新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« レンガ柄のウォールシート | トップページ | デブの特徴 »

2014年7月31日 (木)

四国・剣山トレイル

かなり前から憧れていた、四国剣山トレイル。

7/19(土)21:00大阪出発、

7/20(日)AM 1:26 名頃着。

仮眠をとって、AM5:00、登山開始!

あらかじめ立てておいた予定はこんな感じ↓

7月19日(土)
大阪駅 21時集合

車1台で徳島へ

淡路島経由
約4時間

1時頃
三嶺登山口
名頃駐車場着
(水)

仮眠

05:00 名頃スタート

08:00 三嶺
(1893m) 着
10分休憩
08:10

09:00 白髪山分岐 着

09:30 白髪山
(1770m) 着
10分休憩
09:40 白髪山 発

10:00 白髪山分岐

10:10 白髪避難小屋
(水)

11:25 高ノ瀬
(1741m) 着
40分ラーメン休憩
(水)
12:05 高ノ瀬 発

12:40 丸石
(1683m)

13:15 次郎笈
(1929m)
(水)
15分休憩
13:30 次郎笈 発

13:50 剣山山頂
(1955m)
(水)
20分休憩
14:10 剣山山頂 発

14:50 見ノ越 着

15:10 バスで名頃へ
¥1,350

バス

15:35名頃

19時30分頃
大阪着

時間があれば
いやしの温泉郷
¥500
名頃駐車場から約6k

天気予報
20日(日)
徳島
曇り雨60%
最高気温30℃

装備
水場は地図上では
4か所確認
涸れてる場合もあるので
2リットルは必要

携行食

昼食
カップラーメン
おにぎり

バーナーもってれば持参
(ラーメン用の水も必要)

雨具

風呂セット

大阪からの道中
コンビニ立ち寄り
食料調達可能

Dsc_0240

夜明けは、驚くほど冷え込んだ。

急坂が続くので、すぐ汗だくになるものの、

風が吹くと寒い。

そして、色んなブログや写真をみて、

勝手に高原のようなさわやかな空気を想像していたけど、

かなり湿度高め(時期的なもの?)。

虫除けスプレーをしていても、蚊がよってくる。

やっとの思いで稜線上にでると・・・

Dsc_0256_2

素晴らしい眺め!!

ピョンピョン跳ねるりゅうちゃん(笑)↓

 

Dsc_0257

疲れてきたらしい↓

Dsc_0263

足元には、かわいらしい花が↓

Dsc_0265

5/18に骨折した左中足骨に痛みはないものの、

1ヶ月半のブランクによるスタミナ不足は、やはり否めないものがあり。

水を2.5Lも背負って歩くのも久しぶりで、

結構消耗した。

それでも、自分の足で山を歩いたり走ったりできるのは、

やっぱり楽しいし、幸せ。

ちなみに、地図上にのっていた湧き水は、

ほとんどコース上でみつけることができず。

多めにつんできて正解だった。

(コース終盤ごろにはちらほらあらわれる)

 

Dsc_0267

Dsc_0271

足場もさまざま!

ワイルドな場所も!

Dsc_0272

Dsc_0274

Dsc_0275

あらかじめ作っておいた行程よりも1時間ずつぐらい早く進め、

昼食ラーメンは、丸石避難小屋で。

水もトイレもなかったけど、中はひんやり涼しくて、快適だった。

剣山へ向かう登りが、一番キツく感じた。

先がずっと見通せる風景というのも、ツラいものだ(笑)。

見えてからが遠い、剣山!!

少々休憩をはさんでから、下山。

Dsc_0277

日本百名水の1つ、剣山御神水(つるぎさんおしきみず)が楽しみ。
            
剣山神社の御神体である御塔石の根本から湧き出ている、

神の水として崇められているそう。

(↓写真を撮り忘れたので、他の人のブログから拝借)

日本百名水らしいです

いやしかし、飲むのに勇気がいった(笑)。

チョロチョロと流れでてくれているなら飲みやすいけど、

小さな、石で囲まれた水溜りに、

下から少しずつ湧き出しているかのよう。

落ち葉らしきものが浮いているような・・・。

少々ためらっていると、我らが隊長・末ちゃんが、

なんとゴクゴクやってるではないか(笑)!!

「うん、冷たくてうまい!!」。

それならば、と皆で続く。

う~~ん、水に甘みがあるかのような味!!

これは、まさしく日本百名水の味(わかるのか!?)!!

残量の少なくなっていたペットボトルをこの神の水で満たし、

手をあわせて再度下山開始。

予定よりも、かなり早くバス停についてしまいそう、

ということもあり、途中の東屋で、コーヒータイム。

バーナーで水をわかし、のんびりコーヒーをいただく。

しかし、結局バスの時間よりかなり早めに到着。

当初は「誰か一人だけ走って車をとってくれば・・・」という案もあったけど、

結局全員で、バス停から駐車場までのロード10kmをひた走る(笑)!!

相当な筋肉痛になったけど、

「これなら、なんとかなりそう!」と、

骨折後の足に、希望を持てた一日でした。




 

« レンガ柄のウォールシート | トップページ | デブの特徴 »

旅ラン」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい景色ですね。
昔出た剣トレイル大会では、この尾根は走らなかったんです。
ぜひ次回行ってみたいです!
でも
蚊はカンベンです・・

>ocさん

秋の、さわやかな季節に行けば、蚊は大丈夫ではないかと(笑)。
一緒に趣味を楽しめる仲間がいて、ほんと幸せだな、と思う今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/56873693

この記事へのトラックバック一覧です: 四国・剣山トレイル:

« レンガ柄のウォールシート | トップページ | デブの特徴 »