新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 骨折 11~18日目 | トップページ | 骨折 23~29日目 »

2014年6月10日 (火)

骨折22日目 初めての車椅子(海遊館)

6/7(土) 22日目

りゅうちゃんと、海遊館へ。

週末の予定に向けてワクワクしたのも、久しぶりな気がする。

5/19(月)以降、電車に乗るのは初めて。

楽しみ9割、不安1割、といったところか。

痛み出したときのため、ロキソニンをバッグにしのばせる。

自宅から駅まで、元気なときなら徒歩7分。

松葉杖をつきながら、左足もかかとをつけながら、

マイペースで歩き始める。

左足をつけるようになってから、松葉杖はほとんど使わなくなっていたけど、

長い距離を移動するときは、足をつきながらも、

松葉杖を補助に使ったほうが断然ラクだということが判明。

どうしても左をかばって右ばかりに負担がかかるけど、

松葉杖があると、右の負担も軽くなるし、

バランスがとりやすくなる。

りゅうちゃんが、あわせてゆっくりすすんでくれる。


どこからか、花の香りがただよってくる。

たったこれだけのことで、大いに感動してしまう。

自分の足で外を歩けるって、素晴らしいことだ。

改札を通るときは、りゅうちゃんに松葉杖を預け、

自分のバッグから回数券を取り出し、通る。

そして、脇によけ、松葉杖を受け取り、歩き始める。

アシストしてくれる人がいると、ものすごく助かる。


海遊館到着。

長い距離を松葉杖で移動するのは初めてなので緊張したが、

幸い、足も痛くならずにすみ、ロキソニンには手をださずにすみそうだ。

ここから先は、りゅうちゃんが、車椅子を予約してくれていた。

車椅子用の、エレベーターを使えるルートを、

随所で係りの人が案内してくれるそうだ。

松葉杖を預け、いざ、入館!!

1402119257655


そんなに水族館に興味のあるほうではなかったが、

思いのほか(スミマセン)、楽しかった。

混んでいる場所では人にぶつからないかとか色々心配だったけど、

すいている水槽の前で、ゆったり泳ぐ魚を眺めていると、

自分の気持ちも、ゆったりしてくるようだった。

Dsc_0032

Dsc_0035

Dsc_0054

ただひたすらに泳ぐ、ただひたすらに生きる。

疲れれば、休む。

あれこれ悩むのは人間の勝手で、

生物は本来、こうやってシンプルに生きるべきなんだろうな、

などと思ってみたりする。

観覧車も、いつぶりかわからないぐらい久しぶりに乗った。

なんと、車椅子のまま乗れてしまうそうだ。

Dsc_0063

車椅子マークのついたカゴがまわってくるまで待ち、

足場をかけてもらえる。

乗り込むまで観覧車をとめてしまうことになり、ちょっと恐縮。

いやしかし、足を悪くしてしまうと、でかけるのに相当苦労はするものの、

人の好意や協力で、色んな体験ができるものなのだな、と。

とてもありがたく思った。

困っている人がいたら助けよう、という気持ちは以前から持っていたつもりだけど、

この足がよくなったら、

もっともっと人助け・恩返しができるようになりたいものだ。

帰りは、梅田でお食事。

ジョッキでビールを飲めるのは・・・、実に1ヶ月ぶり・・・。

久しぶりの電車移動、花の香り、ジョッキビールに、

涙ぐんでしまうほど感動した1日だった・・・。


« 骨折 11~18日目 | トップページ | 骨折 23~29日目 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

いいお話ですね。
治ったら人助け、恩返しなんて発想が素晴らしいです。
とにかく尊敬。

僕の時は、あまりの不自由にふて腐れて、愚痴ばかり言ってました。
人間力の差を感じます、、、、

てへっ

じゅんこさんのお気持ち、凄く分かります。 私も1週間程の絶飲食の入院後、外の様子がこんなに変わるものなのか、と、公園の花の色で感じました。
五感も鋭敏になりますしね。 日常生活を何気なく送ることは、体調や環境などの全てのバランスが調っているから出来ることなんだ、と痛感しました。 今は、喉元過ぎれば…、みたいな感じで無為に過ごしてしまってますが…(汗)
じゅんこさんの日常生活が、どんどん善くなっていきますように。 お大事になさって下さいo(^-^)o

>ocさん

ocさんが、あれだけの怪我から見事復帰、
KFPB(骨折復帰自己ベスト)達成されているという事実、
その経過を間近でみさせていただいているのが、
かなり心の支えになってます。

「なにかのバチがあたったのかな・・・」とこぼしたときに、
りゅうちゃんに「そんなもん、ただの自分の不注意やろ」と一喝され、
「それもそうだ」とふっきれました。

長年走ると、それだけ故障や怪我のリスクも増える。
これは仕方のないことだし、うまく割り切ってつきあっていかないとな、
と、今回学んだ気がします。
必要以上にへこむと、それだけで疲れますし(笑)。

>みぃ2010さん

ありがとうございます。
怪我や病気のときに思い出すのは、決まって日常の何気ないワンシーンだったりします。
おとといの夜は、「やったー、こんなに走れるようになった!」と、
山を駆け回っている夢を見てしまいました・・・(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/56450158

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折22日目 初めての車椅子(海遊館):

« 骨折 11~18日目 | トップページ | 骨折 23~29日目 »