新JogNote

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

PCワンズ

« 芦屋地獄谷~キャッスルウォール初体験 | トップページ | 宝塚~樫ヶ峰~宝塚 »

2013年6月29日 (土)

京都北山~権現山~比良山~金糞峠~比良とぴあ

6/22(土)のコース↓

ルートラボ 詳細ページ(北山~比良とぴあ)

Cut2013_0624_2024_41

総距離:40km

獲得標高:1749m

所要時間:9時間15分

Cut2013_0624_2248_51

Cut2013_0624_2250_53

Cut2013_0624_2252_03

スントアンビット初使用。

ラップを1kmごとにとる設定にしていたので、地図中の▼は1kmごとの表示。

京都北山AM7:30集合、

ロード上り基調で20km走った後トレイルへ。

Ihttp253a252f252fpdsexblogjp252fpds

途中、歩道がなくてあぶない区間もあったけど、

緑がいっぱいで、眺めのいいロード。

のんびりゆったり走ったらさぞ気持ちいいだろうな、

と思いつつも、皆について必死で走る。

ウルトラペースでのんびり走ることに慣れきった身体には、

ほんまに、吐きそうなぐらいしんどかった(笑)。

しかし、オフシーズンにも、

たまにはこうやって一生懸命、

足の筋肉やら体に刺激を与えておくことも大事だな、

などと考えながら走る。

大原のファミマに立ち寄り、軽食タイム。

蒸し暑いし、直観的に冷たいものを食べたくなるが、

青ちゃんの食べているチキンラーメンが最高に美味しそうに見える。

マネして同じのを買ってみたが、格別な美味しさだった。

・・・ヨシッ、気合入れなおして頑張るよ!!

スタートから約20kmで、登山道の入口に到着。

やっと走らなくちゃいけない区間から解放された~~、

歩ける~!と安堵する。

が、なかなかの勾配のキツさで、やっぱりしんどいものはしんどい(笑)。

「走るなんてとんでもない」という知り合いにいわせると、

「なんでわざわざ自分から好んでしんどい思いを・・・」となるのだが、

このしんどさの最中にあるときも、決して悪いことばかりでもなく。

自分の体力の限界に挑戦していると、

普段のどうでもいい悩みや考え・感情がふきとんでしまうわけで。

(そんなことに思い煩う余裕さえなくなる、とも言うが)

走り終えるころには、爽快感・脱力感とともに、

「あ、そういえばそんなこともあったな。

なんとかなるか。とりあえず、こうしてみるか」

と、気楽な気持ちでアプローチできるようになってたりもする。

リセットできるのが、私にとって走ることのいいところの一つ。

Ihttp253a252f252fpdsexblogjp252fp_2

通ったことのない新しいコース、

ワクワク感も満載。

天気がよければ展望のいい比良縦走コースの一部だそうなのだが、

この日はあいにくの天候で。

途中、小雨が降ってきたりもした。

Ihttp253a252f252fpdsexblogjp252fp_3

残念は残念だけど、こういう時は、

「この場所にまた訪れてごらん、また違った景色が見れるからね」

というメッセージを受け取るといいよ、と教えてもらって、

それ以降はそう思うことにしている。

6月下旬のこの時期、ちょっと腰を下ろそうとすると、

靴下にひもみたいなのがくっついていて。

「あれ?」と思ってよく見ると、ヒルだった。

あまりの気色悪さに、「ギエーー!!」。

無理に引きはがそうとするとダメ、という予備知識はあったものの、

反射的に指でつかんで引っぺがした・・・。

蒸し暑い時期の低山に現れることがあるそうで、

鹿を媒介にして勢力拡大してるらしい。

http://faq.sompo-japan.dga.jp/trouble/faq_detail.html?id=500203

そういえば、琵琶湖バレイ付近では鹿の糞だらけで驚いたっけ。

ライターの火であぶるか、消毒用アルコールをかけるとはがれてくれるらしい。

(マキロン持ち歩いておけばいいのかな??)

ある意味、これも貴重な体験だったのかも・・・。

比良岳すぎたあたりからは空もすっきりしはじめて、

やっと琵琶湖の姿が拝めた!!

Ihttp253a252f252fpdsexblogjp252fp_4

一同、「おぉ~~!!!」(笑)。

時間もおしてきたので、金糞峠から、

青ガレ経由で比良とぴあのお風呂を目指すことに。

以前、逆コースで登ってきて、

武奈ヶ岳を目指したことのあるルートだったので、

見覚えはあったものの。

やっぱり上るよりも下りるほうが難しい。

皆はひょいひょい進んでいく中で、

私一人、相当な遅れ・・・。

おまけに、みずから滑りやすそうな石に足をのせてしまい、

しりもち転倒、手のひら強打。

センスがないという一言で済ませていいものか??

いや、もう少し努力でなんとかなるはずだ。

かなり皆を待たせて下山完了。

ほんとスミマセン。

打上げで、「とにかく走る時に体が開いてる、ガニ股」

と皆につっこまれる。

いままで散々りゅうちゃんにも言われていたのに・・・、

マネしてもらうと、そろいもそろって同じポーズ。

そうか、やっぱりそんななのか。

反省して、この1週間、立つときも歩くときも走る時も、

ガニ股になりそうになるたびに矯正してきた(つもり)。

心なしか、走る時も内股気味に足を着地させたほうが、

スピードがのる感じがする。

真っすぐな着地が自然とできるよう、しばらく注意して頑張るぞ!!

« 芦屋地獄谷~キャッスルウォール初体験 | トップページ | 宝塚~樫ヶ峰~宝塚 »

練習会」カテゴリの記事

コメント

よっ!最強のふくらはぎ!!(爆)
昨日はありがとう~着いて行くのに必死やったわ。

でもヒルって見た事ないんやけど?やっぱり
引っぺがすのか? 「引っぺがした」ってのには笑ったわ。

ハッカのスプレーもいいらしいよ。
今度北海道に行ったら買って来るわ!いつも行く北見が有名やから。

村岡しっかり完走できるように頑張るわ!
又練習付き合ってね~

よっ!最強のふくむすめ!!(爆)

僕も偉そうなこと言えませんが・・・、
骨盤を垂直に立てることと、ツマサキ走りを意識するといいですよ。

僕も昔、雪の上で自分の足跡を見ながら、ガニ股直志ました・・・

>はちみつ屋さん

お疲れさまでした~!!
ヒル、りゅうちゃんの足についていたのは何度か見たことあったけど、
実際自分の足にへばりついているのを見た日には・・・、
相当引きました(笑)。

引っぺがしたらダメらしいですよ、ほんとは。
針がのこったりすることがあるそうなので。

村岡、頑張ってくださいね!
また練習会しましょう(^^)

>ocさん

この練習会の際、途中で出会ったランナーさん集団の中に、
久しぶりに再会した方がいらっしゃいまして。

「後ろからふくらはぎを見て、じゅんこさんだ、とすぐわかった」
とのことでした(笑)。
特徴的なんですかねー、この無駄に太いふくらはぎは(笑)。

骨盤を垂直に立てることと、ツマサキ走り、
意識して引き続き頑張ってみますね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/52166215

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北山~権現山~比良山~金糞峠~比良とぴあ:

« 芦屋地獄谷~キャッスルウォール初体験 | トップページ | 宝塚~樫ヶ峰~宝塚 »