新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 2016年8月6日(土)~7日(日) | トップページ | 八ヶ岳 »

2016年9月13日 (火)

第1回 高野龍神スカイラインウルトラマラソン 100kmの部 完走記

2016年9月11日(日)

第1回 高野龍神スカイラインウルトラマラソン 100kmの部

募集人員:2,500人

出走者:464人

完走者:214人(内、女子20人)

完走率:46.1%

11時間46分36秒 完走(制限時間:13時間30分)

獲得標高:2,479m(手元計測)

【標高図】

Photo

【5kmごとのペース】

Cut2016_0912_2139_15

 

Cut2016_0912_2139_32

Course_zoom

2016年3月10日から募集していたこの第1回大会。

りゅうちゃんから、

「日曜日当日に電車で帰ってこれるし、有給とらなくても参加できるぞ!」

と誘いを受け、5月2日にエントリー。

「走歴11年目となる今年は、なんとかフルでサブ3.5を達成したい!

ウルトラマラソン用のんびりペースは封印して、フル狙いで頑張る!」

とお正月から息巻いていたこともあり、

エントリーまでかなり躊躇してしまった。

結局、「せっかくだし、YouTube撮影しながら、二人で楽しく走ろうか。

9月11日開催なら、足の回復を待っても、

フルのシーズンインには間に合うだろう」と。

ところが、8月11日の山の日に、相棒りゅうちゃんがふくらはぎ肉離れ。

本調子でないまま当日の朝を迎えてしまった。

5:30 高野山大学スタート

Dsc_2429

今年は陸連登録をしたので、登録の部でエントリー。

ほぼ最前列あたりからのスタート。

ほどよく肌寒いぐらいの気温で、走りやすそう。

【~10km 6:30 ㌔6分00秒】

 

Dsc_2434

10kmは、スタート1時間後の6:30通過。

距離調整のため、5km行って4km戻り、折り返してスカイラインに入っていく。

ゴール直前のアップダウンのイメージをつかんでおきたかったけど、

すでにわけがわからない(笑)。

スタート時に一緒だったりゅうちゃんは、やはり足が痛そうで遅れ始めた。

こうなったら、自分のペースでひた走ろう。

Dsc_2430

ウルトラにしてはペースが速いような気がしないでもないが、

息があがらず楽に走れる限りはそのペースでおすことに。

ここ数か月経験したことのないような、爽やかな湿度と気温の中を、

快適に走れることに、喜びをかみしめながら進む。

【~20km 7:41通過 ㌔7分06秒】


Dsc_2442

10kmから20kmまでは上り坂。

100kmは長い。

とにかく60kmまではなるべく足に負担をかけないよう小股で登り、

心拍数もあげすぎないよう心がける。

勝負かけるのは、早くても60kmすぎてから!!

前半に息が切れるまで頑張ってしまうと、後半に苦しむのは間違いない。

この区間で一気に後方から追い抜かれるが、我慢・我慢。

必ずやビルドアップ風に完走してみせる!

見てろよ~~!!!

 

【~30km 8:48通過 ㌔6分42秒(トイレ1回込)】

Dsc_2444

20kmすぎてすぐあたりのエイドで、

仮設ではないトイレがあったので、ここで1回トイレ休憩。

ここまでの仮設トイレは結構混んでいたので、助かった。

それをすぎると、結構な勾配で下っていく。

復路のプラカードがついていたので振り返ってみると、

80kmの表示が。

「・・・ということは、ラスト20km切ってから、

まだこのキツい上りが待ち受けてるということか・・・。

そこそこの余力をもって戻ってこないと・・・」

とか考え始める。

なにせこのコース、有料道路を貸し切っているので、

当たり前だけど人家はおろか、人の気配が全くない。

周囲を走るランナーも、みんな無言で黙々と走っている。

なんとまぁストイックな雰囲気・・・。

いやいや、これほど集中して走れる環境って、そうはない。

これからのフルに向けても、いい練習になるぞ!!

35.7km ごまさんタワー 9:28

Dsc_2447

ここで、預けておいた荷物を受け取れる。

エイドが想像以上に豪華で、手持ちの食料は必要なさそうだったので、

ここで荷物に預けなおし、

預けておいたBCAAを一気飲み。

エイドのうどんも、美味しかった!

(人だかりができていたテーブルはスルーしたけど、

どうやらカレーライスがあったらしい)

ここのトイレもきれいだったので、トイレ休憩も済ませておいた。

【~40km 10:02 ㌔7分24秒(ごまさんタワーでの荷物受取・トイレ休憩込)】

Dsc_2448

ごまさんタワー(35.7km地点)を出た後は、

距離合わせのために、3km下って3km上ってくる折り返しで6kmを消化

(標高の右側、ちょうどV字になってる部分)。

・・・ほんまに、たった3kmのくせに、悲しくなるぐらいの勾配で下る。

抜きつ抜かれつしていた男女ペアの女の子の方が、

足が痛くなってきたらしく、遅れ始めているようだ。

思わず、「もうすぐ折り返しですよ!」と声をかける。

【~50km 11:00 ㌔5分48秒】

Dsc_2449

折り返しの6kmを消化した後は、

怒涛の激下り区間に突入。

この区間で、9:00に龍神温泉をスタートした50kmの部のランナーと、多くすれ違う。

「じゅんこさんですよね、ブログ見てます!」

「YouTube見てます!」

と声をかけていただいた方々、ありがとうございました!

たくさんの笑顔と声掛けに励まされました。

55.1km 折り返し 11:32

Dsc_2450

ここまでがまた、たまらなく長い!!!

散々下ってきた後なので、少しの距離の上り坂でも、やたらと堪える。

おまけに段々と上がってくる気温とキツい日差し。

「ほんまにこの道、元気に上り返してこれるんかいな」と、

少々弱気になってくる・・・。

【~60km 12:11 ㌔7分06秒】

Dsc_2454

本格的に上り始める。

気温は、手元計測で30.2℃まで上昇。

できることなら歩かず全コースを走り続けたかったが、

このあたりでついに足がとまった記憶・・・。

55kmの折り返しすぎて、

ごまさんタワーへ戻るまでの13kmの長さと苦しさときたら・・・。

いい加減、暑すぎてクラクラした・・・。

68.7km ごまさんタワー 13:40 (60kmから、㌔10分14秒)

Dsc_2455

やった、ようやく着いた!!

ここの関門閉鎖は15:00。

ここまで戻ってきたら、もう一度手荷物を渡してもらえる予定だったのだが、

大会本部の都合で、すでにスタート地点に撤収された後だった・・・。

ないものは仕方ない。

往路では気づかなかったカレーライスを発見、喜んでいただき、

早々に再出発。

【~70km 13:48 ㌔9分42秒】

 

Dsc_2458

 

 

【~80km 14:58 ㌔7分00秒(トイレ休憩込)】

 

 

 

Dsc_2459

細かいアップダウンが続く。

残り30kmを切って、少しずつペースなり調子なりを上げていきたい気持ちはありつつ、

足が思うように動かない。

上り坂を歩かず一生懸命小股で走っていると、

下り坂になっても急に股関節が対応できないというか・・・。

あれっ??足って、どんな風に回転してたっけ??

と、真剣に悩んでしまう。

ごまさんタワーでトイレに行き忘れたので、

80kmまでのどこかエイドで、仮設トイレに入った。

ここでしゃがんだのが良かったようで(笑)、

なんとか復活。

【~90km 16:14 ㌔7分36秒】

 

Dsc_2461

やった~~、ついにあと10kmの地点までたどりついた!!

往路で、「80kmすぎてからの上りはキツそうだ」と思っていた通り、

ここでも歩きが入ってしまった。

でも、ここまでくればあと少し!!

残りは、出し惜しみせずにぶっとばす!!!

90kmの表示をすぎてからはギアチェンジ、

ビルドアップ走さながらに、息を切らせて自分を追い込む。

【~95km 16:42 ㌔5分36秒】

Dsc_2462

80kmをすぎてから徐々に意識していたことだけど、

ひょっとすると12時間切りが狙えるかもしれない。

(これまでの100kmベストは村岡の12時間33分)

47分であと5km。

㌔9分でいける計算だけど、

走れないような急坂もあるかもしれないし、油断はできない。

「苦しいときこそキレイな姿勢で走れ!」

「下りは頑張るんじゃなくて、リラックスして、休憩するように走るんや!」

と、一緒に練習してきたりゅうちゃんの言葉を思い出す。

胸を開き、気づかないうちに丸くなっていた背中を伸ばすと、

少し楽に上れる気がする。

「下りは・・・、そうだ、こんな風に体でブレーキかけるんじゃなくて、

りゅうちゃんのはもっとこう、前傾姿勢ではずむように・・・、

そう、こんな感じかも」と、いろんなこと思い出しながら走る。

【~100km 17:16 ㌔6分48秒】

Dsc_2464

ラスト5kmを過ぎてからの上り坂とトンネルも、かなりキツかった。

下りなら嬉しかったけど、やっぱり上る。

ゼーゼー言ってることもあり、トンネル内は酸欠になりそうで、

早く脱出したかった。

トンネルの中でラスト2kmの表示を越え、

自分の中でカウントダウン開始!!

無事、ゴールテープを切ることができました。

結構ストイックに走ってしまったので、

エイドの写真を撮ったり、あまりゆっくりする余裕がなかったけど、

想像していたよりかなり充実のエイドで驚きました。

(↓山盛りのピオーネに感激)

Dsc_2443

山菜おにぎり、味噌汁、大福、カステラ(しっとり系で美味しかった)、

カレー、うどん、そうめん、レッドブル、

茶粥、きゅうり、クエン酸入梅ジュースなどなど。

復路では、エイドの食べ物が少なくなっていく中、

よく冷えたそうめんを出してもらえたところがあり、これまた感激。

暑くなった区間では、持参の小さなペットボトルが活躍したけど、

たくさんの食べ物と飲料で、

手ぶらでもなんとかなったのではないかという印象。

(ただ、途中で紙コップがなくなったり、猛烈に暑かった区間もあったので、

やはり小さなペットボトルがあったほうが安心かも?)

そして、制限時間5分前に、

感動のゴールを迎えたりゅうちゃんを主役に、

記念撮影!!

Dsc_2470

最後2つの関門は、それぞれ1分前・2分前にすりぬけてきたそうだ。

よく無事に帰ってきてくれた!!

記憶に残る大会になりました。

応援してくれた方々、関係者の方々、

どうもありがとうございました。







 

« 2016年8月6日(土)~7日(日) | トップページ | 八ヶ岳 »

100kmマラソン出場記録」カテゴリの記事

コメント

ガチ走り、凄い!
完走率の低いハードな大会でベスト更新(°0°)
村岡でもさらなる記録更新ですね。

村岡の前日受付を監督さんにお願いしました。
じゅんこさん宛お送りしましたのでよろしくお願いいたします。

>ミカンさん

ご無沙汰してます!!
ありがとうございます、フルマラソンの練習にもなるようにと思って、
一生懸命走りました!

私、今年の村岡は出ないんですよ。
2016年のウルトラは、この高野龍神1本にしぼりました。

受付の件、了解しました!
10時間台を目指しているRに託します(^^)

UTJS(ウルトラじゅんこさん)

高野龍神ウルトラマラソン
凄いですね。

ブログは早くに見てたのですがコメントするの遅すぎてスミマセン。

募集人数2500人
参加者464人で
しかも完走率46%て過酷ですね。

カレンダー見るとほぼ毎日ランしてますね。

今回のキャノンボールも出ないのですか❓


>谷ヤンさん

UTJS、なんか強そうでいいですね(笑)!!

前日の精進料理、ちょっとお腹がすくのと、
レース終了後に、お風呂が近くにないのをのぞけば、
走り応えのある、いい大会だと思いますよ!

体調にあわせて、日々のんびりモタモタ走ってます(笑)。
今年はフルマラソンを最優先したいので、
キャノンボールは、またしてもRのみの参加です!

UTJさん、こんばんわ。

キャノンボール ゴールした後、スパでRちゃんに会いましたよ〜。

僕は、体力も根性もないのでspeedですが。
必死のパッチで、9時間5分でした。
ドンケツスタートでちょっと混む所が何ヶ所かあり、結果的にスロースタートが最後まで体力が持てたかな。

次回は、8時間半を目指します。

以上、報告させて頂きました。

>谷ヤンさん

「りゅうちゃんですよね?」って声かけていただいたんですよね、
ありがとうございます!
自宅で聞きました!!

9時間5分、立派なタイムじゃないですか!
ケガや事故なく帰ってこれて、片道10時間切れたらめっちゃ優秀、
っていうのが私の六甲全縦の基準ですから!

最初にとばすと後がキツいんですよね、
そう思うと最初の渋滞もありがたいですね。

次回、また楽しんできてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/67465247

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 高野龍神スカイラインウルトラマラソン 100kmの部 完走記:

« 2016年8月6日(土)~7日(日) | トップページ | 八ヶ岳 »