食材・レシピ

2019年8月17日 (土)

楽天ROOM

普段使っている調味料など、こちらのサイトにまとめてみました!

https://room.rakuten.co.jp/room_junkot/items

 

 

2018年10月 4日 (木)

渋柿を甘くする

9/30(日)、実家から、柿が届いた。

「渋柿は、袋に入れて、焼酎を少したらしておくと甘くなる」

と10年以上前に人に聞いて、ずっとその方法で甘くしていたのだが。

今年はたまたま焼酎を切らしていた。

最近、家ではもっぱらハイボール派。

「柿を甘くするためにさざわざ飲まない焼酎を買うのもどうなのか?」

と思い、ネットで検索してみると、

「リンゴと一緒に袋に入れておくと甘くなる」という情報が。

渋柿をりんごと一緒に袋に入れておくと甘くなった! 

早速試してみた。

9/30(日)の柿↓

Dsc_3161

1週間と書いてあったけど、3日後に袋を開けてみたところ・・・。

10/3(水)の柿↓

Dsc_3170

おぉ~~~、色づいてる!!

右端の、よく熟れていそうなのを食べてみると、甘い!

これ以上リンゴの力を借りると熟れすぎそうだったので、

ここでリンゴは渋抜きの役割を終え、胃袋に。

ここまでくると、袋を開いた状態でも、どんどん甘く柔らかくなっていく。
 
 
ちなみに、やわらかくなりすぎたものは、
冷凍してシャーベット状にしてそのまま食べたり、
ヨーグルトに入れて食べたりすると食べやすい。
(これもネット情報)
 
昔は、親や知り合いから見聞きしたことしか知識として入ってこなかったけど、
今はスマホやPCをいじるだけで、
いつでもどこでも色んなことを調べることができて、
ほんとに便利な時代になったものだ。

2018年10月 1日 (月)

栗ご飯

10月1日になりました!

「もしも○○だったら」と
過去にとらわれることなく、

「○○だったらどうしよう」と
未来に怯えることなく、
今この瞬間を、慈しみ、懸命に。

父が拾い集め、母がむいて送ってくれた栗で、栗ご飯。
愛情も、たっぷりチャージ!

42863923_1192631327542675_5569898_2

2018年9月26日 (水)

圧力鍋

ついつい買ってしまう、便利な調理器具。
 
毎日のように活用しているものもあれば、
しまいこんで、存在すら忘れてしまっているものも。
 
「これは、今後も使わないだろうな」というものは人に譲り、
「おっ、これはもう一度使ってみようか」と思うものは、
再び日の目を見ることに。
 
日の目を見たのは、こちら↓

Dsc_3145

圧力鍋!
取説の間に納品書も残っていて、
「2005年12月8日 19,900円(税別)」。
 
おぉ~~、13年も前に買ったのか!
そういえば、前の家では棚でホコリをかぶっていて、
こっちに引っ越してきてからは、
天袋にしまいこんでいた。 
重いし、つい使わなくなっていて・・・。
 
・・・しかし、2万円もしたのか。
使用回数的に、モトをとれていないはず。
もう一度、使いやすい棚に設置しなおして、日常使いしてみよう!
 
早速、ひじき豆をつくってみた↓

Img_20180926_075320

乾燥大豆をもどしたものを煮るのも、
普通のお鍋だと1時間かかるのが、
圧力鍋だと、オモリがふれてから弱火にして1分でOK。
 
こんにゃく・にんじん・高野豆腐・ごぼう・しいたけなど、
具沢山でつくっておくと、常備菜として役に立つ。
 
手羽先と大根と卵の煮物もつくったけど、
こちらも短時間で美味しく仕上がった。
 
時間かけてコトコト土鍋で、という生活にあこがれつつも、
同時進行でガスを使いたい場面も多く。
数分でガスから離れてくれる圧力鍋は、それはそれでありがたい。
 
手元に残しておく調理器具は、バンバン使っていこう!
整理整頓をはじめたからこそ気づいた、お宝の巻でした。

2018年7月11日 (水)

まぐろアボガド+長芋DEユッケ丼

36872543_1117036405102168_821118545

本日の一人ご飯。
レシピはこちら
 ↓
このレシピ、かなりお気に入り。
すでに何度作ったかわからないぐらい作っている。
火を使わないので、暑い日にも助かる。
マグロもアボカドも、相当あたりの品だった!!
アボカドがあたりだと、特に嬉しい。
 
水菜をのせるレシピだけど、今回はサラダ菜で。
 
実は数日前にスーパーに行ったら、このサラダ菜、
1ケース(10個ぐらい)で150円だったので、
「こんなにたくさん、どうするねん!!」と思いつつ、買ってしまったのだ。
 
味にクセがないので、他の食材ともよく合って、
バンバン消費中!
 
ビタミンKも豊富に含まれていて、
カルシウムの吸収を助ける働きがあるので、
魚料理やチーズなどと共に食べると、
効率よくカルシウムを摂取できるそうだ。
 
今日のあすけんは、94点!
明日も元気に頑張ろう!

2018年7月 1日 (日)

さくらんぼ

以前は、週末でかけるときは、
大抵コンビニでおにぎりやパンを買っていたけど、
最近はもっぱらお弁当派に。

36376213_1106170276188781_177441449

手間はかかるけど、
自分の好きなものだけ入れられるし、節約にもなる。
 
デザートのさくらんぼは、
特売で1パック298円!
 
果物って、なくてもそんなに困らないし、
節約モードの時は「ま、いいか、買わなくても!」となりがちだけど。
 
美味しい旬の果物は、
シーズンに1回は食べたいな、と。
 
90歳まで生きるにしても、
食べられる機会って、もう50回を切っているわけだ。
 
頑張って働いて、お金稼いで、
美味しいもの食べて、
気力・体力ともに、充実した日々を過ごしていきたい。
 
「高価=良いもの」というわけでもないので、
見る目を養い、感性を養い、
食材にしても、その他諸々にしても、
自分にぴったりなものを見つけていきたいものだ。
 

2018年6月30日 (土)

キムチチーズ肉じゃが

36330907_1105481816257627_370930624

じゃがいもは、フランス語で「ポンム・ド・テール」、
「大地のリンゴ」とよばれている。
 
含まれるビタミンCはリンゴの約5倍。
デンプンに守られているため、加熱しても失われにくいそうだ。
 
ただし、日光に当たって緑になっている部分や、
芽の部分には「ソラニン」という毒素が含まれるため、
しっかり取り除いて調理すること!
 
ビタミンCには強い抗酸化作用があり、美肌効果、
ストレス対策などの効能あり。
 
じゃがいもって、すごいんだな~~。
 
どんな食材にもメリットとデメリットがあって、
「これだけ食べていれば大丈夫!」ということはない。
適した時期に、適量を。
 
今はまだ見つかっていない効能もあれば、
「実はこんなデメリットもあった」と、後でわかることだってある。
 
だからこそ、色んな食材を、バランスよく!
「いただきます」、日々の食事に、感謝!
 
【材料】
玉ねぎ 1個
キムチ 150~200g
豚バラ、もしくは牛肉 200g
(糸こんにゃく、人参)
じゃがいも 600g程度
 
◎調味料
鶏ガラスープのもと 小さじ2
生姜のみじん切り
醤油 大さじ2~3
みりん 大さじ2~3
酒 大さじ2~3
水 200cc
 
玉ねぎと生姜のみじん切りを透き通るまで炒めて、
肉とキムチを炒め合わせる。
糸こんにゃく、人参は、 あってもなくてもどちらでも。
 
油がまわるまで残りの具材を炒めたら、
水と調味料を加え、 柔らかくなるまで煮る。
 
仕上げにピザ用チーズか、 とろけるスライス2枚入れて、完成!

2018年6月29日 (金)

鰯(いわし)

今日の晩御飯は・・・

36289539_1104254079713734_798234679

鰯の蒲焼丼!
2人分で、100円という、栄養満点・お値段控えめの、優秀食材!
サイドメニューは、
 
おくら・なめこ・長芋の味噌汁
ひじき煮
かぶの甘酢漬け
 
の3品。
 
ちなみに、おとといの鯖は298円が特価で150円(2人分)、
昨日のハマチは300円。
それでもなおかつ鰯が安いという!
 
魚に弱い、と書く漢字のように、
痛みやすいので、鮮度がいいものを買って、
なるべく早く調理するのがミソ。
 
このレシピの梅煮も美味しい
  ↓
 
トロトロになるまで、玉ねぎを一緒に煮ても、
ボリュームがでて美味しい!
 
鰯は、もっぱらこの梅煮か蒲焼丼。
効能は、ざっくりこんな感じ
 ↓
・骨や歯の成長、維持(カルシウム)
・生活習慣病予防(タウリン・EPA)
・脳の活性化(DHA)
・老化予防(セレン)
 
美味しい晩御飯は、明日への活力!
食べ物からしっかり栄養をいただいて、
明日も元気に頑張ろう(^-^)

2018年6月28日 (木)

焼き枝豆

今日の晩御飯(の一部)!

Dsc_2205

焼き枝豆に、初挑戦!
茹でるのが主流の枝豆。
実は、焼いて食べると、栄養がそのままとれる上、
食感も、ほっこり香ばしい!
大豆の熟する前が「枝豆」。
実は、収穫する時期が違うだけで、
大豆も枝豆も、もとは同じものだとか(へ~~)。
洗って塩でもんで10分ぐらい放置し、
あとは魚焼きグリルで、10分程度焼くだけ。
これは、私の知っている枝豆の味ではなかった!
枝付きのままの、新鮮な枝豆が手に入ったので、
素材の良さもさることながら、焼き枝豆、
おそるべし美味しさ!
ビールがすすみまくり。
オリーブオイルとニンニクのみじん切りと一緒に、
フライパンで炒め焼きにしても美味しいかもしれない。
トマトの下に映っているのは、すいかの皮の浅漬け。
そう、すいかって、皮まで食べられるらしい(最近知った)。
しかも、実は赤い部分より栄養が豊富って・・・。
「シトルリン」というアミノ酸の一種で、
実の2倍含まれており、血行をよくする効果が。
血行をよくすることで、冷え症や肩こりを解消したり、
代謝をよくして老廃物の排出を促す、とのこと。
塩でもんでしばらく放置、
はちみつと酢で漬け込んでみた。
以前、塩麴でためしたけど、はちみつと酢の方が好みかも。
ぬか漬けにしてもいいらしい。
ゴミも少なくなって、一石二鳥!
この他、鶏レバーのウスター煮、
かぶの葉と大根のゴマみそ和え、
ナッツ等々で、居酒屋風の晩御飯でした。

2018年6月27日 (水)

鯖の塩焼き

36283403_1102209119918230_711663150

鯖!
焼いても煮付けても美味しい!
大好き食材。
食費を節約しようと思うと、
つい安い肉を買いだめして、少しずつそれを解凍して・・・、
ということをやってしまうが。
仕事帰りにスーパーに立ち寄れる生活だと、
新鮮な魚を、平日に食べられる!
なんと素晴らしい・・・。
食に対する関心など、ほとんどなかった20~30代。
残業して必死に仕事していたり、
それを取り戻そうと夜通し遊んでみたり。
口に入れて「美味しい!」と感じていれさえすれば、
朝からアイスクリームだろうが、深夜に菓子パンだろうが、
おかまいなしの生活。
・・・思えば、なんと不摂生をしてしまっていたことか。
40代に突入して、食の嗜好も少しずつ変わってきた。
好きだったイタリアンで胃もたれしたり、
マヨネーズたっぷりの卵サンドが、なかなか消化できなかったり。
セロリや鯖が、やけに美味しく感じたり。
これからの自分に適した食材や食べ合わせ、
調理法なども勉強していきたいな、と。
【今日の献立】
ごはん
味噌汁(さつまいも・わかめ・玉ねぎ)
鯖の塩焼き
ひじき煮(ごぼう・こんにゃく・人参・大豆・桜エビ・ゴマ・しいたけ・鰹節入り)
冷ややっこ
できるだけ、色んな食材をつかって、
栄養の吸収を助け合えるように。
ちなみに、ひじきのビタミンKで、
鯖に含まれるカルシウムを効率よく吸収できるらしい。

「ゴマは小さな魔法使い」、たんぱく質や鉄分が豊富!
ごまと大豆、どちらもたんぱく質が豊富な食材だけど、
含んでいる必須アミノ酸が違うため、
ごま製品と大豆製品を一緒に摂ると、
それぞれの不足分を補い合えるというメリットあり!
10年後、20年後も、元気な身体で走り回っていられますように!

より以前の記事一覧