« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の2件の記事

2019年3月17日 (日)

2019年 とくしまマラソン完走記

Screenshot_20190317132901_2

Screenshot_20190317132908

3時間36分07秒。

パッとしない結果だけど、

今日できるベストの走りだったことは間違いない。

いい大会だった!

 

目標のサブ3.5には届かなかったけど、

今日参加させてもらえて、

よかったと思う。

 

スタート時の気温は7度、

足の先がしびれる寒さ。

30分ほどスタートラインで震えてからの出走。

 

26kmからつぶれるレース展開は避けたかったの

で、

キロ5分すぎてもいいから、抑え目に。

 

力みすぎないようリラックスして、

ガニ股にならないようフォームも意識。

 

できることならビルドアップして30キロ以降進みたかったけど、後からラップを見ると、

失速していた模様。

 

曇天で走りやすいと思っていたのはハーフまで。

徐々に足先の痺れがとれて、身体が温まってきたかと思いきや、左耳が聞こえなくなるかと思うぐらいの横殴りの雨。

 

細身の、サブ3ランナーと思われるような人が、

アルミシートにくるまれて救護を待つ姿を5人程パスしていく。

低体温症だろうか。

 

冷たい雨風に、体力を奪われ、

河川敷をまっすぐ進むこともままならない状況が続く。

 

26キロすぎて、

「ああ、30までは余裕持って走りたかったのに、

そんなこと言ってたら、キロ6ぐらいにまで落ちてしまいそう。どんなペースで走ったらいいの、ここは!?」

と、半ばやけくそになりかけていたところを、

ザッザッと、いいピッチで追い上げてくる足音が。

 

中年男性を風避けにして、

更にもう1人中年男性が、

二人で周囲をパスしていっている。

 

向かい風にたまりかね、真後ろにつかせてもらう。

しばし私を入れた3人で進み、

エイドで離れ、を繰り返し。

しかし、ここでペースを落とさずにすんだのは助かった。

一人では、風雨が辛すぎた。

 

フルマラソンでここまで降られたのは、初めて。

タイムを見る勇気もなく、

しかし30キロすぎてからは何人もパスできて、

今シーズン最後までへばらずに、

自分としてはベストを尽くせた。

 

急な雨に、楽器をしまいつつも、

レインコートに身をつつみ、

マラカスで必死に応援してくれる人たちの姿に、

胸が熱くなった。

 

頑張ったご褒美に、

水槽から釣り上げたばかりの鰻を食べ。

帰りのバスから虹を眺め。

また、サブ3.5の夢を追い続けようと誓う2019年3月17日であった…。

 

途中、河川敷の菜の花がとてもキレイだったり。

エイドのドリンク区間が長くとってあって、

とり損ねがなくてすんだり。

 

おにぎりが、食べやすく小さいのを、

4人ぐらいで取りやすく差し出してくれたり。

 

本当に、ランナー目線に立った、

心温まる大会でした。

この場を借りて、応援くださった皆さん、

大会運営スタッフの皆様にお礼申し上げます。

ありがとうございました!!

2019年3月 1日 (金)

肉体改造~O脚改善編~

201812231

2018122312

2/20からO脚改善に取り組み、

10日目の今日、3/1。

「こういう骨の形だから仕方ない」とばかり思って42年間過ごしてきたのに・・・、

O脚って、治るんや(驚)!!

 

直立した時にふくらはぎがつくなんて、初めての経験!

泉州のゴール間近、ガニ股走りの動画にかなり衝撃を受け、

「こんなフォームで速く走ろうって方がムリだわ」と。

ガニ股改善は、O脚の改善から!

 

図書館で本を読みあさり、予備知識をつけ。

毎朝・毎晩、股関節中心にストレッチ。

筋トレは、内腿を重点的に。

日中、コピー機の前に立つときも、内腿に力を入れて。

 

・・・すると、なんということでしょう!

わずか10日で、自分としては、かなりの手ごたえを感じるまでに改善。

気を抜くと、まだすぐ前の脚の形に戻ってしまうので、

まだまだ強化・習慣化の必要性は感じつつも、

肉体改造が楽しくて仕方ない2019年3月なのであった・・・。

 

こうして写真に撮っておくと、客観的に見れておもしろい。

特に後姿などは、普段自分でじっくり観察できないし。

体重だけ気にしていると、

「結構頑張ってるのに全然変わってないやん」と挫折しそうになるところを、

「おっ、明らかに背中と二の腕に筋肉ついてる!」と成果を感じられる。

 

もはや体重云々の話ではなく、歪みをなくし、

肉体の機能を最大限活かせる身体づくりを目指していこう!

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »