新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 2014 萩往還マラニック 250kmの部 完踏記 前編 | トップページ | 第5中足骨基部骨折(だいごちゅうそくこつきぶこっせつ) »

2014年5月11日 (日)

2014 萩往還マラニック 250kmの部 完踏記 後編

宗頭文化センター到着後、まずは荷物を受け取る。

記帳をすませ、1階の食堂へ。

あたたかいお味噌汁、

おにぎり2個とおかずが少々入ったパック、

バナナが用意されている。

あまり食欲がなかったので、おにぎりのパックは辞退し、

りゅうちゃんと1パックを分け合って食べる。

(あとから思えば、このおにぎりの残りは、お弁当として持ち出すべきだった)

(↓興奮が冷めやらず、険しい顔つき(笑))

P5030236

「とりあえず寝床を確保しよう」と、2階の仮眠所へ向かったところ。

廊下まであふれた人・人・人・・・。

中へ入ってみると、空いている布団がない。

仕方なく、1階の食堂の片隅で寝かせてもらおう、ということに。

なぜだか、去年より断然混んでいる。

1階も人であふれかえっているので、

身体を横たえるスペースを確保するのも一苦労だった。

この後のコースは、明るいライトなしでは進めないぐらい暗いそうなので、

ヘッドライトの電池交換は必須。

電池交換完了。

お風呂は、湯冷めしそうなのでパス。

当初は、5分丈タイツのままで出発しようと思っていたが、

「明け方に向けての寒さが、半端でないらしい」という周囲の会話を耳にした。

下着とタイツの交換のみ、お風呂場の脱衣所で行う。

もう、余計は動作は一切せず、

すぐさま身体を横たえる。

出発予定は、1:00。

去年のりゅうちゃんの実績から、この時間に宗頭を出発すれば、

18:00ゴールに間に合うだろうという計算。

2時間は眠れるだろうか?

・・・寒い、あちこちで大きな話し声、眠れない。

2階から毛布を借りてくればよかったのだが、

気が回らなかった。

ふと時計を見ると、0:04。

りゅうちゃんに、

「早めに出発しない?」と声をかける。

やはり熟睡できず横になっていただけのようで、

すぐに反応が返ってくる。

「・・・じゃあ、0:30出発にしよう」。

0:30、記帳をすませ、宗頭再出発。

去年のように、「絶対宗頭で○時間寝る」と思い込んでいたら、

この状況はショックでたまらなかったと思う。

状況によって、臨機応変に判断を変更できることも、

完踏に向けての大切な要素だな、と思った。

1:10 藤井商店(去年1:40) 179.0km

P5040240

宗頭をでて3kmほどで藤井商店。

起きて動き出してみると・・・、まずい、お腹がすいてきた。

宗頭に入るまではあまり食欲がなかったものだから、

ほとんど食料を持たずに出発してしまった。

宗頭には、何か食料を預けておいて、

その時は食欲がなくても、持って出るべし!!

(実は預けておいたのに、

「いらんよな」となぜだか思い込んで、置いてきてしまった・・・。)

藤井商店の自販機で、

少しでも腹の足しになれば、という思いもあり、

ホットミルクティーをりゅうちゃんと分け合って飲む。

判断力の低下がすすんでいるな、という自覚がある。

それでも、ようやくここから先に挑戦する機会が与えられ、嬉しい。

出発時間を0:30に早めたのは正解だったようだ。

0:30に出発すれば余裕をもってゴールできる、という定説があるようで、

たくさんの人が出発していた。

この先、迷いやすいコースらしいので、

周囲にたくさん人がいるのは心強い。

うっそうとした林の中のような上り坂を進む。

「しばらくいけば車道にでるから」と、りゅうちゃん。

先の目処を教えてもらえて、助かる。

歩きながら寝ているような感覚。

いかんいかんと目を見開くと、

なぜだか平仮名の「と」という文字が、無数に宙に浮かんでいる・・・。

「あぁ、これが幻覚っていうやつか」。

「あまりに疲れてくると、ただの木の切り株が人に見えてくる」

とか、色んな話を聞いていたが、体験したのは初めてだ。

「なんで『と』やねん(笑)、左から右へ流れてるのも意味わからん」

と、もう一度目を閉じて開いてみると。

さらに「と」が増えている。

「う~ん、ほんとはこういう岩が、人の顔に見えたりするんじゃないの?」

と、右手の岩に目をやると、

ほんとに人の顔がうめいているように見えてきた。

「うえっ、気持ちわる、『と』のほうがまだいいわ」

などとくだらないことを考えているうちに、

幻覚たちは徐々に消えていった・・・。

そして、車道に出て、かけくだること数十分。

2:31

Dsc_0759

私設エイドらしき車を発見!

温かい飲み物を提供していただけるようだ。

ふと見ると、手作りおにぎりが3個おいてある。

・・・数が少ないし、自分たちで食べようと思って、おいておられるのかな?

いいや、ダメもとで聞いてみよう。

「あの~、このおにぎりは、いただいてもいいんでしょうか?」。

「あー、いいですよ!お腹、すいてます?よかったらカップめんもありますけど」

「えっ!!!!いいんですか!?」

地獄に仏のような私設エイドでした(笑)。

本当にありがとうございます。

去年は3人とも、ランナーとして参加されていたそうです。

ミニかっぷうどんが、本当に美味しかった・・・。

「食べ終わって、これが幻覚でなくてよかったです」と大笑い、

元気に先へと歩を進めることができた。

こうした私設エイドの方々、

準備不足だった区間、

下を向いてしまいたくなるほど気分の落ち込んでいた時、

本当に助けていただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。

3:05 三見駅(去年3:37) 188.1km

P5040249

「もしかしたら三見駅で食べ物があったかもしれない」

というりゅうちゃんの言葉。

ありました、ありました!!

パンやバナナ、ホッカイロ、あたたかいコーヒーなど。

P5040250

奥で仮眠もできるようになっていた。

スペースは限らているようだけど、

宗頭よりはゆっくり寝れそうな雰囲気。

ムリに宗頭で寝なくても、進んだ先々で仮眠できそう。

4:42 玉江駅 195.0km

P5040254

うっすらと夜が明け始めた。

玉江駅までに、かなり睡魔に襲われはじめたので、

10分ほど仮眠をしていくことに。

マットが敷いてある部分はいっぱいだったので、

コンクリートの床に直接寝る。

夜間から明け方にかけて、相当な寒さだったが、

雨も降ってないし、体を横たえて風さえしのげれば十分だ。

宗頭を出るときにロングタイツに履き替えておいたのは正解だった。

5:04

Dsc_0762

おととし、140kmのコースを走ったときと同じコースにでてきた!!

気持ちも明るくなってきた。

5:34 浜崎緑地公園(去年5:58) 198.0km

P5040259

ここのチェックポイントも見落としやすいので要注意!

歩道のところに、緑色ののぼりが設置されていた。

「実はここまでにチェックもれしちゃってて、とりあえずゴールまではいくよ」

「また~~!!そんなことして~!!」

という、男性数人の明るい声のやりとりが聞こえてきた。

あぁ、やっぱりそういうことがあるのね・・・。

最後まで気を抜かず、頑張らないと!!

宗頭に向かって歩いていた際、

特に何をしたというわけでもないが、

急に右足親指の下側というか、付け根というか。

その部分がつったような感じになって。

しばらくだましだましきていたが、

急に激痛になって襲ってくる。

ロキソニンと胃薬も飲んでみたが、どうにもおさまらない。

リタイアする気はさらさらないが、この痛さは、どうしたらいいんだろう??

この区間、何時間も痛みがおさまらない・・・。

口に出すと負の要素に支配されそうなので、

とにかく耐えて進む。

痛さで、顔がゆがむ。

先行している、チサルシスターズと遭遇。

すれ違いゾーンにはいってくると、

先行している走友と声援をかわせるのも、ここのゾーンのいいところ。

このお二人、明るいテンションを保ちながら、

去年も二人そろって完踏された。

飄々とした雰囲気なのに、すばらしい根性の持ち主。

「どう?完踏できそうやんな?」

と声をかけられ。

「実は、足がやばいぐらい痛くて・・・」と深刻な顔で答えたところ。

「あ、大丈夫大丈夫!そんなん、みんなやから!!」

と、こともなげに答えが返ってきた。

あ、そうか。

こういうのも、みんな耐えてるうちのひとつなんだ。

しんどいと、痛みがある箇所、

そっちにばかり意識がいってしまうのだ、ほんとに。

それが、どうしようもないぐらい大きな問題のように感じてきて。

あわや、「あきらめないと仕方ないのでは?」

という思考になってしまうかもしれなかった・・・。

一笑に付してもらえたのには、かなり救われた。

7:04 虎ヶ崎(去年7:45) 206.9km

P5040267

ここのカレー、スパイスがきいてて、一番好き。

ここでもビールはガマン・ガマン!!

他の人の完走記で、ここに仮眠スペースが少しあると知っていたので、

できたらここで10分ほど休憩したかった。

最初に確認したときはいっぱいだった仮眠スペース、

食べ終わってから行ってみると、空いていた。

りゅうちゃんと二人、目覚ましをセットして横になる。

ここでの休憩は、よかった!!

何十時間もたちっぱなし・走りっぱなしだと、

血流の問題で足が痛くなる、ということもあるのだろうか?

横になったことにより、右足親指の付け根の痛みが、

痛みながらも、それほど気にならないレベルにまでおさまっていた。

ありがたい!!

虎ヶ崎を後にし、少ししたところで、

はちみつ屋さんとAちゃんが応援にきてくれていた!

P5040270

またしても私、誰だかわからずスルー・・・、

ほんとすみません。

嬉しい。

気持ちが、明るくなってくる。

時間も早朝、残す距離も40km弱。

普段の週末にでかけている練習会と、かわらない。

ようやく、まともな距離&時間のカウントダウンに入ってきた!!

8:17

P5040273

末ちゃん・とおたん・ミカンさんと遭遇!!

「時間的に会えたらラッキーだし、会えなかったら仕方ない」

というつもりだった。

時間をあわせようとしたら、

それによって自分がスタミナ切れをおこしそうで、こわかったから・・・。

不意に目の前にあらわれた姿をみて、

懐かしいような、なんともいえない気持ちでいっぱいになった。

みんな、頑張ってるんだね。

どんどん、140kmの人や250kmの人とすれ違う。

「お疲れさま~!」

「ファイト~~!!」

声を出すことで、自分にも力が湧いてくるようだ。

気持ちがどんどん上向いてきて、ペースも上がる。

フラットな舗装路を、走る・走る。

千畳敷の激坂をフーフー言いながら登っているとき、

きれいな姿勢で前方を歩いている女性がいた。

余裕がありそうで、うらやましかった。

その人の後姿が、見えた。

両足を着地するたびに痛みが走るのだろうか、

そろそろと歩く姿。

あぁ、今、痛みのピークなんだね。

・・・頑張って!!

どんなに走力のある人でも、

精神的に安定している区間もあればそうでない区間もあり、

痛みがでたり、おさまったり。

長丁場だけに、そんなことの繰り返しなのだと思う。

9:06 東光寺(去年9:30) 215.2km

P5040279

着いた、東光寺!!!

ここに10:00までに着けば安全圏、という話を聞いたことがあり。

「えっ、もう東光寺??」と思って時計を見ると、

なんとまだ9時をまわったところだった。

う、うれしい!!!

9:23 陶芸の森(去年9:42) 216.1km

P5040281

さらに嬉しい誤算、

東光寺から陶芸の森まではかなり遠いと思っていたら、

上り坂とはいえ、たった1kmほどだった。

これで、すべてのチェックがそろった!!

さぁ、あとは瑠璃光寺に帰るだけ・・・!!

萩往還道では、水分の補給が難しくなると思い、

事前にコンビニで水分を調達することに。

腰をおろし、シューズを脱ぎ。

右足の痛む箇所にエアーサロンパスをふきかけようとしたところ。

足首をみると、なんだか布がかさなってる??

・・・なんと、宗頭でロングタイツをはくとき、

ゲイター(ふくらはぎカバー?)をはずすのを忘れ、

重ね履きしてしまっていたようだ・・・。

道理で暑いと思ったわ。

ロングタイツを膝までひきあげ、

ゲイターをおろしたまではいいが。

足が太いのとむくんでいるのとで、ロングタイツをなかなか下ろせない。

血がとまるかと思った・・・。

りゅうちゃんと二人で思い切りひっぱり、やっとこさ元にもどせた。

気を取り直して再出発。

ゴールから約30km手前ぐらいになると、

70kmの部の人たちともすれ違うようになり。

たくさんの声援をいただける。

「おかえり~!!」

・・・えっ・・・。

帰って、これたの??

不意に耳に入ってきたその言葉に、動揺してしまった。

そうか。

もう、時間的にもかなり余裕がある。

よほどのことがない限り、大丈夫なんだ。

私、帰ってこれたんだ・・・!!!

うどんひっくり返したり、

ゲイター脱ぎ忘れてたり、

自分でもビックリするような失敗を繰り返してしまっていて。

「ゴールまで、気を抜かずに、頑張らなきゃ、頑張らなきゃ」

と思っていた緊張の糸が、ふっとゆるんだ。

これまでの痛かったこと、辛かったことが思い起こされてきて、

涙がこぼれた。

「まだあと30kmもあるんだから」と思いつつも、

次々あふれて、止まらない。

ありがとう、ありがとう。

10_33

(10:30にしてフライング号泣・・・、りゅうちゃん笑いながら撮影(笑))

10:57 萩往還道入口

P5040286

P5040288

11:18

P5040289

11:37 明木エイド(去年12:07) 226.4km

Cut2014_0506_1113_35

またしても激暑。

首に水をかけたり、アームカバーを水で濡らしたりしながら進む。

りゅうちゃんは眠くてたまらないらしく、

萩往還道でも、フラフラ・・・。

田んぼにおちるんじゃないかと思い、ハラハラ。

「りゅうちゃん、しっかりして!!あんまりそっちに寄ったら、落ちるよ!」

叫んでいると、70㎞の部の男の子が、

「あぁ~、250㎞の部は、あんな姿になるのか~」

というような顔でこちらを見ている(笑)。

そうそう、140㎞の部の時は、250㎞の人を見て、

「なんて大変そうなんだ」と思ったものだ。

13:00 かき氷エイド

Cut2014_0511_0940_14

車道には、私設エイドの方々が!

「かき氷が食べたいな」とりゅうちゃんと話していたら、

なんと、家庭用のかき氷器でかき氷を作ってくれているエイドが!!

バヤリースオレンジをたっぷりかけて、いただきま~す!!

そうめんも、おいしくいただきました。

13:25

Cut2014_0511_0942_19

舗装路の合間合間に、こんな場所が。

舗装路よりも足裏への刺激がやさしくなり、ありがたい。

13:51 佐々並エイド(去年14:19) 236.3km

Dsc_0766_2

楽しみにしていた豆腐、あった、あった!!

しっかりとした木綿豆腐。

「ここまで帰ってこれたんだな」と、感慨深い。

あと14km。

身体がかなり左に傾いた男性がいて、

ゴールに間に合うかどうかを気にされていた。

ここからなら、歩き続けても、2時間半もあればゴールできる。

そう、しんどいけど、

ここまでくれば、ゴールまであと少し!!!

15:28 板堂峠登り口(去年16:09)

P5040307

 

16:11 往還道終了

 

 

Dsc_0769

 

りゅうちゃんは、足裏のマメが痛いらしく、スピードがあがらず。

用意したロキソニンはもう底をついてしまったため、

痛みに耐えてもらうしかない。

仮眠の時は、寝過ごさないよう神経を使いながら目覚ましをセットしてくれ。

身体を横たえながらも、熟睡することはできず。

ともに笑い、苦しみ、サポートし続けてくれたりゅうちゃんには、

感謝してもしきれない。

16:39 瑠璃光寺ゴール(去年17:13) 250.6km

Cut2014_0506_1947_18

P5040318

10153042_687266631311179_5858552546

Securedownload

チームメイトもそろって完踏!!

ふかちゃんからのお手製完走証にも、感激!!

1年間思い描き続けてきた250㎞のゴールテープを、

とうとう切ることができました・・・。

必死に前へ前へ進もうと、懸命に努力を続ける周囲のランナー。

報酬度外視で応援・食糧などを提供してくださった方々。

遠方から応援に来てくれたチームメイトのみんな。

コース上で知り合った、たくさんの方々。

そして、ともに250㎞を進んでくれたりゅうちゃん。

私の足でゴールはしましたが、

たくさんの人に支えられてのゴールでした。

一生忘れることのできない思い出・宝物です。

一週間経過した今でも、まだあの時の興奮の中にいるような、

夢からさめないような・・・。

強烈なインパクトのある大会でした。

本当に、ありがとうございました。

« 2014 萩往還マラニック 250kmの部 完踏記 前編 | トップページ | 第5中足骨基部骨折(だいごちゅうそくこつきぶこっせつ) »

ウルトラマラソン(100km以外)出場記録」カテゴリの記事

コメント

完踏、ほんとおめでとうごじゃります。
レポートを読んでいると、ryujiさん、じじさんと初めてゴールした大会を思い出しました。
ナイスファイトです!
ゴールした時の達成感が半端じゃないですよね。
ゴールの笑顔、最高です。

ほんまにおめでとうございます!
ブログ読んでてもらい泣きしましたょ~良かった良かったです♪
この一年の悔しさ、戦いに向けての練習はずぅぅ~と見守っていましたからね♪
姉妹もこれで萩往還は卒業と言いながら来年は宗頭で寝らんと三見とか玉江で寝るほうがええなぁ~って、ちゃうちゃうもう行かへんのやったやん!の繰返し…
萩往還は不思議な大会ですわ~
またどこかの大会でお会いできる事、楽しみにしています(^-^)
ちなみにメガネもちゃんと見つかり送って頂きました(^-^)v
じゅんこちゃん、これからもお二人のペアラン応援しますね♪

はじめまして、いつもブログ読ませていただいており、感動しております。私も今年萩往還140kmに参加していました。じゅんこさんのブログをみると、かき氷の手前ぐらいで、抜いたような感じです。(笑)
これからも、頑張ってください。ブログ楽しみにしております。
ps、私も大阪に在住しておりますので、お会いする機会がありましたら、お声がけさせていただきます。よろしくお願いいたします。

>かねやんさん

ありがとうございます!!
我ながら、よく頑張りました(笑)。

「達成感が半端じゃない」、
以前、かねやんさんからこのフレーズをお聞きして、
「どんな感じになるのかな」と色々思い描いていました・・・。

ほんと、こみ上げてくる感情が、
半端でなかったです(笑)。

かねやんさんとじじさんと3人で走った初めての萩往還、
りゅうちゃんにとっても思い出深いらしく、
今回も色んな場所で「ここでかねやんさんとじじさんと3人で・・・」という話をききました。

一休みして、これからもいろんなことに挑戦していきたいです!

>チサルさん

メガネ、よかったですね~~!!!
りゅうちゃんと、「おぉっ、見つかったんや!」と喜んでいました。

コース上で、お二人の姿にすれ違うたび、
何度も励まされました。
ありがとうございました。
完踏のご報告ができて、ほんとによかったです。

来年も参加されるようで・・・、
これまたりゅうちゃんと大笑い(笑)。

私たちも、元気シスターズの活躍を、かげながら応援しています!!
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

>treeredさん

コメント、ありがとうございます!
萩往還、色んな距離の選手がすれ違い、声をかけあい。
独特かつ魅力あふれた大会だな、と、今回強く思いました。

辛かったことも、ゴール手前ではすべて喜びに昇華されてしまうような・・・。
独り言のようなブログですが、楽しみと言っていただけると嬉しいです。
ありがとうございます。

見かけたら、声をかけてやってください!

じゅんこさん おめでとうございます~~~
今回は 冷静でしたね~~
笑顔もいいなぁ~~~~

お疲れ様でした そして リベンジ達成
おめでとうございます!

今回は重ね履きやうどんなど またまたいろいろあったみたいですが
それも じゅんこさんらしくていいですね
1年間悔しさを維持するって すごいことやと思います
私は 出たとこ勝負するタイプなので創意工夫は苦手です(笑)

次の目標 期待しときますね
まずは 頑張った体を労わってあげて下さい
おふたりの完踏記を読んで 私も次に控える長距離大会
きっちり走り 歩きしてきます

>たけしたさん

ありがとうございます。
毎回、走ってる最中は冷静なつもりなんですけどね・・・。

>王子さん

ありがとうございます、ついにやりました!!

今回は初めての生理でない萩だったので、
荷物の段取りとか、体調面とか前回・前々回よりも気楽でした。

ガスター10の粉バージョン、すごく効きましたよ!
体質にあう・あわないもあるかもしれないので、
あまり気軽には勧められないですが・・・。
終盤まで元気に飲食できるありがたさを、今回ひしひしと感じました。

王子さんも、マラニック大会、楽しんできてくださいね!

改めておめでとうございます。
じっくり読んで、その過酷さ、達成感の素晴らしさ、応援の力、
身にしみて感動しました。
今回は監督を引っ張るほどのファイトぶり、お見事でしたね!
しばらくのんびりしてください。

良い刺激頂きました。
僕も夏に向けて頑張りバリバリます。

>ocさん

ありがとうございます!!
「私には関係ない大会」だと、数年前まで思っていた萩往還250km。

完踏した今となっては、
「一生に一度の、素晴らしい体験」だったと思います。
数年後にまたチャレンジしようという気持ちになるのかもしれませんが・・・、現在のところ未定です。

目標とする大会に向けての事前調整、
完走するという強い気持ち。
とても大切なんだな、と実感しました。
お互い、夏も頑張りバリバリましょうね(笑)!!


完踏おめでとうございます!
共に地獄味わったことで家族みたくチサルの次の妹に任命します❗️三姉妹の誕生です❗️❗️
ロッキー奪いとりゴメンちゃいでした(^^;;
「と」の幻覚!腹かかえ笑えましたよ
友人らのリクエストでブログ再開しました。また見て下さいませ。
「レース前にいつも故障」袋姫
お疲れ様でした

>袋姫さん

お疲れ様でした~~!!
妹任命、ありがとうございます(笑)!!

いえいえ、お分けできるロッキーがあってよかったです、
りゅうちゃんのマメは、
痛そうにしてる割に全然たいしたことなさそうでした(笑)
ので、ご心配なく!

「と」は、ほんとに奇妙な体験でした。
あんなことあるんですねぇ(笑)。
ブログ、また拝見しますね、今後ともよろしくお願いします(^^)

完踏おめでとうございます!!!

流石じゅんこさん お見事なリベンジですね!!
いつもいつもじゅんこさんの精神力には頭下がります

新幹線の手配とか色々有難う御座いました

お疲れ様でした!!

完踏おめでとうございます。  私たちも遅れること 数時間、なんとか 初の250を制限時間内に 完踏することができました。 

過去のじゅんこさんのブログを参考にさせて頂き 少しでもランナーの生の情報を持っていたことが 好結果に結びついたと思います。

萩往還は 初めての事 いっぱいで 本当に楽しい大会でした。 (走ってる時は辛い時間帯も 多々ありましたが)  来年も参加する予定です。   どこかの大会でお会いできるのを 楽しみにしております。 

>とおたん

また、忘れられない思い出が増えたね(^^)
しばらく走れないけど、あんまり差をつけんといてや(笑)

>ムーさん

140㎞からストレートで、すごいですね!!
完踏、おめでとうございます(^^)
ブログ、何かのお役に立てたとしたら、うれしいです。
ありがとうございます。

実は昨日、葛城山で足をひねった際に骨折してしまい、
しばらくランオフになりますが、また復活した暁には!!
どちらかの大会でお会いできるのを、楽しみにしていますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/56113912

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 萩往還マラニック 250kmの部 完踏記 後編:

« 2014 萩往還マラニック 250kmの部 完踏記 前編 | トップページ | 第5中足骨基部骨折(だいごちゅうそくこつきぶこっせつ) »