新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 剣岳初登頂 | トップページ | 白山(砂防新道~チブリ尾根) »

2013年9月12日 (木)

2013 八ヶ岳スーパートレイル リタイア記

9/7~9/8、八ヶ岳スーパートレイル100マイルの部に参加。

結果は、107km地点リタイア。

【準備編】

①リュック → サロモン Skin Pro 14+3 SET(17L)。

         http://item.rakuten.co.jp/trail/skin14gn/

 実際、使っている人、多かった。

 リュックを下さなくてもあちこちに手が届くので、ありがたい。

②下着 → ファイントラック

優れもの。

土砂降りだったし、汗もかくので濡れるのだが、

サラッとするのが驚くほどはやい。

色んな種類があるので色々ほしくなってしまうが、

しばらくはこのTシャツタイプ1枚を大切に使おうと思う。

③補給食 → ザバス・スポーツようかん主体

エイドには水のみ用意、と書いてあったので、

道中の食べ物はすべて用意する覚悟。

とはいえ重くなるので、

カロリーと重さ、価格の比重で考えて、この2つを主体に用意した。

アーモンドと柿の種も持って行ったけど、

固形物を食べるのがいい加減しんどくなってしまって・・・、

私としては、胸ポケットに入れておけるザバスが重宝した。

(ただし、空き袋がべとつくので、小さなゴミ袋必須)

エイドでハイドレに水を補給するときにリュックを下すので、

その都度、本体から胸ポケットに、すぐ取り出せるように補充した。

スポーツようかんも美味しかったけど、

走ってる最中、そんなにたくさん食べられるものではない(笑)。

大量に持って行ったが、余ってしまった。

Dsc_0108

自販機がコース上にいくつかあったので、小銭も用意していくといい。

④ライト

ハンドライトは、使おうと思ったらなぜだかつかなかった。

予備の電池を入れ替える、などと思わず、

暗くなったら予備のライトを使う、ぐらいのつもりで、

ヘッドx1、ハンドx2ぐらいもって行ってもいいかも。

真っ暗な山道でライトがつかなくなったら、ほんとにどうしようもない。

ライトは最低でも2つ必要。

その他、サバイバルシート、熊鈴、ゴアテックスなど。

薬類も、すぐ取り出せるところにあったほうが安心。

AM5:00 白樺湖スタート

A0036424_9340581

周りの人の邪魔にならないように、

最後尾からスタート。

楽しみというより、場違いな気がして、怖い。

AM6:02 渋滞中

Dsc_0117

「あれ?なんで渋滞してるんだろう??」と思ったら、

この先でかなりの人数が蜂に刺されている模様。

あわててゴアテックスを着こむ。

小学生の頃、ハイキングの最中に頭を数ヶ所蜂に刺され。

全身に湿疹が広がって動悸が激しくなり、

相当ひどい経験をしたことがある。

2回目刺されたらよくない、と聞いたことがあるけど・・・、

どうなるんだろう・・・??

一度きちんとアレルギー検査をしておかないと。

そしてなんと、りゅうちゃんが腕をさされてしまった。

傷口から、必死で毒を絞り出す。

当時の記憶がよみがえり、怖くて仕方ない。

AM9:11 白樺ロード

Dsc_0121

りゅうちゃんの腕は、痛みやしびれがあるものの、

徐々におさまってきているようだ。

とりあえず、レース続行に支障はなさそう。

AM10:03 蕎麦の花

Dsc_0122

PM12:04 トレイル激登り

Dsc_0126

このトレイルは、実にしんどかった。

ここまでは、舗装路と林道の割合が多くて、

「トレイルのレースといっても、ほかのウルトラのレースと大差ないのでは?」

という印象を受けていたけど。

ここで認識が変わった。

この区間を味わうことによって、

この後の足と身体への負担が、グッと増す。

このしつこいアップダウンは、舗装路のコースではちょっとありえない。

下りは気持ちよくとばしたものの、

「トレイルはもうええで」という気分になってしまった。

PM3:58 土砂降り

Dsc_0128

生理2日目にぶつかってしまったので、

土砂降りは避けてほしかったが・・・、

なかなか思い通りにはいかない。

しかし、生理も大雨も想定内、こんなところで負けてられるか。

モンベルのトレントフライヤー(ゴアテックス)と、

ファイントラックのおかげで、

上半身の冷えはさほどでもないのが救い。

ずぶぬれで、第一関門を目指す。

【参考資料】

           実績    完走者①  完走者②

スタートチェック     5:01:08  5:00:52   5:00:37

第一関門入   17:01:57  16:54:44  16:59:13

第一関門出   17:21:43  17:15:11  17:19:30

第二関門入   23:38:19  23:44:20  23:25:41

第三関門    リタイア   10:57:32  10:36:32

ゴール      リタイア  13:42:57  13:43:13

第一関門通過後は、徐々に暗くなってきた。

ロードを離れ、沼地のようなところに進んでいく。

濡れないように足場を選ぶのさえ、邪魔くさくなっていく。

川のようになっている道を、ジャブジャブ進む。

「こっちからいけば濡れずにすんだのに」と言われたが、

すでにどうでもいい心境。

雨だし食欲もないし、

エイドもなかなかないしで食べるのも面倒なのだが、

何か口に入れないと、ますますバテる。

・・・根性!!!

第二関門通過は余裕でできると思っていたのだが、

全然時間的な余裕がなくなってきた。

舗装路じゃないし普通の勾配じゃないし、

残り距離だけでは、全然所要時間が読めないのだ。

そ、そんな。

せっかく大阪から応援にも来てくれるのに、

こんなところで終わってたまるか。

とにかく、走れるところは走らないと。

必死。

第二関門、制限時間午前0時の22分前に入れたときは、ほんと嬉しくて。

「まだまだゴールの可能性はある!!」と意気込んで出発したものの。

「絶対完走する!!」

   ↓

「ムリせず行けるとこまで行こう」

   ↓

「どうせやめるなら今すぐやめても同じなんじゃ??」

   ↓

「確実にリアイアできる地点まで引き返そう」

と、思考が進んでしまった・・・。

気持ちが切れてからの身体の不調具合ときたら、

目もあてられない。

「あのまま進んでいたら危なかった」という思いもあれば、

「間に合わないと思ってやめたけど、

間に合う可能性だってあったはず」という思いも。

あれほど萩往還リタイアで悔しい思いをして、

今度こそは、と意気込んでいたものを。

正直、あのときのリタイアの決断が正しかったのか間違っていたのか、

今でもよくわからない。

ただ。

日・月・火とこの3日間凹んでいたが(笑)、

根性・体力・精神力・走力、

色んなものをひっくるめて、今回の結果なんだな、とようやく納得が。

「どうしてもっとああしなかったんだろう、こうしなかったんだろう」

と思ってみても、「そうできなかった自分」

というのが、その時の自分そのものなんだ。

初めての100マイルレースへの挑戦、敗退。

寝ずに160kmも走り続けるなんて、しんどいに決まってる。

いつでも救急車がきてくれるような舗装路ではなく、

弱った身体・思考力で、深夜の山道に突入していく勇気。

正しい判断力を保ち続けようとする意志の強さ。

必ず回復する、という自分への信頼。

そしてなにより、「必ずゴールする」という信念。

足が速いだけでも、体力が人よりあるだけでも、ダメなんだな。

時には「リタイアする勇気」というものも、

この先必要になるときもあるだろうけど。

乗り越えるべき困難は、乗り越えらえるような自分でありたい。

そう、なっていきたい。

そんな風に思った、今回の挑戦でした。

« 剣岳初登頂 | トップページ | 白山(砂防新道~チブリ尾根) »

トレイルの大会出場記録」カテゴリの記事

コメント

道中、ええ走りやったな
特に極上トレイルで次々にランナーを抜いていく姿
第1関門へ向かう上りを懸命に走る姿
強くなったな! 

お疲れさん

お疲れちゃん!
どんなに短いレース、長いレースにもそれぞれドラマがあって、
感動したり後悔したりの繰り返しで成長するよね~

「まだまだイケるで~!」って言う時の信号と違って、
「もう止めたい!」って思った瞬間から脳に送られる信号は異常に速いんじゃないかなぁ~
って最近思います。

萩から連続のリタイヤで相当凹んでるやろな~って思ってたけど、
又ひとまわり大きくなったんやろね?(ふくらはぎちゃうで!)
そんなじゅんちゃんを見ている私達も体の奥に眠ってる何かを目覚めさせてもらったような
そんな記事でした(でもこんな大会は出~へんで!)

又秋のシーズンを楽しく一緒に練習してね!

>りゅうちゃん

完走できなくて残念だったけど、
いろんな意味でいい経験になったよ。
誘ってくれて、ありがとうね。

これでもちょっとは成長したのかもね。

>はちみつ屋さん

「ふくらはぎちゃうで!」はウケました(笑)。

凹んだけど、そんなに思い通りにいくものでもないですものね。
リタイアしたらしたで、そこからまた何かを学べばいいわけですし。
しっかし蜂の大群は、ほんとこわかったです。

こちらこそ、また練習ご一緒させてくださいね!


お久しぶりです!
八ヶ岳おちかれさまでした。
残念でしたがまた来年リベンジに向けて練習励んでくださいね♪
まだまだ若いしこれからですょ
私なんか40過ぎてからのマラソンランナーですょ
ryujiさんのブログみていきなりじゅんこちゃんのお顔が載っていたのでビックリ!

これからもいろんな大会に挑戦してくださいね♪

もう1週間前になりますね
いまさらですが おつかれさまでした

何かいつも月いちにぶつかりますね(^^;
うちは姫さんを見ているので走ってること自体すごいですわ
想定外にする方法もあると思いますが
じゅんこさんは しませんわな(笑)

そんなチャレンジスピリットは見習わないとあきませんね
今回は監督さんの方がへたれやったんとちゃいますか
道中の様子からすると ほんまはもっといけたんかなあって思ったりもします
よう頑張ったと思いますよ

それに トレイルをいきなり100マイルで挑戦するところが男前ですな
私は今年伊豆で75kmのトレイルに12時間半かかった時点でまだ早いと思いました
来年は参加するかもしれません
その時は楽しみましょう

〉チサルさん

コメントありがとうございます、
なんとか完走したかったのですが、残念な結果に終わってしまいました。

9月に有給とるのは大変なので、
またこの大会に出られるかどうかは非常に微妙なのですが…、
とりあえず来年はりゅうちゃんが敵をとってくれることでしょう(笑)!!

またたくさん練習して、
色んな体験していきたいです。
来年萩でお会いできるのを楽しみにしてますね!!

〉王子さん

コメントありがとうございます、
そうです、今回も生理で大変でした(笑)。

ただでさえ荷物を厳選して少なく持ちたいのに、
かさばるし、すぐ取り出せるようにしとかないとで気をつかうし。
おまけに捨てるところがないトイレだとしまっておかないと…、
ここには書けないようなハプニングもあったんですけどね(笑)。

できない、やれない言い訳をあげだしたらきりがないので、とりあえず色んなことやってみます(笑)!
人生、恥もかいてなんぼ、ですよね!!

ほんとはもっとやれたかも、
考えだすときりがないので、
その答えはまた次の挑戦に持ち越しです。

来年八ヶ岳にでるかどうか、
私の方は微妙なのですが、
王子さんの次のチャレンジ、応援してます!!

お疲れさまでした~~~
めちゃ成長してますやん~~~
安全にリタイヤするのも能力のうちだと思うので~~
また次回がんばってくださいね~~

>たけしたさん

ありがとうございます、
リタイアしてしまいましたが、それでも我ながらよく頑張りました。

これからも、色んなことに挑戦していきたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/53226865

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 八ヶ岳スーパートレイル リタイア記:

« 剣岳初登頂 | トップページ | 白山(砂防新道~チブリ尾根) »