夜間六甲全縦! 宝塚~須磨浦公園 »

旅ラン」カテゴリの記事

コメント

くっそう~~~っ!行けば良かったわ。
10kmレースなんかにエントリーせんかったら良かったなぁ・・・とかなり悔しいです。

そりゃ、一人で行けばいいのでしょうが、「え~~そんなにしんどいの?」って読みながら少々ビビってます。

いつも思うのですが、じゅんちゃんのブログは後で行ことがあれば参考になるやろね。

>亀オヤジさん

「行けばよかった」と思ってもらえると、
それもなんだか嬉しいですね(笑)。

大丈夫ですよ、りゅうちゃんもまた行きたがってますから、
その際はぜひご一緒しましょう!!

山奥ですから、何かあっても助けをよべないですし、
最低2人以上で行ったほうが絶対いいです。

今回、この企画にあたって、
色んな人のブログを参考にさせていただいて、
所要時間やら宿の情報やらを入手できました。

自分のブログも、
また誰かの役に立つ情報源でありたいな、
と、今回は特に思いまして。
こんなかたちでまた次の誰かに親切のバトンを渡せるといいな、
と思ってます!


お疲れ様でした。
最高の熊野古道小辺路から1週間がたちましたが、
じゅんこさんの詳細なレポートを見て記憶がより鮮明になりました。
印象的だったのは、最後の湯の峰温泉へのトレイルで、
せりふははっきり憶えていないのですが、「最後まで走りきったる」みたいなせりふ。
「気持ち」持ってはるなと思いました。

改めてナイスな練習会の企画、ありがとうございました。

>かねやんさん

あれからもう1週間もたつんですね~。
昨日のことのような、何年も前のことのような。

人生振り返って楽しかったイベント・ベスト5入りするぐらい、
楽しくていい思い出になりました(ベスト5って、微妙(笑)?)。
参加者全員、気心の知れたいいメンバーでしたし。

道中、相変わらずお待たせしてしまいましたが、
お付き合いいただいて、ありがとうございました。

最後の湯の峰温泉へのトレイルのセリフは、
確か「一気にいったる!!」だったかと(笑)。

「しんどい」とか「疲れた」とか、
ウダウダして終わらせたくなかったですしね、
旅の締めくくりを。
見事に燃え尽きました(笑)。

下り基調で一気にかねやんさんに風のように抜き去られて、
「私もいつかあんな風に颯爽と駆けぬけられたらな~」と思いました。

またぜひご一緒させてくださいね!


やりましたね~~~すばらしい~~
監督のページと じょんこさんのページで立体的に楽しめました~~
いきたいなぁ~~ほんまに~~

お疲れ様でした~

>たけしたさん

昔ながらの雰囲気も残っていて、
いいコースでしたよ!

三浦口の農家民宿は、食事の支度やらの兼ね合いで、
事前の予約が必要です。

当日、雨が降ってもキャンセルが難しいので、
そういった面ではふらっとでかけられるコースと違って制約があるのですが・・・。

FRUNの皆さんも、計画段階から楽しみながら企画してみてください!

お疲れ様でした!!

じゅんこさんレポ上手ですね凄い

本当に楽しかったですね
一杯走って、苦しんで、笑いました(^□^*)がははは…
ボク楽しかったイベント・ベスト1になりました
ムービーはめっちゃカッコ悪いですけど。。。

最後のじゅんこさんの底力も尊敬です


本当にありがとうございました感謝感謝です

>とおたんさん

お疲れ様でした~~!!

とおたんさんのブログも、相当面白かったですよ、
臨場感が伝わってきて!!

とおたんさんが参加してくださったおかげで、
一生懸命さで空気が和んだり、気配りで助かったり、
ほんとによかったです。

しんどかったけど、みんなもしんどそうだったのでちょっとホッとしたりして(笑)。
そうですね、楽しかったイベントベスト1ですね。
ベスト5入りなんて、ケチなことを言ってしまいました(笑)。

これからも、どんどん楽しかったことベスト・更新していきましょうね!!


じゅんこさん、ごぶさたしています!(^^)
じゅんこさんの日記、役にたつし、面白かったです。実は、だいぶ前に、この日記、見つけてたんだけど(ryujiさんの方も読みました^^)、もりもりさんと女性の友達と3人で、明日から1泊2日で、同じようなコースを行ってきます♪
もう少し、楽するつもりではいますが。。。(最初のロードカットと、最後の大日越えしないなど^^;) 安全第一で楽しんできます(^^) 最近忙しくて、前日の今日になって、詳細に読んで予習してました。また、ブログ書きます。

>WAKAさん

ごぶさたしてます~!!

2日目の大日越えはえぐいんですけど(笑)、
あれはあれで、今思えば楽しかったですよ(笑)。
お時間あまるようでしたら、ぜひ!

上りの勾配はキツいですが、
下りはゆったりと気持ちよく走れる、いいコースです。
楽しんでらしてくださいね~!!

>WAKAさん

ごぶさたしてます~!!

2日目の大日越えはえぐいんですけど(笑)、
あれはあれで、今思えば楽しかったですよ(笑)。
お時間あまるようでしたら、ぜひ!

上りの勾配はキツいですが、
下りはゆったりと気持ちよく走れる、いいコースです。
楽しんでらしてくださいね~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/50899868

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道・小辺路② 1泊2日で走ろうプラン!:

« 熊野古道・小辺路① 1泊2日で走ろうプラン! | トップページ | 夜間六甲全縦! 宝塚~須磨浦公園 »