新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 白山(砂防新道~チブリ尾根) | トップページ | 祝・ダイトレ全縦達成!! »

2013年10月13日 (日)

上高地~涸沢~北穂高往復

2013年10月5日(土)。

金曜日の夜大阪を出発、上高地のケビンに荷物を預け、

涸沢の紅葉を楽しみ、できれば北穂高に登頂してまた上高地に戻ってこよう、

というプラン。

10/5、AM4時頃沢渡駐車場に到着。

1人1200円のバスで上高地まで移動する予定だったが、

人数が集まるとジャンボタクシーを借り切った方がお得だったので、

ジャンボタクシーに乗車↓

Dsc_0188

http://www.s-meitaku.co.jp/fixed_fares_in_kamikochi.html

5:25 ケビン受付到着↓

Dsc_0189

炊事セットや布団などが整っているケビンを、

末ちゃんがあらかじめ予約しておいてくれた。

どうもありがとう!!

食材やビールなどを手分けして運ぶ。

ここに宿をとっておければ、

下山時間の融通がきくのでありがたい。

支度を整え、AM5:52に出発。

この日は雨の予報だったけど、

幸いにしてはずれ、たまに青空が広がることもあった。

Dsc_0201

紅葉する木の種類が、

普段みなれているカエデ科のものとは違っているようで。

後ろに広がる岩肌の質感と相まって、

なんともいえない絶景ぶりに興奮。

Dsc_0206

↓涸沢到着前、シュークリームで一休み

Dsc_0209

「つぶれるかな?」と思いつつリュックに入れてきたけど、

気圧の関係で風船みたいにパンパン、いいエアクッションになっていた。

美味しい!!

一瞬の青空にも癒される↓

Dsc_0210

すごい色合い!!

Dsc_0213

涸沢ヒュッテ出発し、北穂高に向かう途上。

後ろに小さく映っているテントの数、

この時はまだそんなに多くなかったけど、

下山してきたときにはかなり数が増えてて驚いた。

↓10:02撮影時

Dsc_0218

勾配キツく、結構しんどい(笑)↓

Dsc_0220

神秘的!!

Dsc_0221

Dsc_0222

Dsc_0228

テントの数が増えてます↓

Dsc_0231

Dsc_0232

17:35、ケビンに到着。

入浴は500円で、すぐそばの大浴場(?)へ。

翌日の上高地の様子↓

Dsc_0243

シーズンということもあり、一般登山客もかなり多かった。

涸沢ヒュッテ宿泊は、混雑時は1組の布団に3人寝ることもあるという。

(周囲にいた人たちの話)

ここに限らず、シーズン中の山小屋は、こういったことはざらにあるそうだ。

それを避けるためにテント泊にしたり、

我々のように上高地まで戻ってからケビン宿泊、という選択肢も。

皆が念入りに下調べしてくれたおかげで、

暖房のきいた部屋で、あたたかい布団にくるまってゆっくり眠ることができた。

本当にありがとう!!

« 白山(砂防新道~チブリ尾根) | トップページ | 祝・ダイトレ全縦達成!! »

旅ラン」カテゴリの記事

コメント

以前に一度コメントしたことがあります。
良いですねぇ~私もこんなことがしてみたいです!!

じゅんこさんのようにタフになって走りたいなぁ。

いい仲間がいるんが最高ですね。
これからも元気に走って下さいね!

〉リハビリランナーさん

ありがとうございます、
仲間の存在に、いつも助けられています。

今でこそ、こんな風に毎週末のように出かけてますが、
最初は700mの周回コースばかり何周も何周も走ってました。

できることから一つづつ、
が今も昔もモットーです。
これからも頑張りますね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/53584978

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地~涸沢~北穂高往復:

« 白山(砂防新道~チブリ尾根) | トップページ | 祝・ダイトレ全縦達成!! »