新JogNote

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

PCワンズ

« 上高地~涸沢~北穂高往復 | トップページ | 30kmペース走 »

2013年10月13日 (日)

祝・ダイトレ全縦達成!!

ついに、ついに憧れの、ダイトレ全縦達成。

総距離:54km

所要時間:13時間25分(昼食休憩30分込)

獲得標高:3414m

高低差および一般的な所要時間↓

Koutei

引用元: http://sangaku-osaka.com/tokubetu/13/callengi/trail/trail.html

りゅうちゃんの2012.4.1完走実績タイムおよび今回の目標・実績↓

Cut2013_1013_1148_26

槙尾山口からのバス時刻表↓

Cut2013_1013_1153_02
引用元:http://www.minami-osaka.jp/?NankaiBus%2FMakiosanguchi%2FIzumiOtsu

ゴールの槙尾山口の最終バスが21:14、

それを逃すと後がない、というプレッシャー!!

20:14発のバスに乗れば、難波21:30前に着けるので、

あわよくばこれを目指したい!

これまでに連れて行ってもらった、

生駒全縦54km・六甲全縦50kmとは、明らかに異質なダイトレ全縦54km。

色んな意味でのその完走の困難さを、身をもって体験することができた。

サポートの入る大会と違って、飲料水の確保やら、

帰りの交通手段の確保、防寒対策などなど、

かなりの気力と体力、そして心構えが必要だった。

これまで経験したことのある、

舗装路100km走るウルトラマラソンよりも相当キツく感じた、

というのが正直な感想。

挑戦する季節や、

個々の走力による所要時間によっても異なるが、

日没後も行動を余儀なくされる可能性が十分あるため、

後半の紀見峠~槙尾山口バス停までの道のりは、

あらかじめ下調べしてから全縦に挑戦することが望ましいと思う。

疲れも相当ピークに達している中、

真っ暗な山道をコースロストしてしまうと、

かなりの精神的プレッシャー。

おまけに、槙尾山からバス停までは下り基調とはいえ約5kmと、結構長い。

走れる足を残しておかないと、所要時間約1時間必要となり、

読み違えると、最終バスを逃してしまうことに。

去年の10月、紀見峠でリタイアした翌週、

紀見峠~槙尾山口までの残りを走りにつれていってもらい。

コースを明るいうちに確認、

自分の足でどのぐらいかかるか記録をとってから、

今回の目標タイムを設定したので、とても参考になった。

【今回準備したもの】

冷凍オレンジジュース 500ml x1

ハイドレ(アクエリアス) 1.5L

ザバス(ゼリー系) 7個(2個あまる)

ウイダーインゼリー 2個(1個あまる)

ソイジョイ 3本(2個あまる)

柿ピー・アーモンド

ドライフルーツ(パイナップル)

のど飴

アーモンドチョコ

ヘッドライト・ハンドライト(予備の電池も)

着替えのTシャツ

ウインドブレーカー

薬セット(未使用)

バス停についてから予備のTシャツに着替え、

ウインドブレーカーを羽織ったが、気温は15℃ほどだっただろうか。

寒く感じたので、予備Tシャツは2枚あってもよかったかも。

飲料は基本的に1.5Lのハイドレで足りていたが、

金剛山すぎてから自動販売機がないため、注意が必要。

滝畑バス停にある売店が空いていれば自動販売機が使えるが、

店が休みだったり、遅い時間(夕方5時か6時頃?)になると自販機ごと使用不可。

幸い、湧水があったので、なんとかしのげた。

上ノ太子駅AM6:25着。

用意を整えて、6:28頃スタート!

舗装路を走り、ダイトレ入口には6:47着。

ここから早速、丸太の洗礼が始まる↓

Pa121130

7:31 二上山(目標 +4分)

Pa121139

大体目標通り。

いつもはこの展望台でおにぎりを食べたりするのだが、

今回は時間短縮のためパス。

走れる箇所はできるだけ意識して走る。

Pa121140

7:46 竹内峠(目標 +8分)

Pa121146

展望台をパスしたこともあり、8分程度の貯金。

気温は22℃ぐらい、風あり涼しく感じる。

ゴール時真っ暗になることを前提で行くなら、

花粉もないし、春より秋のほうが個人的にはいい。

Pa121152

8:14 平石峠(目標 +10分)

Pa121156

お腹がすく前に、補給食を。

腰を下ろしてガッツリ休憩すると時間をくってしまうので、

すぐとれる場所にゼリー系の行動食やナッツを用意。

2時間に1度は何かを口に入れるよう心掛けた。

村岡100km完走の翌週は北穂高、

そして今週のダイトレと、りゅうちゃんはかなりハードな日程。

村岡にでていない私と比べ、まだ疲れが残っているようで、

少し遅れ気味。

なんとかゴールまで一緒に行ってほしい!!

「今日リタイアするぐらいなら、明日の6:25にもう一度上ノ太子駅からやり直すからね!」

と意志の強さをアピール(したつもり)。

気力・体力を削ぐかように、

次々と丸太たちが姿をあらわしてくる・・・。

Pa121159

始発できたので前を行く人はほとんどいなかったが、

後ろからトレイルランナー数人に抜かれる。

歩いているおじさんにも、トイレ休憩やら軽食タイムやらの間に、

抜きつ抜かれつ。

ダイトレに来る人は、歩く人も走る人も、

皆、相当速いという印象(笑)。

そして、まだまだ丸太は続く↓

Pa121165

ちなみにトイレは、葛城山手前でキレイな公衆トイレが設置されている。

トイレ設置場所↓

http://www.pref.osaka.jp/attach/15501/00100973/toire_kashozu.pdf#search='http%3A%2F%2Fwww.pref.osaka.jp%2Fattach%2F15501%2F00100973%2Ftoire_kashozu.pdf'

コース上にあって使用しやすいのは、

①スタートの上ノ太子駅

②平石(富高山)公衆トイレ

③葛城山

④金剛山

⑤紀見峠

⑥岩湧山

⑦槙尾山

の7箇所。

10:08 葛城山(目標 -5分)

Pa121170

わずかだが、予定よりも遅れ始めた。

目標では20:00に槙尾山バス停にしているから、

遅れ1時間以内なら最終バスに間に合う計算。

少し、気持ちに余裕を持とう。

葛城山の展望デッキでクリームパンを食べ、小休止。

自販機で購入したキリンレモンの炭酸が、美味しい!

以前到着したときは売店があいていて、

白熊アイスを食べたり、缶ビールを飲んだりしたが、

今回は時間が早かったらしく、あいていなかった。

500mlのスポドリ200円と山プライスではあるが、

自販機は利用可。

ここから下り基調1時間ほどで金剛の水(美味しい湧水)が調達可能、

まだハイドレの中に600ml以上は残っているようだったので、

今回はここでの補給はなしで先へと進む。

葛城山から水越峠までは、かなり急勾配の下り。

段差が急すぎて、走れない。

足場に気を付けて!

Pa121181

Pa121183

10:50 水越峠(目標 -2分)

Pa121188

11:15 金剛の水

Pa121193

この金剛の水は、いつ飲んでも美味しい!

テーブル・椅子も設置されており、

スポーツようかんや柿ピーを食べつつ、しばし休憩。

金剛山までも、もちろん丸太のオンパレード!!

Pa121211

12:20 金剛山(目標 -16分

Dsc_0257

香楠荘内のレストランで食事。

http://tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27067164/dtlrvwlst/4894338/

鴨南蛮そば、季節のご飯つきで980円だっただろうか?

20分入りで50分出発、30分ほど休憩。

眠くなるのでビールはやめておこうと思ったが、

りゅうちゃんの生ビールを一口もらう。

・・・禁断の味、かなり美味しかった(笑)。

前回は、ここでの昼食時間を短縮しようと、

外で持参のおにぎりを食べたのだが。

荷物も増えるし、季節柄、

温かい汁ものを食べた方が、

体力も回復するだろう、ということで。

目標タイムは、おにぎり持参予定のまま設定してしまったが、

今回はここでの昼食を選択。

「あと少しでしっかりしたご飯を食べられる」と思って励みになったし、

次回また全縦にトライするなら、やはりここで昼食タイムをとりたいな、と思う。

(ちなみにモンベルの会員カードを提示すると、5%割引になる)

気持ちを新たに、後半戦スタート!!

紀見峠までは基本的に下り基調ではあるが、

時折おとずれる上りの丸太階段に苦しめられる↓

Pa121227

金剛山で、

「飲料の補給はここで最後になるぞ」というアドバイスをもらったので、

1.5Lのハイドレを水で満タンにし。

冷凍してきた500mlのオレンジジュースにはまだ手を付けていなかったので、

合計2Lで出発したのだが。

特に中葛城山付近、日光を遮るものもなく、思いのほか暑い!!

13:24 中葛城山(目標 -30分)

Pa121229

昼食タイムの30分が、そのまま目標タイムとずれてきた。

いいよいいよ、1時間以内におさまれば。

しかし、暑い!!

水の消費量が増えてきて、少々心配になり始める。

13:46 千早峠(目標 -23分)

Pa121234

快調に走れる区間が増えてくる。

お腹も満たされているし、調子も悪くない。

13:54 神福山(目標 -23分)

Pa121238

まだまだ快調。

14:07 行者杉(目標 -22分)

Pa121240

オレンジジュースが、ちょうどシャーベット状になって、飲み頃に。

日差しが強いのでビタミンがやたら美味しく感じ、

一気に半分ぐらいグビグビ。

重たくてもいいから、今度はもう1本冷凍オレンジもってこようかな。

普通に家で冷蔵庫から出して飲むオレンジジュースとは、

全く別物の味がする(それほど身体全体に沁み渡って美味しい)。

Pa121245

14:30 タンボ山(目標 -23分)

Photo_2

14:42 西ノ行者(目標 -27分)

Pa121251

昼食後2時間ほど経過することもあり、

ウイダーインゼリーを飲んだ記憶。

14:59 山ノ神(目標 -20分)

Pa121258_2

ここまで来れば、紀見峠まではあと少し!!

15:07 紀見峠(目標 -3分)

Photo

山ノ神から紀見峠までは、

フラットな下り坂で、ぶっとばして走れる。

所要時間約8分。

去年の今頃は、山ノ神ですでにグロッキーだったため、

この下り坂を走れなくて歩いたんだっけな。

そのことを忘れて目標設定していたため、

目標タイムからの遅れは、一気に3分差まで縮まった。

もちろん疲れてはいるのだが、

この地点から先に進む機会を与えてもらえて、

嬉しくて仕方ない。

萩往還の宗頭(リタイアした場所)から先の地点に、

「もう一度あの瞬間・あの場所に戻してやり直させてください!!」

と思っているのと同じくらいの心残りが、

この紀見峠の場所にはあったのだ(笑)。

トイレをすませ、旅はいよいよクライマックスへ!!

15:07 ボ谷ノ池(目標 -5分)

Pa121270

ボ谷ノ池から岩湧山三合目までの区間は。

・・・意識が朦朧としてくるぐらいしんどかった(笑)。

「なんとしても全縦リベンジ!!」という思いが今回強かったため、

身体の疲れを気力で補っていたのだが、

この区間は気力だけでは補いきれないぐらいのツラさがあった。

去年の10月最終週、

紀見峠からスタートして槙尾山まで行ったとき、

和尚さんが「これ、使うと少し楽だよ」と、

そのあたりに落ちていた木の枝を差し出してくれたことをふと思い出す。

わらにもすがる思いで、杖になりそうなものを探す。

(↓1本ついて歩いている様子)

Pa121278

少し楽に感じたのでもう1本探し、ダブルストック風に歩く様子↓

Pa121282

16:10 岩湧山三合目(目標  -6分)

Pa121283

気絶するかと思うぐらいしんどかった区間が、

ようやくここで一区切り。

お世話になった杖にもお別れ。

16:43 五ツ辻(目標 -3分) 

Pa121293

まだ丸太の上りがあるものの、

さほどでもない勾配なので、なんとか息もきらさず上がれる。

Pa121298

おおっ、岩湧山直前のトイレが見えてきた!!↓

Pa121302

そして、トイレをすませて岩湧山最後の上りにさしかかったとき。

徐々に沈み始める太陽が、奇跡のような風景をみせてくれた。

17:06 岩湧山(目標 -2分)

Dsc_0262

Dsc_0266

黄金色に輝くススキ野原。

美しすぎる光景に、息をのむ。

なんと形容したらいいのかわからない。

こういう瞬間に立ち会えることを、人生のご褒美というのだろうか。

感慨に浸ってばかりもいられない。

「日没後は水の消費量も抑えられるだろう」

と思いつつも、槙尾山にそのままつっこむには、

水の残量に不安が。

滝畑バス停付近にある売店が閉まる前に到着し、

購入できないものだろうか。

何時かよくわからないが、18:00ぐらいじゃないのか??

日が沈み始めてから暗くなるのは、本当にあっという間↓

Pa121323

ペツルのヘッドライトと、ジェントスのハンドライト併用。

りゅうちゃんが一緒なので、夜道でもさほど恐怖は感じない。

ナイト六甲全縦や萩往還、八ヶ岳の経験も、

プラスに働いているのだろうか。

急いではみるが浮石も多く、

上から不意に蔦のようなものがぶら下がっていたりするので、

とばすと危ない。

「これはもう滝畑での飲料補給はあきらめたほうがいいな」

と思い始めたその時。

かすかな水音が↓

Pa121326

湧水発見!!

コップが備えられている、きっと飲めるはず!!

ハイドレの水は少量ずつしか出ない上に、

意識して節約しながら飲んでいたため、

唇がカピカピになっていた。

もう、のどをならしながらゴクゴク飲んだ。

もちろん、ハイドレも満タンに補給。

ふ~~、助かった!!

18:07 滝畑(目標 -11分)

Pa121328

案の定、売店はあいていなかった。

閉店が18:00だったのか、もともと休みだったのかはわからずじまい。

トイレをすませ、いよいよ最後の難関・槙尾山へと向かう。

18:16 槙尾山入口(目標 -1分)

Pa121332

この入口階段、見落としやすい。

コースロストは精神的にこたえるので、

二人で声をかけあいながらすすむ。

今回、二人とも熊鈴をつけて走ったのもよかったと思う。

ペースがずれて姿を一時的に見失っても、

音でどのぐらいの位置にいるか想像しやすかった。

18:39 ボテ峠(目標 -4分)

Pa121336

ホラー映画のようですが、ボテ峠での様子です(笑)。

あまりの暗さに、笑いがでた(笑)。

ここから番屋峠までの間だったか、

またしてもコップのついている湧水発見、

喉を潤した。

ちなみに、日曜日現在、お腹の調子に全く異変はないので、

ゴクゴクやっても大丈夫な水質かと思われる。

18:50 番屋峠(目標 ±0)

Pa121337

ここで、目標タイムとピッタリに。

槙尾山は、ほかの山と雰囲気が異なり、

山全体から独特のオーラがでているように感じるのは、私だけだろうか?

先日の台風の影響だろうか、

足場がくずれて木を何本かわたして通行するようになっている区間もあり、

かなりの集中力が必要。

19:10 施福寺(目標 ±0)

Pa121339

ついに、施福寺に到着!!

道中、無事に守っていただいたことに、心からのお礼を。

山門を出ると、自販機が。

湧水には随分助けられたが、

文明の味のするものを飲みたくて仕方ない(笑)。

完走賞にりゅうちゃんが買ってくれたアイスカフェオレが、

かなりの美味しさだった。

19:53 槙尾山口バス停(目標 +7分)

Pa121342

ついに、ついに無事ゴール!!

安心したら、一気にお腹がすいてきた。

簡単に着替えをすませ、

21分後、和泉中央行のバスに乗車(330円)。

2013年、残すところあと2ヶ月少々。

今年は萩往還、八ヶ岳スーパートレイルとリタイアが続き。

「どうしてもっとあの時・・・、本当に、もうやれなかったのか??」と、

自分を責めたくもなり、

自信をなくすようでもあり。

頑張ってゴールまでたどりつきたい、という欲求を、

今回のこのダイトレ全縦への挑戦で満たすことができて、

本当によかったと思う。

「まだまだ、まだまだやれる!!」と実感できたし、

頑張った自分を、素直にほめてやりたい。

そしてそして、いつも応援してくださっている皆さん、

一緒に走ってくれたりゅうちゃん、本当にありがとうございました。

これからも、精一杯苦しみ、楽しみ、頑張ります!

« 上高地~涸沢~北穂高往復 | トップページ | 30kmペース走 »

練習会」カテゴリの記事

コメント

お疲れ~
よう頑張ったな
下りも速くなったから
ついて行くのが精一杯やったわ
これからもお手柔らかに頼むよ(^-^)v

>りゅうちゃん

こんなことができるようになったのも、
いつもりゅうちゃんが励まして一緒に走ってくれるおかげだよ
いつもどうもありがとう

こちらこそ、これからもお手柔らかにお願いします(^^)

お疲れさん、そしておめでとう。
なんか、一つ超えた感があるんと違いますか。
読んでて少しウルウルしそうやった。(仕事中)
トレイルはもうじゅんちゃんにはかないません。(泣き)
あと勝てるのは・・・?

>亀オヤジさん

ありがとうございます!!

去年の今頃、初めてダイトレ全縦に挑戦し、
設定した目標タイムからどんどん遅れてくることに焦り、
頭痛もしはじめ、「自分にはダイトレ全縦はムリなんだ」と、
かなり凹んだことを思い出します。

大会のように完走証はでないですが、
自分にとっては大きな大会であり、挑戦でした。
無事最終関門(バス)に間にあって、ほんと嬉しかったです。

亀オヤジさんには、ランナーとしての資質、
楽しみ方などなど、一生かないませんよ!!
これからもよろしくお願いします(^^)

遅ればせながらですいません

じゅっくり読みましたよ~~感動!!

全縦おめでとうございます 流石ですね~~
いつもいつもじゅんこさんの精神力には頭下がります
とても真似できません

ボクもいつの日か黄金色に輝くススキ野原みて全縦できるよう頑張ります

お疲れの中打上げ乱入して申し訳ございませんでしたm(_ _)m

本当にお疲れ様でした!!

>とおたん

やっと読んでくれたんだね~(嬉)

精神力なんてとんでもない、
元気な足を残したままリタイアもしてしまったし、
まだまだ修行&根性が足りません・・・(:_;)

それでも、去年の今頃はできなかったことが、
今年はできた、ということが嬉しかったです。

その日の感動を、そのまま夜聞いてもらえたことも嬉しかったです、
わざわざ寄ってくれてどうもありがとう。
奥さんにもよろしくお伝えください。

まずは足をしっかり回復させて、
またいろんなところに遠足ラン行きましょう!!


今晩は~~~
じゅんこさん すご~~い めっちゃすごくなってますね~

私は相変わらずですわ~~ 四万十川に応援とビール呑みにいってましたわ~~~
(苦笑!!)

大阪マラソンはボランティアします~~

>たけしたさん

ほんと、いつの間にかこんなことができるようになってますね、
そう思うとすごいですよね(笑)。
りゅうちゃんやみんなのおかげです。

体力や足の回復に時間がかかったり、
調子の悪い日は全然ダメだったりと波もあるのですが、
末永く、楽しみながら走れることが目標です。

大阪マラソンの日は、ちょっと遠方に出かけるので、
参加される皆さんに、応援電波とばさせてもらいます( ^-^ )

ほんまやねぇ~~~~
まだまだいけますよ。
この調子なら 四万十川ウルトラなら 女子入賞間違い無しや~~~
わたしなんか ダイトレ半分しかいかれへんし
最近は六甲も半分しかいかれへんようになってもうてん~~(苦笑!!)

ちょっとした事情で読むのが遅くなりました
いつもの頑張り屋さんのじゅんこさんの挑戦は
ストイックで私は好きですね

挑戦と挫折の繰り返しが人を強くしていくものやと
これを読んでいると改めて思います
村岡で燃え尽き気味の私には刺激になりました
次の挑戦が楽しみです

>王子さん

ご結婚、おめでとうございます!!
ブログ拝見してお祝いコメントを入れようと思いつつ、
遅くなってすみません m(_ _)m

少しずつでも、強くなれてるんですかね。
そんな風に言っていただけると、とても嬉しいです。
これからも、楽しみ・苦しみながら、頑張りますね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/53585119

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・ダイトレ全縦達成!!:

« 上高地~涸沢~北穂高往復 | トップページ | 30kmペース走 »