新JogNote

ドスパラ

秋葉館

ark

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ツクモ

ソフマップ

  • ソフマップ・ドットコム

上海問屋

フェイス

  • フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ボーズ

  • Wave radio III

PCワンズ

ソニーストア

  • ソニーストア

いろいろ

2016年8月14日 (日)

2016年8月6日(土)~7日(日)

8月6日(土)

称名滝駐車場~雷鳥荘

約21km

獲得標高:2,474m

所要時間:10時間18分

Cut2016_0811_2036_30

5:58 称名滝駐車場出発

6:14 大日岳登山口

P8060703

急な登りが続く!

P8060716

6:58 称名坂経由で「牛ノ首」到着

P8060711

7:27 大日平

Dsc_2017

Dsc_2019

 

7:44 大日平山荘

P8060720

P8060722_2

8:26 水場

P8060729

9:23 大日小屋 

 

Dsc_2032_2

9:50 七福園

Dsc_2035

P8060754

シモツケソウ(下野草)

Dsc_2025

P8060767_2

P8060769

10:58 奥大日岳

Dsc_2045

11:06 昼食休憩

Dsc_2046

11:50 雷鳥荘が見えてきた!

Dsc_2050

12:37 新室堂乗越(雷鳥平への分岐)

 

チングルマ(珍車)の花畑!

Dsc_2054

チングルマの実も、いたるところに!

Dsc_2037

12:37 新室堂乗越(雷鳥平への分岐)

P8060786

13:26 剣御前小舎

P8060788

500ml缶(700円)を、りゅうちゃんと分け合って飲む。

次は別山へ!

P8060794

14:12 別山(南峰)

P8060801

P8060803

P8060809

14:49 大走り分岐

Dsc_2059

Dsc_2060

P8060813

16:16 雷鳥荘着

17:30 夕食

P8060815

8月7日(日)

Cut2016_0811_2143_15

約15km

所要時間:3時間52分

7:41 雷鳥荘出発

 

P8070820

天狗平方面へ向かう。

P8070828

8:54 獅子ヶ鼻岩付近

P8070836

9:25 追分

P8070842

9:57 八郎坂へ

P8070850

Screenshotshare_20160807_113829_2

 

2015年11月14日 (土)

ホットサンドメーカー購入

相当久しぶりの、マラソン以外のネタ!! 最近、コレを購入した↓

そうです、マツコに影響されました・・・(笑)。

Dsc_0071

Dsc_0072

ひっくり返す手間があるので、週末限定使用になりそうだけど(^_^;
平日の朝は、洗い物増えるし、そんなにじっと見てられないからね~。

今回は、スライスチーズ&アボカド(内側にバターを塗って塩コショウ)、
ウインナー&キャベツ(カレー粉と塩コショウで下味)&ケチャップ。

アボカド、温めて食べるのも美味しい!
まさしく森のバター!!

「ホットサンドって、トーストの上に具材のせて焼くのと一緒でしょ?」
と思ってたけど、なんだろう。
圧縮して挟み込んである分、うま味が凝縮されているというか。
ケチャップがしゅんでる部分も、妙に美味しかった・・・。

ご馳走感満載(笑)。

ちなみにうちは、大きなカットしてないホテル食パンを買ってきて、
8枚切の厚さに事前に全てカット。

前回あまった分は冷凍保存しておいた。
前日の夜に冷蔵庫にうつしておけば、いい感じに解凍されてて、大成功!

こういう、グリルやトースターで使えるタイプもあるみたい↓

これだと、トースターで焼き色を覗きながらほっておけるから、 便利かな?

うちのだと、玉子を焼いてそのまま上にパン乗せて、
ひっくり返すだけで中身として使えるから便利だけど、
それぞれのよさがありそう。

ちょっとした、幸せモーニングタイムでした!

2015年7月29日 (水)

高野山 宿坊体験!~不動院~

7/25(土)~26(日)、高野山へ宿坊体験へ行ってきた。

初めて高野山を訪れたのは5年前、

町石道を駆け上がって。

http://junko-tsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-4ad1.html

ランナー御用達(?)の、22kmの快適トレランコース↓

http://www.nankai.co.jp/odekake/bochibochi/choishimichi.html

あのときは南海高野線の九度山駅を起点に、午前9時スタート。

標高差約700m、大門を経て、極楽橋駅まで約25kmの行程で、

極楽橋駅に13:45頃到着。

祈りの道・町石道を走れたことに、感激した一日だった。

今回は、すべて一般交通機関で。

遠いイメージにも関わらず、標高約900mの高野山へ、

いとも簡単に行けてしまうことに、逆に驚いてしまう。

難波駅

 ↓南海電車 特急こうや(約1時間20分・1650円)

極楽橋

 ↓ケーブル (5分・390円)

高野山駅

 ↓南海りんかんバス(13分・330円)

蓮花谷(れんげだに)バス停下車

 ↓徒歩約5分

不動院

なんと、何の苦もなく、難波から2時間程度(片道2,370円)で到着してしまうのだ!!

特急でなければさらに780円お安く行けるけど、

やっぱり指定席で豪華なシートは楽チン&旅気分でテンションがあがる↓

黒こうや(車内)

特急こうや 1200年記念特別仕様

車窓からの風景が、難波のビル群から、

徐々に長閑な田園風景に変わっていくのも心地よい。

極楽橋から高野山駅までは、ケーブルで。

高低差328m、距離にして830m、所要時間約5分。

本当にラクで、素晴らしい乗り物だ(笑)。

(歩いて降りてもすごい勾配の坂なので、徒歩で上るのは結構骨が折れると思う)

Dsc_3411

高野山 バス時刻表

高野山駅からは、「奥の院行き」または「一の橋行き」のバスで約13分。

緑に包まれた坂道を上ると、そこが不動院、本日のお宿!!

不動院 オフィシャルサイト

「こんな神聖な場所に泊まるのに、どんな服装で何を履いていけばいいの!?」

と思ったけど、意外と普段通りの動きやすい服装・歩きやすい靴で、

大丈夫な雰囲気だった。

裸足にサンダルでも浮きません、はい。

庭には、まだアジサイが!

Dsc_3412

ここから離れにむかう石段も、趣があっていい感じ↓

Dsc_3428

そしてお部屋に入ると、こんな床の間が↓

Dsc_3415

飾ってある切り絵は、「吉祥宝来(きっしょうほうらい)」といって、

空海が中国で習得し、厳しい冬の間、弟子たちに手法を伝授。

日照時間の短い高野山では稲作ができず、

藁がとれないので、しめ縄の代わりになった、縁起物だそう。

知らなければ「あら、キレイな切り絵」と思うだけだけど、

そういう歴史を紐解いてみると、ただの飾りでとしてではなく、

「福を招きたい」という、願いを感じる。

宿泊者専用ライブラリーには、すでに一般市場では手に入らなくなっている、

空海にまつわる書物やDVDなどが、惜しげもなく並んでいる。

Dsc_3420

夜9時まで利用可能。

何気なく手に取った本や、何の気なしに観はじめたDVDにはまり、

時間がたつのを忘れてしまう・・・。

「もっと外を観光しなくちゃ!」という思いもあるが、

やり残したことがあれば、また訪れたらいいではないか。

あくせくせずに、気持ちの赴くままに過ごそう!

そうこうしている間に、夕食の時間に。

Dsc_3421

初めての本格精進料理。

う、美しすぎる!!

実際に目にするまでは、

「めっちゃ薄味なんじゃないの~?」

「肉とか魚とかなくて、食べた気するの?」

などと不届きなことを考えていたけど、

味がしっかりついていてボリュームもあって、かなりの満足感!!

それでいて、後味もスッキリ。

料理と一緒に、美しさを取り込んで、

自分まで美しくなった気がする(笑)!!

いかの刺身風ナタデココ(?)と、かき揚げが特に美味しかった。

「金松の間」という、専用の檜風呂がついたお部屋に泊まらせていただいたので、

食後はのんびり一人でお風呂に入る。

専用庭が眺められる作りなので、窓全開にしてみた。

う~ん、快適。

目をとじると、まるで露天風呂に入っているかのよう。

頬をなでる空気の冷たさと、

どこからともなく漂う高野杉の香り。

あまりの快適さに、ここが標高900mの山の上ということをすっかり忘れていたが、

そうだ、ここは確かに聖地なのだ。

空海の人生に思いを馳せつつ、贅沢な入浴タイムを満喫するのであった・・・。

ちなみに、お酒は隠語で「般若湯(はんにゃとう)」、

ビールは「麦般若(むぎはんにゃ)」と呼ぶそうだ。

麦般若は館内自販機にあるので、湯上りに美味しくいただきました(笑)!!

(そうです、決して禁酒道場のような宿泊を強いられることもなく、

快適に過ごせてしまいます・・・。)

いつもの女子旅やオッチャン旅・どんちゃん騒ぎの夜もいいけど、

たまにはこういう静かな離れで、お酒を楽しみながら、

普段はできない会話をのんびり・しっとり楽しむ、

というのも、かなりいいものである。

空調もしっかりしているので、フッカフカのお布団で、ぐっすり就寝。

「硬い床に煎餅ぶとんじゃないの?」という、「お寺に泊まる」

という勝手なイメージが、すっかり覆された1日目でした。

そして2日目の朝。

早朝の空気を求めて、少々散歩。

Dsc_3435

普段はかなりの人でにぎわっている高野山を、

朝、貸切のように歩けるのも、宿泊ならではの魅力。

気持ちいい!!

朝7時からは、勤行(ごんぎょう)&阿字観(あじかん)体験。

阿字観は、真言密教の瞑想法のひとつで、

「世界と自分はひとつである」と実感する瞑想だそう。

・・・と聞くとなんだか難しそうだけど、

やり方は丁寧に教えていただけるので大丈夫。

あぐらを組むので、ゆったりした服装がお勧め。

塗香(ずこう)と呼ばれるお香を手に刷込むと、

なんだか気持ちが引き締まる。

指示されたように、口から身体中にたまったものをハーッと数メートル先に吐き出し、

鼻から新鮮な空気を取り込んでいく(いわゆる腹式呼吸)。

数回目から、吐き出す際に「あーー」と声を出す。

単純なことの繰り返しにも関わらず、不思議な感覚になっていく。

心が、静けさを取り戻していくような。

・・・詳しいことは割愛!!

おそらく、実践するたびに、そして人によって全く異なった感じ方になるのだと思う。

意識をとばして、ただそのことに没頭すべし!!

朝食はこちらの部屋で↓

Dsc_3437

本当に、どこを撮っても画になる建物。

随所に歴史を感じる・・・。

Dsc_3438

そしてお待ちかねの朝ごはん↓

Dsc_3440

かなり美味!!

味噌汁も、しっかり味がついていて、美味しかった!

「ここまでできるのか、精進料理!」というのが正直な感想。

お味噌汁とがんもどきは、冷めないよう後からもってきてくださる心配りにも感動。

朝食後は、部屋で写経タイム!

Dsc_3442_2

硯と筆なんて、何年ぶりだろうか?

「ま、まさか墨をすらないといけないのか?」と思ったけど、

そこはきちんと墨汁が入っていて、ちょっとホッとした(笑)。

半紙の裏にはこんな風に印字されていて・・・↓

Dsc_3441

透けている文字をなぞっていくだけ。

ただそれだけなのに、不思議と気持ちが落ち着いていく。

静かな部屋で、鳥のさえずりが聞こえてきて。

部屋の窓から入ってくる風は、山の香り。

五感が研ぎ澄まされていくようだ。

「旅行」というと、楽しい思い出と食べ物で、

身も心もはちきれそうになって帰宅するのがいつものパターン。

「美味しいものをたくさん食べて、

名所をたくさん見て、お土産も買って・・・」と、

わざわざ自分で自分を忙しくしているようなところがある。

(「今日は特別!」の結果、体重増加もまぬがれず・・・(^^; )

もちろん、それはそれで楽しいのだけれど!

今回の宿坊体験では、

身体や頭の中の余分なものがはき出され、

かわりに新鮮な空気と身体によい食べ物で満たされ。

心と身体がスッキリ軽くなって、

周囲の美しい景色・調和の中に、

違和感なく自分自身が溶け込んでいるような。

そんな感覚で満たされた、初めての宿坊体験となった。

せわしない日常に疲れたときは、

この日のこの感覚を思い出して、心を落ち着けられるといいな。

2014年8月 5日 (火)

デブの特徴

今日の格言:

「大した努力もしてないくせに、すぐに人のことを羨ましがるのがデブの特徴だ」

イタタタタ・・・。

基本、ブログには、楽しかったことを書くことにしているのだが、

戒めも、たまには。

朝ランが終わって帰ってきたりゅうちゃん。

「久しぶりに体重が○kgきってたわ」

「え~~、いいな~~!」。

の返しの言葉がこれ。

私はといえば、朝ランさぼってグースカ寝てた・・・。

確かに、命いっぱいに生きている人は、

人のことが必要以上に気になったり、うらやましがったりはしない。

骨折以降、2kg増えた体重がなかなか減らず、

身体も心も、デブ傾向にあった私。

たるんだ心が、そのまま身体にでてしまってる・・・。

おおらかなデブならまだしも、この性格では、それも厳しい(笑)。

ガツガツ頑張るしかない!!

とりあえず、

「暑いし、しんどいし」と思って避けていた15kmペース走、

仕事が終わってから、いってみた。

500mx30周の刑(笑)。

15kmを1時間24分50秒。

㌔5分39秒が精一杯、全盛期にはまだまだ程遠いけど、

かろうじてノンストップで走り切れた。

今の自分にできることを、一生懸命。

その積み重ね。

今から・ここから!!!

脱・デブ宣言、頑張るぞ!!!

続きを読む "デブの特徴" »

2014年7月30日 (水)

レンガ柄のウォールシート

今のマンションに越してきてから、もうすぐ3年。

快適に暮らしているけど、そろそろ、洗面所の壁紙の汚れが気になってきた。

防水性のない、漆喰を塗った柄の白い壁紙。

かわいいし、気に入っているけど、 もっとガツガツ、

濡れた雑巾で拭けないものか??

Dsc_0285

シールのついた、タイルシートをはめ込んでみようか??

いやいや、それだと、サイズ合わせに苦労しそうだし・・・。

予算もオーバーしそう。

5000円ぐらいでなんとかしたい。

色々探しているうちに見つけたのがこれ↓

 

事前に、無料サンプルをもらえるのもポイント高い。

素材感や柄の大きさもリアルにわかって、

安心して購入に踏み切れた。

柄合わせも必要だろうから、余裕をもって10m購入。

出来上がったのがこちら↓

Photo

結構時間かかったけど、まずまずの出来栄え!!

余ったシートで、キッチンと玄関もいってみた↓

(使用前)

Dsc_0288

(使用後)

Dsc_0289

Dsc_0290

玄関は、使用前撮影忘れた!

Dsc_0291

ちょっと掃除用具や荷物を立て掛けるときでも、

白い壁紙の上にレンガ柄のシートが貼ってあると、

安心&ちょっとオシャレ(笑)。

う~ん、なかなかいい仕事しました!!

2014年7月 2日 (水)

骨折 37~46日目

6/22(日) 37日目

Dsc_0144

前日の6/21(土)、

㌔9分30秒でトコトコ走ったり、

立ち止まったり、歩いたりを繰り返して、気づけば9km。

その翌日の6/22(日)。

目覚めると、なんと両太もも筋肉痛だった・・・!!

そうかそうか、骨折して36日目に運動すると、

こういう感じになるのか・・・。

患部には念のため湿布をはって寝たので、

特に目立った痛みはなし。

そして、驚いたことに、

土曜日以降、あれだけひどかった左足のこむら返りが、

ぴたっとおさまった。

足首がかたまって、階段がまっすぐ下りられなかったのも、

ナチュラル(?)に降りられるようになって、感激。

6/22(日)は、「ゆっくりのんびり7kmぐらいにしようかな」

と思い、出かける。

極力左足に衝撃が加わりすぎないように気をつけるが、

スントを確認すると、㌔9分ほどになっている。

「ま、ええか」と思い、そのまま続行。

7kmまで残り1km少々というぐらいのところで、

「あれ?なんか、ちょっと痛い??」という感じに。

神社でお礼参りと走友の治癒祈願をすませ帰宅すると、

「あらら、やっぱり痛いわ」という状態に・・・。

教訓:ギプス(シーネ)がはずれてから1週間は、日常生活で様子をみよう

可動域が狭まっていた左足には、

日常生活だけでも、十分なリハビリになっていたようで。

走るのは、この週末はまだ早かったようだ。


6/23(月) 38日目

立ち上がるたびに左足に痛みが。

なにがこんなに痛んでいるんだろう??

骨折した小指の付け根あたりがダイレクトに痛むのが、

かなり気になる。

帰宅後、お風呂でじっくり観察してみたが、

多少むくんでいるものの、骨折特有の腫れた感じもない。

仕方ない、このまま様子をみてみよう。

少しずつ、毎日走るつもりだったのに、

しばらく走れそうにもない痛みに、少々落ち込む。

(ウソ、かなり凹む)


・6/24(火) 39日目

ウソのように治っててほしい、と思ったが、

相変わらず立ち上がる動作などをすると、痛い。

もうギプス(シーネ)ははずれているのに、

まるでギプスをつけているかのような動き。

関節を動かさなければ痛みがマシ、というのを、

身体が覚えているかのようだ。

痛み止めを飲みたいところだったけど、

自分自身への戒めのためにも、あえて飲まず、

痛みと向き合う・・・。


6/25(水) 40日目

痛みが、少しマシに。

でも、走るのはまだガマン。

6/26(木) 41日目

日中も痛みが出なかったので、今度こそ、

少なめに走ろうと決意。

㌔9分半ほどで3km走り、1.5kmは晩御飯の買出ししながら、

のんびり散歩。

6/27(金) 42日目

㌔9分半で7km。

前日の痛みも残ってないし、今度はいけそうな予感。

6/28(土) 43日目

菊水山で、焼きそば大会。

オール歩き8kmの復活ハイキングに、みんなが付き合ってくれた。

Dsc_0157_2

Dsc_0159

Dsc_0162

実に、6週間ぶりの山。

りゅうちゃんが買ってくれたハイキング用の杖を持参。

さすが「転ばぬ先の杖」、大活躍だった。

リュックに荷物をつめるのも久しぶりで、遠足気分。

午後から雨の予報だったけど、幸い、ふられずにすんだ。

鵯越駅から、菊水山山頂まで。

六甲全縦の際、何度か通った道のりだけど、

こんな道だったんだ・・・。

いつもは走る区間も、足裏の具合を気にかけながら、

じっくり歩く。

段差も、骨折部分に衝撃をかけないよう気をつけながら、

ゆっくり降りる。

それでも、土や木々の香りあふれる道を歩き、

汗をかけることが心地よい。

菊水山の上りはやっぱりキツいけど、

足に負担がかかりにくい心肺トレーニングだと思うと、

キツさ自体がありがたい。

みんなでワイワイいいながら、焼きそば&ビールで乾杯。

景色もよく見えて、最高の気分。

ついでにロングウインナーも焼いてホットドックパンではさんでみたら、

これがまたシンプルで美味しかった。

みんなが荷物をたくさん持ってくれて、ゆっくり歩いてくれたので、

体力的にもなんとかついていけて、足の痛みも出なくてすんだ。

このあとは、すずらんの湯 へ。

ここの酵素浴が目当て。

2年ぶり、2回目。

15分ほどの酵素浴、2000円。

怪我の早期治癒や、癌・坐骨神経痛にも効果があるらしい。

以前入って身体によさそうだな、と思ったので、

骨折の早期治癒願掛け(?)も兼ねて・・・。

さらにさらに、ここのミックスジュースにソフトクリームをいれたものが、

かなりの美味なのだ。

お値段280円↓

Dsc_0164_3

りゅうちゃんは「マンゴーカキ氷」をたのんでいたが、

相当おいしかったらしい(笑)↓

Dsc_0165

(「うんまーー!!」と言っている(笑))

三宮に移動して宴会、とても楽しい1日だった。

6/29(日) 44日目

1404017054796_2

骨折後、初めての15km。

㌔8分前後で、歩いたり走ったり、バラをのんびり眺めたり。

骨折部の痛みも、こむら返りもなくなり、

あとは体力だけの問題になってきた!

6/30(月) 45日目

Dsc_0182_2

「途中で足が痛くなって、時間内に戻れなかったら・・・」という思いもあり、

なかなかできなかった平日・朝ラン。

週末で自信がつき、㌔8分程度で7kmにトライ。

よし、これならいけそう!!

やっぱり、朝の空気は格別。

ここまでできるようになったかと思うと、感慨深い。

夕方、同じペースで6km追加。

7/1(火) 46日目

Dsc_0188_3

Dsc_0189_2

46日目、最後のレントゲン。

骨折線もきれいになくなり、もう、どこが折れていたのかわからないぐらいになっていた。

「もう大丈夫だろう」とは思っていたものの、

こうしてレントゲンで確認できて、ホッとした。

「走れるようになるのは、早ければ1.5ヶ月後、2ヶ月程度はかかると思ってください」

と言われていた私の左第五中足骨基部骨折。

無事、46日目で完治宣言をいただくことができました・・・!

骨折日記は、これで一旦終了。

本調子にもどるまではまだまだ時間がかかりそうですが、

ここからまたコツコツ積み上げていきたいと思います!!

 

2014年6月21日 (土)

骨折 32日目 祝・脱シーネ!!

6/17(火) 32日目

ついに、ついに、シーネを外せる日が!!

骨折当初↓

527_2

6/18(火)↓

Dsc_0104

明らかに、骨折線が薄くなっている!!

シーネをはずし、「足底装具」を着用しての歩行が許可される。

この日できあがった「足底装具」とは、これ↓

Dsc_0108

折れてる小指の付け根の部分を保護するように、

普通のインソールより高めに作られているそう。

Dsc_0114

いつも履いているランニングシューズのインソールと並べてみると、

アーチの部分が盛り上がっているのがわかる。

足の中心に重心をもってきて、

怪我した部分の負担が軽くなるように設計されているらしい。

Dsc_0113

オーダーメイド、お値段税込15,820円・・・。

(職場の組合に申請すると、7割もどってくるらしい)

正直、なくてもなんとかなりそうなものだけど、

履いたら履いたで、やっぱりないより楽に歩けているような気もする。

こんな、家の中用の装具(?)もつけてくれていた↓

Dsc_0110

マジックテープになっている部分に固定して、

かかとをあわせてとめるとこんな感じ↓

Dsc_0111

「左だけじゃなくて、右も同じように作ってもらえないんですか?」

と聞いてみたら、それは保険適用外になるから、

病院ではなく別で作るように言われた。

「あ、それならいいです」という流れに。

左右のバランスが崩れないのか心配になったが、

いずれ左足の骨がしっかりしてきたら、

この足底装具は、使わなくなるのだそうだ。

右に比べて左が弱いうちは、これでサポートしておく、というわけか。

今回はじめて履いて骨折したアディゼロと、

いつも履いているニューヨークを、改めて比較してみた。

Dsc_0115

スリムに見える割には、幅広の足がすっぽりおさまり、

しかも軽くて走りやすかったアディゼロ。

裏返してみると・・・

Dsc_0116

足を包み込む面積は同じでも、

それを支えるアウトソールの面積・厚みが、全く違うのだ。

踵の部分で幅約1.5cm、

今回骨折した部分で約1.0cm、ニューヨークの方が大きかった。

つまり、それだけ安定していて、ひねりにくいということ。

もさっとしていてスピードはでにくいかもしれないが、

今まで知らず知らずのうちに、今までニューヨークに助けられていたのかも。

もちろんアディゼロに罪はなく、

慣れてもいないのにいきなり山に履いて行った私が悪いのだ。

今度は、フラットな路面で、少しずつ慣らしていくぞ!!

6/18(水) 33日目

両足、ランニングシューズで出社。

足底装具を入れていることもあり、

シューズ内、足でパンパン。

いつもは、かなり長くあまる靴ひもが、ほとんどあまらない。

はじめは脚をかばうような歩き方・動作をしていたけど、

仕事に集中しているうちに、骨折のことを忘れて早歩き。

その途端、左ふくらはぎがはげしくつる・・・。

骨折した箇所・付近に痛みはほとんどないものの、

1ヵ月間、なるべく負担のかからないようにしていた左足の筋肉が、

驚くほど衰えているのを感じる。

少しずつ、少しずつだな。

6/19(木) 34日目

会社帰りに、バイクで服部緑地にアプローチ。

Dsc_0120

ラベンダーの香りを、胸いっぱいに吸い込む。

幸せ。

階段のくだりではまだ左足がつってしまうが、

ゆっくり歩けば大丈夫。

ベンチで休んだりしながら、園内を散策。

Dsc_0118

Dsc_0123

この、植えられたばかりのひまわりが満開になるころには・・・

Dsc_0119

私も、気持ちよく走れるまでに復活するぞ!!

6/20(金) 35日目

今度は、会社帰りに、尼崎農業公園にアプローチ。

Dsc_0127

菖蒲が、きれいに咲いている。

満開まで、もう少しといったところか。

Dsc_0125

長く続けて歩こうとすると、足がつりかけてしまうのがもどかしい。

少しずつ、ゆっくりゆっくり、だな。

6/21(土) 36日目

AM5:00に目が覚める。

今日は、服部天神宮に、お礼参りに行くのだ!!

オール歩きにするつもりだったがまどろっこしく、

スーパースロージョグにしてみた。

スントを確認すると、㌔9分30秒。

歩いていると、少し筋が痛むたびにおっかなびっくりしてしまうが、

このぐらいゆっくりでも、走るフォームにしてみると、

なじんできて気持ちいい。

何も考えずにすむゾーンに入れる。

おぉ、いけそう!!

気持ちが明るくなる。

鼓動も、いい感じにきざんでいる。

先に出発して走っていたりゅうちゃんと、緑地で遭遇。

小走りで走っている私を発見して、かなり驚いていた。

「ええんか、走って!?」

「意外とイケるで!!」

りゅうちゃん撮影↓

20140621105147

トコトコトコ・・・。

Dsc_0130

Dsc_0131

Dsc_0132

こんなに元気になりました、どうもありがとうございます!!

少しずつ、少しずつ、強くたくましくなっていきます。

これからも、見守ってください・・・。

Dsc_0133

そしてそして、楽しみにしていた、

「ギプスがとれたら、自分の足で、朝モス!!」。

Dsc_0134

走ったり、歩いたりしながら、気づけば9km。

最高に美味しい朝モスでした。

2014年6月17日 (火)

骨折 23~29日目

6/8(日) 23日目

68_2_2

68_1_2

前日に海遊館にお出かけしたので、

この日は大事をとって外出なし。

足の具合は、良好。

腫れあがっていたのが急にしぼんできたためか、

小指の付け根あたりの皮膚がたるんでシワシワになってしまっているが・・・、

そのうちなおるだろう。

牛乳を切らしてしまっていたので、

またしてもイオンネットスーパーのお世話になる。

りゅうちゃんは出かけていて、一人で留守番だったので、

配達予定時間には、なるべくトイレにいかずにすむよう、

気合を入れて待つ(笑)。

いや、ほんとに何をやっても動作に時間がかかるので、

トイレ内で「ピンポーン」などとこようものなら、

出るまでに結構時間をくってしまうのだ・・・。

お昼1時までに注文したものが、夕方16:20に到着。

16:00~18:00の枠だったので、

早めに来てもらえて助かった。

この日から、腹筋と簡単なストレッチを開始。

15分程度だが、少しでも運動で汗をかけると、心地いい。

20代のころは簡単にできていた腹筋メニュー、

あのころよりキツく感じるのは、仕方のないことか??

夜9時すぎにりゅうちゃん帰宅。

走友ふかちゃんからのお見舞いクッキーを預かってきてくれていた。

心温まるメッセージカードと、バターのいい香りのするクッキーに、

気持ちが和む。

どうもありがとうございます。

6/9(月) 24日目

「あっ、夢か・・・」。

寝る前に、骨折前に自分が山を走る動画を見ていたためか、

「やった~、こんなに走れるようになった!」と、

喜んで山を駆け回っている夢をみた。

正夢になるまで、あと少しの辛抱だ・・・。

6/10(火) 25日目

610_2_2

610_1_3

「もう、治ったんじゃないのか?」と思うぐらい、足の痛みのない朝。

ぱっと見、どっちが骨折の足かわからないぐらい(?)。

この足での晩御飯の支度も慣れてきて、

品数を結構多く作れるようになってきた。

610_3

6/11(水) 26日目

「もう治ったんじゃ・・・」とか前日は思っていたが、

この日はやけにジンジン痛みが。

(特にムリはしていません、多分)

気のせいか、天気が崩れる日は痛みもでるような。

右肩あがりによくなっていくのではなく、

調子のいい日があれば悪い日もあり、

気づかないうちにその水準自体が少しずつ上に上がっている、

というようなイメージ。

6/12(木) 27日目

Dsc_0073

612_1

左足の左半分にも、右足のような血管が見えるようになってきた。

折れた箇所は、ぽこっとふくらんでいる。

6/14(土) 29日目

万博に行ってきた。

1402711555279_2

週末に向けて、お出かけの予定があることが、

こんなにも平日の心の支えになっているとは。

先週の海遊館に続き、ワクワクのウイークエンドとなった。

ありがたいことだ。

エントランス手前にある、総合案内所で車椅子を借り、

いざ入園!!

Dsc_0082_3

はすはまだだけど、睡蓮はちらほら。

Dsc_0085

日本庭園内の菖蒲は見ごろ。

先週末、海遊館で車椅子体験していたので、

今週も・・・、と思ったが。

万博、広い!!

ガタガタ道・坂道が多い!!

押してくれるりゅうちゃんに、申し訳なくなるぐらいだった・・・。

私にとっては、「屋外で車椅子に乗ると、こんな感覚なのか」と、

いい経験になった。

以前はラベンダー園があった記憶があったが、

残念ながら、なくなっていた。

来年の6月には、今年の分までゆっくりと、季節の花を愛でよう・・・。

そして、お弁当タイム↓

Dsc_0089

久しぶりの手作り弁当。

青空の下、レジャーシートを広げてお弁当食べて、

ごろっと寝転ぶ、というのが、この日の一大イベントだったのだ。

Dsc_0091

横たわり、目をあけると、一面の木々、木漏れ日。

暑い1日だったけど、日影には、さわやかな風が吹き抜ける。

思わずうたた寝、幸せを感じる。

Dsc_0093

あじさい園が開催されていた。

帰宅後の足はこんな感じ↓

Dsc_0100

Dsc_0102

両足、靴がはけるまで、あと少し・・・!!!

 

 

2014年6月10日 (火)

骨折22日目 初めての車椅子(海遊館)

6/7(土) 22日目

りゅうちゃんと、海遊館へ。

週末の予定に向けてワクワクしたのも、久しぶりな気がする。

5/19(月)以降、電車に乗るのは初めて。

楽しみ9割、不安1割、といったところか。

痛み出したときのため、ロキソニンをバッグにしのばせる。

自宅から駅まで、元気なときなら徒歩7分。

松葉杖をつきながら、左足もかかとをつけながら、

マイペースで歩き始める。

左足をつけるようになってから、松葉杖はほとんど使わなくなっていたけど、

長い距離を移動するときは、足をつきながらも、

松葉杖を補助に使ったほうが断然ラクだということが判明。

どうしても左をかばって右ばかりに負担がかかるけど、

松葉杖があると、右の負担も軽くなるし、

バランスがとりやすくなる。

りゅうちゃんが、あわせてゆっくりすすんでくれる。


どこからか、花の香りがただよってくる。

たったこれだけのことで、大いに感動してしまう。

自分の足で外を歩けるって、素晴らしいことだ。

改札を通るときは、りゅうちゃんに松葉杖を預け、

自分のバッグから回数券を取り出し、通る。

そして、脇によけ、松葉杖を受け取り、歩き始める。

アシストしてくれる人がいると、ものすごく助かる。


海遊館到着。

長い距離を松葉杖で移動するのは初めてなので緊張したが、

幸い、足も痛くならずにすみ、ロキソニンには手をださずにすみそうだ。

ここから先は、りゅうちゃんが、車椅子を予約してくれていた。

車椅子用の、エレベーターを使えるルートを、

随所で係りの人が案内してくれるそうだ。

松葉杖を預け、いざ、入館!!

1402119257655


そんなに水族館に興味のあるほうではなかったが、

思いのほか(スミマセン)、楽しかった。

混んでいる場所では人にぶつからないかとか色々心配だったけど、

すいている水槽の前で、ゆったり泳ぐ魚を眺めていると、

自分の気持ちも、ゆったりしてくるようだった。

Dsc_0032

Dsc_0035

Dsc_0054

ただひたすらに泳ぐ、ただひたすらに生きる。

疲れれば、休む。

あれこれ悩むのは人間の勝手で、

生物は本来、こうやってシンプルに生きるべきなんだろうな、

などと思ってみたりする。

観覧車も、いつぶりかわからないぐらい久しぶりに乗った。

なんと、車椅子のまま乗れてしまうそうだ。

Dsc_0063

車椅子マークのついたカゴがまわってくるまで待ち、

足場をかけてもらえる。

乗り込むまで観覧車をとめてしまうことになり、ちょっと恐縮。

いやしかし、足を悪くしてしまうと、でかけるのに相当苦労はするものの、

人の好意や協力で、色んな体験ができるものなのだな、と。

とてもありがたく思った。

困っている人がいたら助けよう、という気持ちは以前から持っていたつもりだけど、

この足がよくなったら、

もっともっと人助け・恩返しができるようになりたいものだ。

帰りは、梅田でお食事。

ジョッキでビールを飲めるのは・・・、実に1ヶ月ぶり・・・。

久しぶりの電車移動、花の香り、ジョッキビールに、

涙ぐんでしまうほど感動した1日だった・・・。


2014年6月 8日 (日)

骨折 11~18日目

5/28(水) 11日目

5282

528

相変わらずむくんで、足首はどこ?状態。

内出血は、少しおさまってきた。

5/29(木) 13日目

この日は、修理に出していたスマホが戻ってきた日。

実は、5/21(水)、骨折4日目にあたる日。

玄関でスマホを取り出したら、そのまま床に落としてしまい。

なんと、液晶が割れてしまったのだ・・・。

タッチパネル操作が全くできず。

保険に入っていたが、修理代はMAXの5400円だっただろうか?

カバーもしていたし、今まで何度落としても壊れたことなどなかったのに・・・、

足と同じく、打ち所が悪かったようだ。

りゅうちゃん曰く、「スマホも骨折」(笑)。

設定やらなにやら、元通りになった今だからこそ笑い話だが、

やっと帰ってきた玄関で、また修理にでかけるときには、

ちょっと悲しい気分になったものだ・・・(しみじみ)。

おまけにSDカードを入れてなかったものだから、

店頭でバックアップができず、また1度家にもどってとってきた。

スマホを修理に出すときには、

SDカードが入っているかも確認しましょう・・・。

足のほうは、この日を境に、むくみが随分すっきりしてきた。

5/30(金) 14日目

Dsc_0002_3

Dsc_0003

14日目ともなると、シーネ本体も、汚れ・においが目立ってくる。

暑い日が続いたし、毎日滝のような汗をかいている。

もちろん足も、例外ではない。

足自体をお風呂でキレイに洗っても、

はだしで履き歩いたスニーカーに、

お風呂上りの足をつっこむようなもの。

濡れタオルで拭いてみたり、ファブリーズをふりかけたりしてみたが、

どうしても耐えられないレベルになってきた。

そこでためしに購入したのがこれ↓

530

100円ショップの、足首用ネット包帯!!

着用すると、こんな感じ↓

530_3

この薄さ・通気性・綿の感触が、ちょうどいい!!

むくみがとれてきて、シーネと足に、微妙なスキマができていたところにも、

ベストマッチ!!

(ものすごく快適になったので、4枚追加で買い足した)

※折れ方によっては、こういうことをしてはいけない場合もあるかもしれないので、

 医師の診断にしたがってください

5/31(土) 15日目

531_1

531_2

この週末は、家から一歩も外出せず。

時期的に、「安静第一」と自分に言い聞かせた。

こうなったら、インドアで楽しむしかない。

ちょっと贅沢しておとりよせ↓

これはヒット!!

ベーグルって、こんなに美味しいものなのか、と、

感動した。

冷凍した状態で届くので、30分ほど室温で解凍。

半分にスライスしてトーストし、クリームチーズを塗っていただく。

外側はかりっと、中はもっちりふわふわ。

菓子パンのように、しつこく口の中に残らない。

少しだけ値段のはるレトルトスープと一緒に、

自宅でカフェ風ランチ・・・。

掃除して風通しよくしておいたら、自宅ランチも気持ちのいいものだ。

6/1(日) 16日目

イオンネットスーパー初体験、便利で感激。

届いたキムチを使って、お気に入りの豚キムチチーズ焼きそばで昼食。

61_3_2

レシピはこちら↓

レンジグリル「ジタング」で作る豚キムチチーズ焼きそば

何度もリピートしているお気に入りレシピ。

使用したレンジはこちら↓

増税前に購入。

これも当たりの買い物だった。

20年使った日立製から買い替え。

ヨドバシに見に行ったところ、どのオーブンレンジも巨大すぎて、

うちの木製ラックにおさまりそうにない。

大きさを測って、

三菱ジタングかシャープのヘルシオかで迷った。

ヘルシーさよりも、時間短縮・後片付けが楽そうなほうに心が傾き、

三菱ジタングに決定。

レンジからグリルに自動で切り替わってくれるのが、思いのほか便利。

61_2_2

色々機能がついてても、結局ほとんど使わないので、

このぐらいシンプルなボタンの方が、逆に好感が持てる。

金曜日に帰宅してから、一歩も家からでることなく、

この週末が終わっていった・・・。

6/2(月) 17日目

この日の夜から、度重なるこむら返りに苦しめられる。

左のふくらはぎがつることなど、今までなかったのだが・・・。

おまけに、お風呂上りに足の指の間を拭こうと思ったら、

どの指の間も、皮がめくれてふやけまくっている。

これは、いわゆる「水虫」では・・・??

そりゃそうだ、ぴっちりむくんだ指が密着している上に、

羽毛布団ばりにあたたかいシーネに毎日包まれているんだから・・・。

この日以降、このような状態に↓

Dsc_0016_2

Dsc_0019_2

翌日、レントゲン技師のお兄さんに見られたが、

「サポーターしておられるんですね」と、スルーされた。

工夫した者勝ちだと、思わなくもない。

これのおかげで、水虫くんは、かなり改善された。

6/3(火) 18日目

Dsc_00

3回目のレントゲン。

小指付け根の折れた箇所は、変化なし。

いや、実は見せてもらった瞬間、もやっぽいものがかかっているように見えて、

「これが仮骨(かこつ)ですか!?」と聞いてみたら、

「いやいや、そんな簡単にはできませんよ、骨は(笑)」と返された(ガッカリ)。

私:「でも、ずれてもなく、さらに折れてるわけでもないから、一応順調ってことですよね?」

医者:「今の段階では順調ともなんともいえませんが、ムリはしないでください。

    何か変わったことはありますか?」

私:「昨日の夜、足がつって・・・」

医者:「こむら返りですね。乳酸がたまるから、なりやすいですね。

    漢方を飲むという手もありますが・・・」

私:「あぁ・・・。ところで、次は2週間後レントゲンって前回うかがいましたけど、

   そのときにこのシーネが外れる予定なんでしょうか?」

医者:「そうですね。今日、ちょうど装具屋さんが来ているから、

     足底装具つくりましょうか?

     シーネはそのとき外して、足底装具で様子みましょう。

     左足の靴も持って来てください」

私:「あの、7月初旬ぐらいからは走ってもいいでしょうか?

   8月頭に、北アルプスに行く予定があるんですけど、行っていいですか?」

医者:「8月初旬であれば、大丈夫でしょう。

    走るのも、来月復帰をめどに頑張りましょう。フルマラソンですか?」

私:「いえ、長いのを走るのが好きで・・・、先月250kmマラソン走り終わって、

   2週間後の骨折だったんです」

医者:「・・・へぇ・・・・」

私:「へぇ、ですよね・・・」

このとき、初めてこのお医者さんと目が合い、

笑みを交し合ったような気がする・・・。

制限時間は何時間か、とか、寝袋をかついで走るのか、とか、

意外と興味を持っておられた・・・。

装具屋さんに、

「アクティブな人だから、本人の希望通りのタイプの装具にしてあげて」

というような引き継ぎをしているのが、退室時、背中越しに聞こえた。

そして、しばらく順番待ちした後、足底装具屋さんとの面談に。

折れた箇所に負担をかけず歩け、

歩行時に、足をひねりにくくするような効果があるそうだ。

カタログを見せてもらい、どっちがいいかと聞かれた。

一方は、靴の中敷のようなタイプ。

もう一方は、膝下までがっちりはめるようなタイプ。

「インソールタイプでお願いします。膝下まであると、可動域が狭まりますよね」

「それは確実に狭まりますね。では、足形をとるので、この上にのってください」

スポンジ状の型にビニールをかぶせてあり、その上に、足をのせる。

体重をかけると、めりこんでいく。

・・・・いった~~~!!!

雨の日にジンジン痛むことがあるくらいで、

普段は特に痛みを感じることのなかった左足。

この、やわらかい型に乗せたときには、そりゃもう痛かった・・・。

普段は、硬いシーネに包まれて、守られているだけなのか・・・。

仕方ない、そのうち治るだろう。

6/17(火)になれば、シーネが外れて靴がはける、という事実のほうが嬉しい。

ちなみにこのオーダーのインソールは15,820円、

組合に請求すると、後から7割かえってくるらしいので、実質4,746円。

「ほんまにいるんかいな?」と思わなくもないが、

ここはケチらずに、医者と装具屋さんの指示にしたがっておこうと、腹をくくる。

さて、どうなることやら・・・。

より以前の記事一覧