新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 骨折2日目 5月19日(月)出社編 | トップページ | 骨折10日間をふりかえって »

2014年5月26日 (月)

骨折2日目~3日目 通勤の不自由さ編

2日目 5/19(月)

いよいよ、初めての松葉杖&バス帰宅。

17:30定時退社、バスは17:51発。

普段は徒歩10分程度の道のりだけど、

発車間際に到着。

乗り込んですぐの場所に座っていた、中年女性と目が合った。

「あなた、ここ、座りなさい!」と、

さっと立ち上がって誘導してくださった・・・。

一般交通機関で、席を譲ってもらったのは、初めての経験。

気分的にも体力的にも相当疲労していたので、

とてもとても、ありがたかった。

3日目 5/20(火)

バスで出勤。

バス停までは、自宅から徒歩で5分程度。

万一乗り遅れたら・・・、本数が少ないので、

タクシーで行くしかなくなってしまう。

早めに家を出る。

早くついたらついたで。

バス停にベンチがないことが、こんなに不便なことだとは。

右足だけで立ち続けるというのが思いのほかキツく。

申し訳なく思いつつも、

すぐ後ろにある段差に腰掛けさせてもらった。

本来座るべき場所でない場所に座ってバスを待つというのは、

なんとも心苦しい。

バスが、バス停に到着。乗り込む。

乗った直後、座っていた女性を目があう。

「あっ、この人、松葉杖だ!席かわったほうがいいのかな」

という一瞬の表情が・・・、想像ではあるけど、見て取れた。

後ろから乗ってくる人も数人いたので、

そこで立ち止まるという選択肢もなく。

運転手側に、松葉杖で進んでいく。

初めて出勤にバスをつかったが、とても混んでいる。

立ったまま、バス発車。

揺れる・・・、つらい・・・。

元気なはずの右足も、前日から酷使していて、

痛くてたまらない。

むしろ、折れてるはずの左足より痛い。

「あぁ・・・、誰か気づいて席変わってくれへんやろか・・・。

いや、違う違う。

いつから人の親切をねだるような、あさましい人間になったんだ??

しっかりしないと・・・。

こんなことで、1ヶ月、松葉杖生活できると思ってんのか・・・??」

と、自問自答。

ついつい、優先座席で居眠りしている男性や、

すぐ目の前の座席で、

レースの編み物に夢中になっている若い女性に目をやってしまう。

身体はもちろん、自分のそんな心の動きが、つらかった。

会社の最寄り駅までは、バスで約20分。

あと5分少々で到着か、という頃になって、

レース編みをしていた女性の席が空き、座ることができた。

・・・心底ほっとした。

この日は、昼から雨の予報。

帰りは、自宅の1つ前の停留所でバスを降りて、

整形外科に行く予定になっていた。

松葉杖で、雨。

カッパを着て、帽子をかぶるしかないだろうな。

会社から出たときには、すでに小雨が降っていた。

カッパは暑いけど、仕方ない。

会社から近いバス停には、ベンチがあって、

それに座りたかったので、早めに進むよう、頑張る。

バス停到着、すでにベンチはいっぱい。

5人ぐらいだったか?腰掛けていて、

さらに1人立っている。

バスがくるまでは、10分少々。

立っている人の後ろに並ぶ。

あぁ・・・、もしまたバスで座れなかったら・・・、

ここで10分頑張って立ちっぱなしで、

その後、20分も片足で揺られるって、耐えられるんだろうか・・・??

バスで地べたに座り込むぐらいなら、

この街中で座ってたほうがマシじゃないか??

意を決して、両膝を地面につく。

少し楽になった。

かっこ悪いけど、もう、しんどすぎてそんなこと言ってられない。

そのまま、バス待ち行列の誰とも目をあわさず、

道路側をむいてフリーズ。

こういうときって、骨折してる人たちは、どうしてるんだろう?

先に並んでるベンチの人に、

「譲ってもらえませんか?」って、自分からお願いするんだろうか・・・?

とか考えながら。

あと3分ぐらいでバスが来る、という頃に、

ベンチに座って本を読んでいた若い女性が、

「よかったら座ってください」と声をかけてくれた。

私自身は、電車やバスですぐ席を譲るタイプの人間で。

「あと1駅だし、いいよ」と年配の人に断られたら、

「あ、そうですか?」と、普通に座りなおしたりすることもある。

「席を譲って断られるって、恥ずかしくないの?」

といわれることもあるが、

断られたら断られたで、声をかけなかったよりマシかな、と解釈している。

そこは別に恥ずかしがる必要はないかな、と。

でも、世の中、色んな人がいるんだな、と、今回のことで強く思った。

その若い女性は、本当に意を決して声をかけてくれたんだな、

というのが伝わってきた・・・。

「どうしよう、どうしよう」って、かなりの葛藤があったんだろな・・・。

笑顔で「どうもありがとうございます」とお礼を言って、

ありがたく座らせてもらった。

バスも、幸い、座ることができた。

整形外科に、無事到着。

2回目の診察。

診察の様子は、また別途・・・。

« 骨折2日目 5月19日(月)出社編 | トップページ | 骨折10日間をふりかえって »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

じゅんこさん、ジョグノでは、いつもお世話になってます。ブログ、こっそり読んで応援してたんですが、骨折から派生する様々な不自由さを読んで、いろいろと考えさせられました。 難しいことは、しんどい時には疲れさせてしまうので、ひとつだけ☆ 『人間は習慣で出来ている』と、誰か言っていました。今のしんどい状況の中でも、じゅんこさんが少しでも楽に生活できる、習慣やライフスタイルが出来ますように。 治癒までの期間限定楽々生活習慣☆ あ、もう出来てましたか! さすが、ジョグノの父! もとい、ジョグノの私の母! 否、姉☆

>みぃ2010さん

結構グータラすごさせてもらってます(笑)。
あれこれしようとすると、逆に失敗してしまうので・・・、
こういうときは、遠慮なく周囲の人に甘えさせてもらおうかと。

元気になったら、恩返しに励みたいとおもいます!!
いつも応援、ありがとうございます(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/56315395

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折2日目~3日目 通勤の不自由さ編:

« 骨折2日目 5月19日(月)出社編 | トップページ | 骨折10日間をふりかえって »