新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 2015年 第18回村岡ダブルフルウルトラランニング 100km 完走記 | トップページ | ホットサンドメーカー購入 »

2015年10月22日 (木)

第13回 キャノンボールラン(BUDY)完走記

2015年10月17日(土)午後9時~10月18日(日)午後7時

第13回 キャノンボールラン

けんこう堂

往路(宝塚→須磨浦)  9時間55分(去年より2分短縮)

 

復路(須磨浦→宝塚) 10時間40分(去年より5分短縮)

 

合計:20時間35分 完走

前回、前の方からスタートしたら、

ペースが自分には速すぎて・・・。

おまけに前の人についてロストしてしまった教訓をいかし、

今回は、後方スタートしようと決めていた。

キャノンボールで2回、仲間内で1回、

計3回六甲往復したことがあるものの、

今回はやたら自信がなかった。

しんどさを知っているだけに・・・、果たして、耐えられるのか!?

21:00 宝塚(塩尾寺下広場)スタート

Dsc_4148

22:53 「宝塚まで12km」看板地点(13分遅れ)

去年は、トレイル内で10分ほどロストして、22:40着。

今回は、それより13分遅れ。

後方スタート作戦は、成功だったのではないかと思う。

「あら、かなりゆっくりなのね」とジリジリする場面もあったけど、

息があがることもなく、体力的に余裕を持って車道に到着することができた。

どこに位置するかによって、全く違った大会のように感じるから不思議だ。

色んな走力のランナーが集っているのが、よくわかる。

まだまだ序盤戦、マイペースで頑張るぞ!!

23:03 一軒茶屋

23:20 極楽茶屋

23:27 ガーデンテラス(9分遅れ)

0:24 摩耶山(4分遅れ)

(11分休憩・0:35出発)

A0036424_10250746

前回から、セルフで好きなだけご飯とカレーを入れるように変更になった模様。

後方スタートでのんびり来たので、

果たしてカレーが残っているかどうかかなり不安だったけど・・・、

たっぷりあった(嬉)!!

ここのカレーは絶品、冷えた水もやたらと美味しい!!

前回・前々回のYouTubeを見てくださった方が多数いたようで、レース中、

「握手してください!」

「参考にさせてもらいました」

「本物に会えた!」

「顔が見えなくても声ですぐわかった」

「今回のYouTubeも楽しみにしてるよ、頑張って!」

と、たくさんの方に声をかけていただきました。

どうもありがとうございました!!

たくさんの笑顔に、元気をいただきました。

1:28 桜茶屋

1:45 大龍寺(8分遅れ)

Dsc_4150

去年も、大龍寺手前に等身大パネルがあって驚いたけど、

今年の吊るしガイコツも結構ウケた(笑)。

眼が赤く光ってるところも凝ってる!!

そして、大龍寺豪華エイド!!

Cut2015_1025_2015_45

今回は、おにぎり・鶏のから揚げ・豚汁・焼きマシュマロ。

あたたかいもてなしの雰囲気に、ほんと癒される。

速そうな人ばかりの大会で、

当初は「かなり場違いなところにきてしまった」と思っていたけど。

(今でも少し思うが・・・)

自分が遅いときは道を譲ったり、

逆に追い越すときは、危なくないようスピードを落として声をかけたり。

そういう、基本的なマナーを守って楽しめば、

それで十分なのではないかと。

制限時間ギリギリゴールがやっとの走力だけど、

やっぱり今回も出させてもらえてよかったな、と思う。

2:16 鍋蓋山(8分遅れ)

ここからの下りがもう、滑りまくり。

雨が降らなくて本当によかったのだが、

数日前から乾燥していたようで、足元の砂が、半端なく滑る。

恐る恐る進んでいたけど、2回ほど転倒。

幸い、左の手の平をすりむいて、少々出血した程度ですんだ。

ただ、1度ならず2度までも、という思いが。

おまけに2度目はわき腹を強打(しばらくしたら痛みはおさまった)、

我ながらビビってしまって・・・。

精神的な疲労も手伝ってか、

前回はなんてことなかった菊水山への上りが、やたらと堪えた。

2:56 菊水山(2分遅れ)

(10分休憩・3:06出発)

ヘッドライトの光量が落ちてきていたので、ここで交換。

かなりの疲労感。

でも、疲労感には波がある。

「こんな序盤でこんなにしんどくて、大丈夫か!?」

などとは、決して思わないように!!

うまく受け流して、好調の波がくるのを待つべし!!

5:29 馬ノ背(17分リード)

Dsc_4157

素晴らしい朝焼け!!

去年は、鵯越駅近辺と、馬ノ背手前でコースロストしていたので、

ここで17分貯金ができた。

今回も何度か間違いそうになったけど、

後ろから「そっちじゃないぞ!」と声をかけていただいて、助かった。

A0036424_10395585

朝日の差し込むトレイルを抜ければ、往路ゴールまであと少し!!

あまり早く須磨浦公園に到着しても冷えるだけだろうと、

ここからは少々のんびりペースで。

このあたりですれ違った、一般登山の長身男性にあいさつしたら、

何の前触れもなく、

「10時間か・・・」とつぶやかれた(笑)。

6:55 須磨浦公園(2分リード)

去年とほぼ同じタイムで到着。

エイドでたくさん食べ物をいただいたので、

積んできた菓子パン類はほとんど手付かず。

自販機で温かい缶コーヒーを購入し、菓子パンで腹ごしらえ。

横になり、スタートまで少々仮眠。

8:00 復路スタート

A0036424_10435880

往路同様、後方スタート。

暑くなりそうな予感があったので、着替えようか迷ったのだが、

ギリギリまで仮眠していたこともあり、

「ま、いっか」と、往路のままのロングタイツと長袖シャツでスタート。

・・・激しく後悔!!!

周囲にも、ロングタイツ姿の人は結構いたけど、

みんな大丈夫だったんだろうか??

Dsc_4160

直射日光が激しすぎて、クラクラしてくる。

去年もこんな感じだったのに、なんて学習力がないんだ・・・。

ただ、今回は、ロングタイツを脱いでも大丈夫な丈のショーパンをはいてきた!!

ノースリーブの着替えも積んでいる!!

あとは、早くどこかに隠れて着替えたい・・・、

が、人が多すぎて着替えられない!!

ピーコック、車道を越えてからの急階段の上りでは、

尋常ではないぐらいの汗をかいた。

もう、妙法寺のローソンまで耐えるしかない。

9:52 妙法寺ローソン(3分リード)

(8分休憩・10:00出発)

後方スタートで大渋滞だったため、

去年よりかなり遅れたかと思ったけど、

ここまでの所要時間は大差なかった。

やっとの思いでトイレに駆け込み、タイツを脱ぐ。

ノースリーブも、快適!!

オレンジジュースも一気飲みし、

ここからなんとか復調していきたい!!

去年はここから先もロングタイツ・半袖Tシャツ、

蒸れまくりの帽子着用でバテていたので、

それよりはかなりマシのはず。

おまけに去年はゴアテックスのシューズを履いていたので、

足も蒸れて暑かった。

今回は、トラブコ。

風通しがいい分、足元の暑さも若干マシな気がする。

そして、去年は鵯越駅の自販機が売り切れ続出だったため、

早めに水分調達。

1.5L程度積んで重かったけど、

「この暑いのに、水がなくなったらどうしよう」という精神的負担からは解放された。

10:32 高取山

11:30 菊水山手前AD(9分リード)

A0036424_09515375

ぶどうと、冷えたお水が最高!!

エイドスタッフは、天使のように見える(笑)。

ここから先の菊水山の上りが、暑さの正念場。

まだ先は長いので、走れるところは走りつつ、

バテないようにじっくり上らねば!!

暑さで、胃腸も案の定やられてきた。

ここで活躍してくれたのがこちら↓

A0036424_14335783

B'eat ハニーアクション

チームメイトのはちみつ屋さんが開発中の新製品。

発売前にもかかわらず、今回のキャノンボールに向けて、

試作品を分けていただいた!

村岡でもお世話になったけど、

胃腸の調子が芳しくないときに口にすると、絶大なる効果。

水を飲んでも吸収されず、ずっとチャポチャポいっているような時でも、

スッと染み込んでいくような感覚。

後味のよさと効果は保証済み!

どうもありがとうございました、

おかげで暑い中でも、ガス欠になることなく走れました!!

SPEEDの人に抜かれまくりながら、

じっくり菊水山を登っていく。

やっぱりローソンで着替えた分、去年より疲労度がマシな気がする。

反対に、相棒・りゅうちゃんは・・・、

去年は往路で脱いだロングタイツを、

今年は復路でも着用したままだったのが影響したのか、

かなりしんどそう。

顔色も悪いし、この暑いのに「鳥肌がたってきた」と言っている。

まずい、休憩したくても、休憩できるポイントがない・・・。

とりあえず上まで行こうと進んだものの、

上は、地域の家族行事でもあったのか、ファミリーだらけ。

腰を下ろせそうな日影は、

足の踏み場もないくらいレジャーシートで埋め尽くされていた。

菊水山 12:08(16分リード)

Cut2015_1025_2036_53

ちらっとりゅうちゃんの顔を見たら、

「いいよ、下りだったらマシだと思うから、このまま休憩なしで進もう」と。

仕方ない。

ここから先、鍋蓋山の上りは日影が多くなるから、

なんとか回復してくれるといいのだが。

鍋蓋山 12:55(22分リード)

Pa180664

ここの上りは、やっぱり涼しい。

りゅうちゃんの体調はいまひとつっぽいけど、

頑張ってもらうしかない。

鍋蓋山山頂で、腰を下ろして一休み。

菓子パン少々を口にして、下山開始。

下りトレイル。

いつもは快調に走れる下り坂も、疲労も第2ピークに達しかけているので、

スムーズに足が前に出ない。

SPEEDの二人連れが、

声もなくすれすれを駆け下りていった。

さらに、抜いた先では並んで楽しそうに話しながら歩いているので、

抜きなおさないといけない。

「どうせ抜かれるんだし、ついて歩こうか」と思いつつも、

自分のペースで行ける場所では行っておかないと、

全然体力的余裕がない。

後方の存在に気付いてもらえないので、仕方なく、

「すみません、先に行かせてもらっていいですか?」と声をかけ、

すすませてもらった。

自分自身も、最近は前より少しは山を速く走れるようになり、

前方の人を追い抜く場面もでてくるようになってきた。

やはり山はみんなが気持ちよく楽しめる場であってほしい。

一声かけて、危なくないよう、恐怖感を与えないよう、

先に行かせてもらうというマナーを大切にしたい。

色んな体調・体力・走力の人がいる。

後方の様子にも気を配り、皆が山を楽しめるよう、

出来る限りの心遣いはしていきたいと思う。

自分自身への教訓でもある。

さて、この区間で、以前菊水山でお会いしたことのある、

一般登山の男性に遭遇。

YouTubeをよくご覧いただいてるとのことで、

前回も、バッタリの遭遇を、相当喜んでくださっていた。

今回は、家族連れ。

もっとゆっくりお話したかったけど、

「さぁ、走って走って!」と促していただいたこともあり、

早々に走り去らせていただいた。

笑顔でのやりとりに、気持ちが明るくなった。

13:29 桜茶屋

(9分休憩・13:38出発)

14:47 摩耶山(7分リード)

Cut2015_1025_2053_30

去年とほぼ同じタイムで到着。

以前はこの先を必死で走って18:45着だったから、

まだまだ気は抜けない。

ここのエイドでいただいたオニオンスープの、美味しかったこと!!

近所のスーパーを何軒かまわってみたが、

同じ商品は見つけられなかった(取り寄せ品?)。

(後日、ムービーをよく見直したら、おそらくこれ → 玉ねぎスープ )

この先はぐっと気温が下がった記憶があったので、

早めにトイレで長袖に着替えた。

Pa_2

舗装路で、キャノンボール初挑戦という青年に、道をきかれる。

ガーデンテラスのところや、

カレー屋跡地に向かう分岐が迷いやすいと説明したいが・・・、

うまく説明できない。

まだ足が元気そうだったので、

私たちのペースにあわせて一緒に走るより、

先を行くランナーにどんどんついていったほうがいい、

と説明するが、なんだか気になる。

なんとか見える位置までついて走って、

間違いそうだったら声をかけよう、と思って走っているうちに、

去年は悲壮感満載で走っていたロードを、

いつの間にかいいペースで走りきることができていた(笑)。

16:50 宝塚まで12kmの看板(12分リード)

Cut2015_1025_2103_10

やった、これでゴール制限時間まで、27分貯金がある計算!!

驚いたのが・・・、去年より10分早いだけで、

周囲のランナーの様子が全然違うということ。

頑張ればまだ制限時間に間に合うゾーンなので、

みんな一生懸命走ってる!!

去年は歩いている人ばかりで、走っている人はほんのわずかだったのに・・・。

滑らないように気をつけながらも、

出来る限り走っておかねばと、何人か抜いていく。

後ろを振り返ると、りゅうちゃんはかなり体調が悪そうだ。

ペースを落とす。

途中で暗くなってきたので、ライトを装着しようとするが、

りゅうちゃんのライトが見つからないらしい。

復路スタート前に、きちんと電池交換しているのも見ていたのだが・・・。

ナーバスになっているのが、手にとるようにわかる。

私のほうが先にバテて、

何かとフォローしてもらうという図式に慣れてしまっていた。

よし、今回は私がフォローするよ(といっても大したことはできない)!

充電満タンのハンドライトを渡して先に走ってもらい、

後ろからヘッドとハンド2個使いで追いかける。

18:24 塩尾寺(4分リード)

塩尾寺手前ぐらいからは少々渋滞していたけど、

もうムリに抜こうとはせず、ひたすら後をついて走った。

塩尾寺無事到着、2日間のお礼をいい、手を合わせる。

残りの舗装路は、2人してぶっとばした。

そして、去年より5分はやく、18:40ゴール!!

Cut2015_1025_2111_18

ゴール写真もボランティアで撮ってくださっていて、

本当にありがとうございます。

たくさんの人に支えられながらの完走でした。

これからも、この素敵な草レースが、末永く親しまれますように!!

« 2015年 第18回村岡ダブルフルウルトラランニング 100km 完走記 | トップページ | ホットサンドメーカー購入 »

トレイルの大会出場記録」カテゴリの記事

コメント

キャノンボールパワーお疲れ様でした。
たのしそうですね^^

私は九州なのですが
六甲全縦走は何回もしてます^^
でもまだ往復はしたことがありません・・・。
じゅんきちさん達は何回も往復されて凄いです(^_^;)

仕事の休み的にキャノンボール参加もできませんが
全縦の様子は
youtabeで拝見して楽しませていただいてます^^

是非
九州にも足をのばしてみてください^^

>かじかじさん

今回もしんどかったです、往復(笑)!!
九州はどの辺りがお勧めルートでしょうか?

九州は色んな魅力的な山がたくさんあります^^
くじゅう連山は素晴らしくいいルートを教えることができますよ!
是非
お越しください~♪
ジョグノートリンクしてもよろしいですか??

>かじかじさん

そうなんですね、九州方面にはあまり行ったことがないので、
機会があれば!

ジョグノート、あまり大したこと書いてないのですが、よろしければどうぞ!

じゅんこさん!お疲れ様でした‼(^^)何度もこの記事読ませていただいてたのですが、コメントしてもいいものか迷いながら今になりました(^-^;
(実は何度かコメントさせてもらってます、尼崎で一人で走ってると言ったり、一度農業公園で見かけたと言ったりしました笑)
ホラポスの皆様の楽しそうブログを拝見して、大会に出る決意をし(大会って何故か自分の中で敷居が高くてエントリー全然できなかったのです)ようやくこの冬大会デビューをします(^-^;


ここでウルトラマラソンという世界があることを知ってずっと憧れてきましたが、来年こそ村岡デビューをしようと思ってます。(村岡終わったばかりでまだまだ先ですが)

じゅんこさん達の動画やブログ記事を見てすごく惹かれた大会なので、決意をした今すごく報告したくて…って勝手にすみません(._.)
もちろん100㎞ではないんですが(;A´▽`A

あと、めちゃくちゃ初心者の私ですが、私もジョグノートリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?(^-^;

>くうさん

お返事遅くなってすみません!!
リンク、どうぞどうぞ。

村岡、雰囲気もいいし、
食べるもののバリエーションも豊富で、いい大会ですよ!

私も近所をくるくる走っているだけでも結構楽しかったのですが、
大会出たら出たで、その独特の雰囲気もまた楽しいな、
と思ったりしています。
出た大会で、また別の大会の存在を知って、
みたいな連鎖もありますし。

これから長く続くランニング人生の中で、
大会デビューは一度だけ!!
楽しんできてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/62135504

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 キャノンボールラン(BUDY)完走記:

« 2015年 第18回村岡ダブルフルウルトラランニング 100km 完走記 | トップページ | ホットサンドメーカー購入 »