新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 太平洋~猪苗代湖~日本海 255km(第6回)参戦記【その3】 | トップページ | 高野山 宿坊体験!~不動院~ »

2015年7月27日 (月)

石鎚山

7/17(金)の夜。

当初、北アルプス方面への行程を計画していたが、

台風11号の進路が、東へ・・・。

急遽「西方面へ行こう!」「それなら石鎚山だ!」という展開になり。

午後11時すぎごろ、守口を出発。

台風の影響で、高速道路もあちこち通行止めになっていて、

大阪脱出もなかなか大変だったようだ。

(ペーパードライバーにつき、運転は他のメンバーが。

いつもありがとうございます)

7/18 AM7:00頃 石鎚山登山口付近到着

11751930_723491361089948_2775145329

あと少しで登山道入口、というところで、

なんと大規模な土砂崩れが発生していた。

崩れたばかりで、まだ重機なども到着していない様子。

かなりの山道を車であがってきたものの、

これでは先へは進めず、どうしようもない。

引用元(登山案内)

map

行きたかった試しの鎖と一の鎖はとばしてしまうけど、

土小屋方面の道路からアプローチしてはどうだろう、という案が、

りゅうちゃんから。

来た道をしばらく引き返し、

24時間営業のガソリンスタンドで給油をすませ。

長い長い、細い細い山道を延々のぼり、

AM9:00前、土小屋の駐車場まで3kmの地点に到着。

が。

車両通行止めの表示が!!

どこがどう崩れているのかわからないので、

とりあえず車はそこに停めて、出発してみよう、ということに。

先ほどの地点から2時間もかけて移動してきただけに、

なんとか登れる状態だといいのだが・・・。

2kmほど進んだところの道路が陥没していた↓

8wvttgsl5orh1xzjnobwfsal5ug68miuozz

(往路は写真を撮り忘れたため、復路の様子。

朝はまだロープなどの設置がなかった)

なるほど、これでは確かに車は通れない。

幸い、危険箇所はここだけで、

後の行程には全く問題がなかったので助かった。

景色は最高!!

10492284_723650241074060_5592742066

ところどころ登山道が崩れていたところもあったけど、

踏み跡がついていたので、今回の台風の影響ではなさそう。

0mwiyoptz1spg4vg4_abes6a8dtgsn5osv_

コース上、いたるところに丸太が設置してあるのだが、

この工事が実に丁寧で、静かに感動していた。

滑りにくいように丸太に数箇所ずつ切れ込みが入れてあったり

(相当手間がかかると思う)、

一定間隔で少し高さを変えて、足をかけやすいようにしてあったり。

歩幅も、無理なく合うように設置されている。

今まで色んな山に連れて行ってもらったけど、

こんなに丁寧な丸太工事の仕事は、見たことがないと思った。

そして、天狗岳が見えてきた!!

土小屋からのスタートだったため、

あっという間にここまで到着してしまい、

嬉しいような、少し寂しいような(笑)。

11743012_800327570088366_9881191694

神聖なオーラが漂ってるように感じる・・・。

いざ、二の鎖(65m)に、とりつくぞ!!

Coucxdk_iionlaycq_elhv2wclfkpz6cjdh

 

Sjjm0akv9qf9hd5bv_qlxtpzyglxgilxznb

落石が起こらないようワイヤーや樹脂(?)で目立たないよう補強してあったり、

寄贈されたものなのか、鎖の1本1本に名前が刻まれていたり。

登りながら、この山を愛する人たちの無数の思いがつまっているようにも感じる。

皆に愛されている山、信仰されている山なんだろうな。

三の鎖のほうが長く(68m)、傾斜も急で怖そうに見えるのだが、

二の鎖のほうが足がかかりにくくて怖かった印象。

雨で滑るし、何度か腕の力に頼りきってしまい、ヒヤッとした。

Xebrgquryob4auhdxjskhjaslwnjaz5w45u

「登り専用」「下り専用」と鎖に印がしてあったものの、

鎖を下る勇気はなかったので、

下りは迂回路を選択。

迂回路は、とてもしっかり作られていて、

安心して歩けた。

三の鎖を登る和尚さん! ↓

 

Ds0eesummmh6mtzx8ehj5sxlijvrkkyjxcz

後ろには、通ってきた道が見える!

三の鎖は、二の鎖と違って、

2本の鎖の巾が上までずっとほぼ一定だったため、

鎖の輪の部分に足を入れていけば、梯子のように登っていけた。

そして、石鎚山へ無事登頂!!

Jitsr3yut2ob_8xvcvgsg_thfsh8fpsy1cj

天狗岳へ向かう↓

U_ytduoty9c5vur8nfnggwlo2goere4ffxv

振り返ると、石鎚山の山頂の神社が↓

Jpx4vychef81yto55ubulb8y1xim9mbyhpo

尾根沿いを行く。

風が強い日だと、怖いだろうな。

路面は乾いていて、特に滑りやすいということもなかったので、

特に恐怖感なく進めた。

天狗岳からの景色も存分に楽しみ、

来た道を戻る(鎖場は回避)。

車を置いた場所から、往復15km程度、

所要時間約5時間だった記憶。

その後は、車で道後温泉に移動!

道後温泉は相当混んでいて、そこそこにあがり。

路面電車で松山城近くの居酒屋に移動(宿は素泊まり)。

なんとなく入ったお店で屋号も忘れてしまったけど、

どれを食べても美味しい、当たりの店だった。

Qkuom5c1xtxzyww_oij_qmqmwpwc571l9kt

この、手作り豆腐の醤油が、のめるぐらい美味しくて、

豆腐との相性も抜群だった!!

お通しの3種、真ん中がみょうがの和え物で、

苦手だったみょうがが美味しくて、感動した。

魚も串ででてきた(モンゴルの岩塩つき)↓

2um0ypt_v3slxw99ndbbupv2hajkn1tueze

飲み放題のビールが発泡酒だったことを除けば、

100点の店だった!!

ちなみにこの魚の串には日本酒が合いそうだと思い注文したら、

グデングデンに酔っ払ってしまい。

2件目のおいしそうな鯛めしを目の前に、

グーグー寝てしまっていた・・・。

朝の散歩も結構ハード(笑)↓

D13gk_uudxqk7gs2t5immxxw8ki14ljsx6a

宿をチェックアウトした後は、松山城ちかくのこちらの店で、

朝ごはん!!

_8jhxzt1ib1dayekadrqn7mgh6ih0nlszrb

昨晩いただけなかった鯛めしリベンジ!!

G70m1noip1gs82aapa16fhmp6r56ri5y1qc

朝から豪華、鯛がプリップリで美味!!

松山城を観光した後は、四国の「わらや」さんにて、

釜揚げうどん ↓

 

Pchz2uog5qv1h83cthavk_jfop1mwl8ibih

6hvgp4khdvi7_jtw8qaz0ha5fhtny4b2jpg

「うどんって、こんなに美味しい食べ物だったのか!!」

と、真剣に驚いた。

今までスーパーで30円程度で購入していたそれとは、

見た目は似ているものの、全く次元の異なる食べ物だった・・・。

麺の歯ごたえ・舌触りが、半端なく、いい!!

また四国に訪れることがあったら、もう一度食べたいな。

色々予定通りにはいかない今回の旅だったけど、

やっぱり最高に楽しかった!!

同行のみんな、どうもありがとう(^^)

« 太平洋~猪苗代湖~日本海 255km(第6回)参戦記【その3】 | トップページ | 高野山 宿坊体験!~不動院~ »

旅ラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/60846160

この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚山:

« 太平洋~猪苗代湖~日本海 255km(第6回)参戦記【その3】 | トップページ | 高野山 宿坊体験!~不動院~ »