新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

« 2017 あいの土山マラソン | トップページ | ビルドアップ練習 »

2017年12月29日 (金)

第29回 加古川マラソン 完走記

2017年12月23日(祝・土)
加古川マラソン
3時間38分38秒(グロス)
3時間38分11秒(ネット)
完走

過去2年は、
2015年
3時間44分38秒(グロス)
3時間43分19秒(ネット)

2016年
3時間51分50秒(グロス)
3時間51分58秒(ネット)

加古川にしては記録更新、
ベストの5分落ち、という結果に。


Img_20171224_133837


Screenshot_20171223161204


Screenshot_20171223161411


Screenshot_20171223161424


Screenshot_20171223161444

土山終わってから何度かビルドアップを試みるも、
思うように身体が反応せず。

今回の加古川で無理にサブ3.5狙っていくと、
結果的に惨敗すると予測。

序盤でキロあたり5秒だの10秒だの気にしても、
後半失速し始めれば、
そんな貯金は一瞬にして負債にかわる。
いい加減、少しは学習してきた。

数字にとらわれず、
いつでもペースアップできる余力を感じるペース、
30キロまで温存するイメージで。

そこからペースアップできるなら、する。
無理なら維持。

更に無理なら、もがけるだけもがいて、
少しでも失速を食い止める(結局これ)。

速度は落ちても、
身体にしっかり負荷かけて終盤追い込めば、
それだけでも次のレースに向けての糧になるはず。

謙虚に、今の自分にできる精一杯の走りをしよう!

陸連なので、スタートロスは28秒ほど。
しばらく混雑してたけど、
焦らず流れに身を任せて進む。

とにかく、後半大崩れしないよう、
足に負担かけないよう意識!

微妙にキロ5分超えてる速度なので、
サブ3.5狙ってるらしき人たちに、
10キロまでの区間にどんどん抜かれていく。

いや、ここはグッと我慢!

今回初めてフルでロングタイツ着用。
前半いきって飛ばさないように、
「これが暑く感じるようなら、飛ばしすぎなんだ、
抑えて抑えて!」
と、自分を戒める。

シューズも敢えてニューヨークでいってみた。
新しいので、マメが数ヶ所できてしまったけど、
はきなれてるモデルなので、安心感あり。

…ここ何回かのフルは、
ずっとサブ3.5を意識していて。

序盤でオーバーペース、
中盤から投げ出したくなるぐらいツラいレース展開、
というのがお決まりのパターンに。

今回、最初から
「サブ3.5にはこだわらない!
バランスよく全力出し切る!
結果は後からついてくるのを、そのまま受け入れる!」と思っていたので、
久しぶりにレース中に
「あ~、気持ちいいな!」と感じながら走ることができた。

16キロすぎたあたりから、
序盤抜かれた数人に追い付き始める。

そのうちの男性1人が、意識してか、
しばらくピッタリ並走。

「はよ行け、こっちはまだ足使う気ないねん!」
と思いながら進む(笑)。

和尚さんの応援も励みに。
ハーフ手前で、
「監督、1~2分前!」とのこと。

うんうん、数字にばかりとらわれずに、
自分の鼓動に耳を傾けないと!
そんなに大くずれしてないみたい、私。
良かった!

でも、25キロすぎると、
きっちり足が重くなってくる。
ここは耐えなければ!

ピッチを意識したり、
腕振りや、フォームを意識したり。
失敗したっていい、
練習のつもりでなんでも試す!

補給食も、
前回の泉州からバナナが受け付けなくなっていたので、
ハニーアクション2本と羊羮を持って走った。


10キロと20キロでハニーアクション使用。
羊羮は…、食べれる気がしない!!
固形物が無理。

しまった~、ハニーアクション4本にすれば良かった!
仕方なく、エイドで目についたベビーシューを、
5~6個つかみ取り。

…これがまた受け付けず、
しばらく吐き気に苦しむ。

数年前までは全然問題なかったのに、
最近やたらと胃腸が敏感になってしまった。

えづきながら走っていたので、
きっとこの間追い抜いた人は
「こいつ大丈夫か、吐くんちゃうやろな?!」
と思っていただろう…。

これもいい勉強になった。

そして、35キロすぎてからは、
加古川名物(?)の向かい風。
それでも、去年よりはマシだったのだろうか。

ペースアップは無理でも、
意地でも維持(シャレじゃないよ)!

またしても並走されていた男性に追い付く。
またしてもマークされる。
そして、エイドで置いていった。
こっちは胃腸やられて、なーんも食べられないしね。

終わってからナンバーで記録チェックしたら、
私の10分後にゴールされていたので、
「おおー、やっぱり私、頑張ったやん!
サブ3.5無理でも、全力出せて良かった!」
と思えた。

ラスト2キロで抜きつ抜かれつした女の子や年配男性の姿も印象深かった。
「それが限界か?」のプラカードにも、
ハッとさせられた。

「フルマラソンの参加費って最近どこも高いし、
1人でロング走ったほうが大分経済的やで」
と思わなくもないが、
こういう刺激が、やはり年に数回はないとな、
と思う。

結果だけ見るとパッとしないけど、
自分としては実り多い2017年最後の大会になった。

応援、ありがとうございました!

341_337_dsc_0844


Fb_img_1514011696521


« 2017 あいの土山マラソン | トップページ | ビルドアップ練習 »

フルマラソン出場記録」カテゴリの記事

コメント

サブ3.5に苦労してますね。あともう少しなのに。トレイルの間にフルマラソンとはいつもすごいですよね!動画のレポート、関西100名山、楽しく見ております!

>kant4789さん

そうなんですよ~~、めっちゃ苦労してます(笑)、
もう諦めてやろうかと思うこともしばしば(^^;

トレイルは息抜きも兼ねて・・・、
楽しんでいただけたら嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162938/72530758

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回 加古川マラソン 完走記:

« 2017 あいの土山マラソン | トップページ | ビルドアップ練習 »